フォートナイトのトッププロが語る「HIKAKINさんはプロ級」

フォートナイトのトッププロが語る「HIKAKINさんはプロ級」

ネフライト(左)とHIKAKIN(右)のコラボ動画は大ヒット

 eスポーツ業界ではあまりにも有名な『Fortnite(フォートナイト)』は、100人が同時に重火器などを駆使して最後のひとりになるまで戦い合う「バトルロイヤルゲーム」のひとつだ。基本的には無料でプレイできることから、2020年5月現在、登録者数は全世界で3億5000万人以上。2019年のワールドカップの賞金は総額3000万ドル(約32億円。そのうち優勝賞金は約3億円)という、さまざまな意味でバケモノ級の人気タイトルである。

 そのシーズン7(2018年12月〜2019年2月)で31連勝という世界記録(当時)を叩き出し、トッププレイヤーのひとりとして活躍しているのが、プロゲーマー・ネフライト氏。彼のYouTubeチャンネル登録者数は開設1年で50万人を超え、2020年3月には日本を代表するYouTuber・HIKAKINとのコラボ動画が2020年7月末時点で合計1100万再生を突破し、今なお再生数を伸ばし続けている。その収録秘話を、自身もプロゲーマーで『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』の著書がある、すいのこ氏がリポートする。

 * * *
 プロゲーマーとして活動しているネフライトは、誰とでも交流できるフランクな性格と強くなるためのストイックな姿勢が好評を博し、YouTubeにプレイ動画を公開するごとに100万再生を超えることも珍しくない。

 そんな彼の動画の中で最も再生数を稼いでいるのが、HIKAKINとのコラボ動画だ。なぜ“大物YouTuber”の彼とコラボしようと思ったのか。ネフライトに聞いた。

「YouTubeでの活動方針として、いろいろな方とコラボしたいっていうのがありました。そのなかでもHIKAKINさんとは前々から一緒に何かしたいと思っていました。そこで、チームを通じてお声がけさせていただいたのですが、HIKAKINさんも僕の動画を観てくださっていたようで、快諾していただけました」

 実際に会った時の印象は?

「YouTubeでの印象通りで、凄く優しい方でした。というのも、僕の動画では、勝利目前になった時に流す特定のBGMがあるんですけど、その歌詞を覚えていて歌ってくださったんですよね。僕とのコラボのためにわざわざ動画を観て準備してくれたのが嬉しかったのと、僕のチャンネルの視聴者を喜ばせるためにはどうすればいいかを考えて実践してくれるプロ意識の高さを感じました。何より、HIKAKINさんは心からゲームを楽しんでいて、その姿を観ていると僕も楽しくなってしまいました」

 パフォーマーとしてだけでなく、HIKAKINはゲームスキルも高かったという。

「HIKAKINさん、遠距離で敵を倒す『スナイパーライフル』がめちゃくちゃ上手かったです。収録前にも『スナイパーライフルには自信がある』っておっしゃっていたのですが、本当にその通りで。もっと練習したら、プロ級になるんじゃないかな」

 プロから見ても高い、HIKAKINのポテンシャル──それはやはり「ゲームが大好き」という、上達するうえで本質的に必要な要素を持ち合わせているからかもしれない。

 拙著『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』の中で、その生い立ちや学生生活、プロゲーマーになった経緯を詳らかにしたネフライトも、「フォートナイト、むちゃくちゃ好きですね。ゲームが楽しくなくなったら、プロゲーマーなんて続けていられないですよ」と語っていた。

【プロフィール】すいのこ/1990年、鹿児島県生まれ。プロゲーマー。本名・桑元康平。鹿児島大学大学院で焼酎製造学を専攻。卒業後、大手焼酎メーカー勤務を経て2019年5月より、eスポーツのイベント運営等を行うウェルプレイド株式会社のスポンサードを受け「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのプロ選手として活動開始。近著に『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』。

関連記事(外部サイト)