子供の躾、「ごめんなさい」で何でも許したり取引はダメ!

子供の躾、「ごめんなさい」で何でも許したり取引はダメ!

子供をどう叱るのが正解なのか(イラスト/ドナ)

「子供に社会のマナーや最低限のルールを身につけてもらいたい」。どんな親でもそう思っているだろう。しかし、だからといって、頭ごなしにガミガミ言っても、子供の心には響かない。もちろん、しつけや暴言、体罰は厳禁。ポイントを押さえた教えが、いちばん効果的だ。

「こんなこともできないの? 恥ずかしいわ」「○○ちゃんは言うことがきけるのに」

『松永クリニック小児科・小児外科』院長・松永正訓さんは、こうした言葉で子供を叱ることに注意を促す。

「日本人は欧米人に比べ、恥への感覚が強いところがありますから、世間体を意識しすぎてしまうのかもしれません。しかし、教育というのは教えであって、子供に恥をかかせる言葉で叱ることではありません。しつけと称して怒ったり、子供に恥をかかせるような言葉を浴びせれば、子供は自尊心が傷つけられ、心の中で反発心も生まれます」(松永さん・以下同)

 松永さんによればオーストラリアでは子供に「NO」と言わない子育てが主流だという。

「子供の言動を否定的に捉えずに“そういう考えもあるんだな”と、耳を傾ける。“○○であるべき”という固定観念がないんです。一方で“こうしてくれると助かるよ”という声かけをすると、子供も積極的に協力してくれるようになります」

「ごめんなさい」で何でも許さない

 よいことと悪いことの区分けは難しいケースもしばしば。

「例えば、親に向かって物を投げつけて、その後で『ごめんなさい』と謝ってきたとします。これは物を投げつけるという好ましくない行動と、ごめんなさいと謝れる好ましい行動が交ざった状態です。こういうときに親が『ちゃんと謝れて偉いね』と許してしまうと、物を投げつけた好ましくない行動が帳消しになってしまいます。子供は謝ることでチャラにしようとしているので、そこは断固、許さずにスルーを。子供になぜ『ごめんなさい』が受け入れられないのかをよく考えさせ、反省させる必要があります」

 子供が駄々をこねて公園遊びをなかなか切り上げられないときなど、「あと10分だけよ」と大目に見てしまうのもよくないパターン。

「こういう取引はやってはいけません。取引の味を覚えると、子供は、駄々をこねたり泣いたりすれば要求がかなうことを覚えてしまいます。くり返しになりますが、親は粘り強くスルーして、約束の時間通りに行動をすること。育児では親が子供から見てお手本となる姿を見せなければなりません。決まりごともその日の気分次第でまちまちだったり、食事中にダラダラとテレビを見ながらご飯を食べれば、子供もそれに慣れてしまいます。ルールに関してルーズな親のもとではルーズな子供にしか育ちません」

子育ての改善に手遅れはありません

 手がかかる、育てにくいと子育てに悩んだとき、いまはネットの情報に答えを求めてしまう人も多い。しかし、「あれこれとアプローチを模索するより、シンプルに考えた方がいい」と松永さんは言う。

「多すぎる情報はかえって頭を混乱させます。小さな失敗などいくらでもありますし、振り返ってみれば些細なことです。大事なのは、1つの方針をブレずに一貫して継続していくこと。そして、子供をひとりの人格を持った人間として尊重すること。そうすれば、どんな子供にも親の真意は必ず伝わります」

 自分を責めずに、今日から叱り方を変えてみませんか?

【information】
『小児科医が伝えるオンリーワンの花を咲かせる子育て』
松永正訓/文藝春秋/1430円
 33年間にわたり、さまざまな難病や発達障害を抱えた子供たちと多数向き合ってきた松永正訓さんが贈る初の育児書。子供を尊重する「オーストラリア式」声かけなど、育児の壁にぶつかって「育てにくい子だな」と感じたときにこそ読みたい一冊。

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)