外出は認知症にとって重要な刺激 記憶を引き出すことも

外出は認知症にとって重要な刺激 記憶を引き出すことも

「行きたい場所リスト」を書き留めておくと便利(イラスト/鈴木みゆき)

 コロナ禍の外出自粛で、高齢者は運動不足による筋力低下や転倒のリスク、人との交流が減ることで認知機能の低下も心配されている。しかし、感染流行の収束はまだ先が見えず、熱中症が心配な夏を前に、高齢者はますます外出しにくい状況になっている。

 認知症の人は人一倍ストレスに弱いといわれるが、同じ状況下で不安やストレスも大きいことだろう。家族はいま一度、認知症の人の心身について知り、コロナ感染を回避しながらも元気にこの苦境を乗り切れるよう支えたい。

 認知症介護研究・研修東京センターの永田久美子さんに聞いた。

◆外に出ることで記憶がよみがえる

「認知症の人にとって外出がいかに重要かを知るために、新型コロナ流行はある意味、好機といえるかもしれません」と、永田さんは語る。

 外出を規制されたことで誰もが息苦しさを感じた。閉塞感からイライラしたり落ち込んだり、先が見えない不安が募り、体調を崩した人も多い。

「認知症があると、家族が心配して外に出してもらえず、行きたいところに行けない、自由に買い物ができないなどの不自由がつきまといます。せっかくの家族の安全策が、想像以上に本人にストレスを強いています。人は外出できないだけで体調を崩すほどのダメージを受ける。認知症の人はコロナ以前から体験しています」

 認知症ケアの中でも“屋外に出る”ことは、とても重要な要素の1つだという。

「外に出ないことで五感の刺激が乏しくなり、会話や思考の低下、睡眠リスクの乱れで昼夜逆転などにもつながります」

 そして、外出にはよい効果がたくさんある。その1つは“記憶がよみがえる”ことだ。

「たとえば、街中の看板を見て難しい漢字をスラスラ読んだり、図書館に行って昔の愛読書の筋をどんどん話し始めたり。道端の花を見て、遥か昔の思い出が鮮やかによみがえることもあります。

 認知症のある女性がすれ違ったベビーカーの赤ちゃんを上手にあやして、普段見せたことのないその豊かな表情に、一緒にいた家族が驚いたという実例もありました。認知症の人は新しいことを覚えられないだけで、昔覚えた記憶や知識、その人らしい所作などは豊かに保持しています。

 ただ家の中でじっとしていたのでは、これらがよみがえる機会がない。でも、一歩外に出れば、その人の中にしまってある記憶を引き出す刺激がそこかしこにあるのです」

◆自分のいる時空間が把握できると落ち着く

 認知症に多い症状の1つに見当識障害がある。いまがいつで自分がどこにいるかなどの見当がつかなくなり、非常に不安なのだという。認知症の人の落ち着きなく不可解な行動は、この不安感からくる場合が多いという。

「見当識が弱まるため、家の中など閉鎖空間にいると不安やストレスが増す特徴があります。自分のいる時空間が曖昧になるのです。屋外に出て、外から家を見ることで自分の位置が確認できて安心する。

 慣れた道を歩いて公園まで行き、帰ってきて“あの角を曲がると家だ”と確認し、空の色を見て“そろそろ夕方かな”と感じたりして、体内にある羅針盤や時計のような機能を維持しています。

 外に出なければその能力がどんどん衰えますが、認知症の人はそれが早い。密を避けてコロナから身を守りつつ、大切な生活機能と安心を守るために少しでも屋外に出ることが重要です」

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)