浜松餃子、作純米大吟醸、芸術的蒲鉾ほか旬の逸品5品を紹介

浜松餃子、作純米大吟醸、芸術的蒲鉾ほか旬の逸品5品を紹介

とろろ茶そば

 日本にはおいしいものがあふれている。日本各地の旬の山海の幸で旅気分を味わいたい。そんなあなたに涼味満点の日本各地からの逸品から5品をお届けしよう。

【東京】とろろ茶そば:3780円(乾麺・つゆ×6袋、とろろ50グラム×6袋)

(浅草むぎとろ;東京都台東区雷門2-2-4)

 昭和4(1929)年創業の浅草むぎとろ本店の人気メニュー「とろろ茶そば」を家庭で堪能できる。氷水で締めて仕上げる茶そばはのど越しがよく、静岡県産抹茶の香りと滋養強壮効果のあるとろろの風味が絡んで美味。

【静岡】柿田川名水 ところてん6人前 ミニ突き棒付き:2890円

(ところてんの伊豆河童:静岡県駿東郡清水町伏見184-3)

 海女による手摘み高級伊豆産天草(てんぐさ)と、富士山の恵みである柿田川湧水群の名水を使った熟練職人による手作り。約150年受け継がれる本物の味を、突き立てで堪能できる。突き立てを食べれば、つるりとした口当たりとコリコリとした歯ごたえが格別。二杯酢、わさびドレッシングなど6種類のタレ付き。

【静岡】石松餃子(60個入):3240円(20個×3袋)

(石松餃子:http://www.ishimatsu-gyoza.jp/ 静岡県浜松市浜北区平口252-1)

 浜松餃子の元祖とされる昭和28(1953)年創業の老舗店の餃子は、甘味のあるキャベツがたっぷり入り、パリッと焼いた薄手の皮を噛み締めるとジューシーな地元・遠州産豚肉の旨味が広がって多幸感に包まれる。箸が止まらなくなり、ビールも進む。パリッと焼き、モヤシを添える本場スタイルで!

【三重】作 槐山一滴水(ざく かいざんいってきすい)純米大吟醸:4620円(720ml)

(清水清三郎商店:三重県鈴鹿市若松東3-9-33)

 明治2(1869)年創業の蔵元による人気銘柄「作」のプレミアムシリーズ。山田錦を40%まで磨き、鈴鹿山脈の伏流水を使って低温でゆっくりと醸した純米大吟醸は、気品のある味わい。きりっと冷やして飲みたい。特約店で購入可。

【富山】鮨蒲(すしかま)8本入:6489円

(河内屋:富山県魚津市駅前新町9-12)

「天然の生け簀」と称される富山湾に面した魚津市の老舗蒲鉾専門店の看板商品。まるで鮨のように、穴子、天然ブリ、紅鮭、サヨリ、バイ貝、カニ味噌、ウニ、甘エビの計8種の魚介類が蒲鉾の上にのっており、目も舌も楽しませる。上質なすり身と鮨ネタが一体化した芸術的な蒲鉾。

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連記事(外部サイト)