『ギルティ』新川優愛の敵役に見えた「ぶりっ子女子の生態」

『ギルティ』新川優愛の敵役に見えた「ぶりっ子女子の生態」

ドラマ『ギルティ』主演の新川優愛(時事通信フォト)

“登場人物が全員裏切り者”という過激な設定が話題の深夜ドラマ『ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜』(読売テレビ制作、日本テレビ系)が最終回を迎える。巷で出会う人々の言動について人間ウォッチングが趣味という、エッセイストの小林久乃氏は、本作の登場人物の1人に、ある既視感を覚えたという。

 * * *
 ドラマ『ギルティ』の物語はドロドロ恋愛モノだ。主人公は元彼が忘れられない、旦那は浮気する、その浮気相手は主人公を恨んでいる……と、混戦に継ぐ混戦。一瞬見逃すと物語の展開を追いづらくなる、深夜にふさわしいドラマだ。最終的に心に残ったのは、ヒロイン・荻野爽を演じた新川優愛の人並み外れた可愛らしさ。それから、話題を呼んだ中村ゆりか演じる敵役・及川瑠衣のいやらしさ。妖艶さと可愛らしさをちょうど良くミックスさせた表現はお見事だった。

 この瑠衣が物語の諸悪の根源だった。大好きな義兄を自分の元に取り戻すべく体を張って、あの手この手で関わる人を苦しめていく。でも姿は可愛らしく、話し方も「知らなかったんですぅ」、「お久しぶり(ハート)」と、非常に甘く、ゆるい。役柄を一言でまとめると、女性の敵であり、男性の徹底した味方というところだろうか。でもこの様子が、とある女性たちの癖を彷彿させた。

「わかりましたぁ」──なぜ、“あ”が小文字に?

 最近、世間でも“あざとい”など、危険警報を発する女性のことがトピックに挙げられるようになってきた。実は私、昔から言動の引っかかる男女をチェックしてきたので「やっと世間が気づいてくれたか!」とほくそ笑んでいる。どこか違和感のある言動に「近寄ったらまずいかも……」と軽ーく警戒をする、そんな女性たちを “あかん女”と個人的にカテゴライズしてみた。

 ここ最近、私が気になっていた“あかん女”はLINEをはじめとする、SNSに多く見られる。SNSの普及によって、書くことは私たちの生活の身近なものになった。でも知っておいて欲しいのが、文章というのは誰でもクセがあって、知らぬ間に自分の個性を露呈している。私のように書くことを仕事のひとつにしていると、膨大な文章を目にする機会が多く、文体で「ああ、あの人か」と判別できる部分もあるほどになった。もちろん、自分の書いた文章で個性を露呈しまくっている自覚はある。

 そんな考えから、ここ数年で引っ掛かったのが、女性たちによる“平仮名の小文字使い”だ。

「じゃあ今度はみんなで会おうねぇ!」
「今日は楽しかったですぅ。ありがとぉ!」
「えぇ? だいじょうぶぅ?」
「うーん、よくわかんなぁい」

 ……なぜそこで敢えて、小文字を登場させるのだろうか? そしてこの文章を声に出して読むと前述した『ギルティ』の瑠衣そのものである。つまり、昔の言葉を使うと“ぶりっ子!”。これが20代までなら許容範囲にするけれど、これを明らかに30代以上の女性が使うと、ある意味トゥーマッチな印象が残った。

 そこから気になってSNSなどの文章を漁っていくと、約10人の知人女性たちを検出。ちなみに全員(未婚、既婚問わず)れっきとした大人の女性だ。10代〜20代の女性のほうが、文章を言い切りの形で終わらせているケースが多く、男っぽい雰囲気だった記憶がある。

「よろしくです★」──そこに星は必要だろうか

 さらにこんなことも思い出した。男女関係のトラブルメーカーとして有名だった中学時代の同級生Kさん。なるべく当たらず障らずでいたかったのに、中学を卒業しても彼女から連絡が私のところに届いていた。Kさんから「見て欲しい」と送られてきたブログをチラ見すると、すべてのタイトル、それから本文にもチラホラと『★』マークがあることを発見。もちろん、小文字もたくさん使用している。彼女が書いたSNSにも多用されており、PC画面は一部、星空のようだった。『★』を使用することで、個性を持たせたいのだろうと思うけれど、口説いようだが、この可愛らしさが許されるのは若さの特権だ。

 Kさんを含めた彼女たちは、服装からしてもエイジレスにこだわっている女性が多かった。美しくあることに時間を費やすことは、歓迎すべきことだと思うので、そこはスルーするとしよう。全体的に仕事に打ち込むタイプは少なくて、「仕事はあくまでもATMです!」と、本気なのか冗談なのか分からないことを言っている人もいた。

 でもその代わり、私生活に全力投球している。男性たちにアプローチをし続けて、飲みに行けばおごってもらうのがマスト事項だ。さらに彼女たちに対して感心するのは、全方位に対して甘い態度を放出する。女性が相手でも、姉御肌の頼れそうな人物がいれば、「おねえさぁん(ハート)」とすり寄っていく。ああ、昔から体育祭や文化祭でリーダーになることが多かった、完全まとめ役の私は彼女たちの標的だったのだ、と納得した。

 あなたのスマホも見直して欲しい。平仮名の小文字や「★」、ハートマークがひらひらと舞っていたら、それはドラマ『ギルティ』の瑠衣がそうであるように、手のかかることに巻き込まれる危険信号である。

 最後に。アラフォーになったので、最近はなるべく、無駄なエネルギーを使わずに人と揉めずに生きていくことを決めている。そんな心情なので、紹介してきた彼女たちとはなるべく距離をおきたい。そう思いながらも、年齢を重ねても全くテンションの変わらない彼女たちの元気な様子を眺めていると、一方で微笑ましく思う部分もある。水商売でもないのに、ターゲットにお金を使わせて、経済を回しているのだとすれば、彼女たちは今の日本にとって必要な栄養ドリンクなのかもしれない。

【プロフィール】こばやし・ひさの/静岡県浜松市出身のエッセイスト、ライター、編集者、クリエイティブディレクター。これまでに企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊以上。女性の意識改革をライトに提案したエッセイ『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ刊)が好評発売中。

関連記事(外部サイト)