「武漢ウイルス」名称から考える「川崎病」と「バルトリン」

「武漢ウイルス」名称から考える「川崎病」と「バルトリン」

評論家の呉智英氏

 どんなものにも、病気にも名前がある。新型コロナウイルスの呼称に関して、一時期は「武漢ウイルス」という呼ばれ方もあったが、そこには反発も見られた。評論家の呉智英氏が、医学的な発明・発見に付けられた名称について考察する。

 * * *
 コロナ第二波が来ているような気配である。対策は医学・疫学の専門家に任せるよりしかたがない。私にできることは、コロナ関連の社会現象を論じることだけだ。

 この疫病、またその病原体を何と呼ぶか。学術的にはCOVID-19(Novel Coronavirus disease 2019、新型コロナウイルス病二〇一九年)だが、日常語としては分かりにくい。通常、新型コロナ、さらに略してコロナ、あるいは発生地にちなんで武漢ウイルスである。

 このうち武漢ウイルスは不名誉な名称だとして支那政府は反撥している。しかし、四月三日付産経新聞は支那の環球時報でさえ武漢ウイルスと表記していたと指摘している。私は字数も少なくて便利なのでコロナとするが、発生地を明示する意味で武漢ウイルスも否定することはないと思う。

 そもそも、病気など負の事例に地名を使うことは珍しいことではない。水俣病、四日市喘息など公害病には地名がつく例がある。ヒロシマ、ナガサキは、人類史的悲劇を世界中が記憶するため、被爆を象徴する言葉となっている。

 とはいえ、無用の混乱を生じる名称もある。

 現在コロナの治療法について模索が続けられている。その一つに、コロナに川崎病と類似の症状が見られるという報告がある(七月三日付朝日新聞)。ただし川崎病には伝染性はなく症状が類似するだけだが、治療法の併行開発も可能になるかもしれない。

 さて、この川崎病の発見者川崎富作博士が六月五日に亡くなった。九十五歳であった。数年前まで現役の小児科医として診療を続けたという。川崎病は川崎博士が一九六一年に発見し一九六七年に論文発表したので、この名称となった。

 しかし、発表当時日本は公害列島と呼ばれたほどあちこちで公害が発生しており、工業都市川崎も大気汚染に悩まされていた。そのため、川崎病は川崎市で起きた公害病だとの誤解が広がり、川崎市は多大な迷惑を蒙った。半世紀を経た現在、川崎市は公害禍を克服し、東京隣接の人気住宅地となっている。

 医学的な発見・発明には、川崎病に限らず、発見者・発明者の名が付くことが多い。もちろん、その栄誉を称えてである。パーキンソン病はイギリスの医師パーキンソンの発見によるものだ。コロナ予防の効果が期待されているBCGも、フランスのカルメット(C)とゲラン(G)が開発した弱毒桿菌(B)の頭文字を組み合わせた名称だ。人体の各部位も、解剖学者の名称が付けられる。マルピーギ小体もチン小帯もウェルニッケ野もそうだ。

 こうして病気名でも子々孫々まで一族の誉れとなるのだが……。

 十七世紀デンマークのバルトリン家は解剖学者を輩出している。バルトリン腺、バルトリン液もその名を冠したものだ。だが、私は、子孫の女性、特に娘たちは近所の悪童たちのからかいの的になったり、痴漢に狙われたりしたのではないかと、心配になる。誉れも良し悪しである。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会理事。近著に本連載をまとめた『日本衆愚社会』(小学館新書)。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連記事(外部サイト)