神田川クルーズで丸ノ内線、JR総武線が同時に走る奇跡の一瞬

神田川クルーズで丸ノ内線、JR総武線が同時に走る奇跡の一瞬

神田川にかかる聖橋を行く

 都会の喧騒を抜けて船に飛び乗れば、非日常の景色が待っている。かつて東京は、水の都と呼ばれていた。江戸の町には堀や水路が縦横に張りめぐらされ、水運の大動脈だった隅田川に多くの船が行き交った。

 都内には現在、107の河川があり、その全長は約858キロにも及ぶ。陸上運送の発達によって多くの水路が埋め立てられたが、残された水辺は観光スポットとして人気を集めている。都心を流れる日本橋川の沿岸には、今も江戸城の石垣が残り、石造りの橋をくぐると、在りし日の姿に想いを馳せることができるだろう。見慣れた現代の風景も、水上から眺めると新鮮だ。臨海地区には東京港の美しい景観が広がり、2020東京五輪の関連施設や豊洲市場も間近に迫る。

 江戸時代、人々は隅田川で涼をとり、舟遊びを楽しんだ。昔と今の東京を体感できる水上さんぽに出掛けてみてはいかがだろう。

神田川クルーズ 周遊90分コース

 日本橋船着場から、江戸城の石垣が残る日本橋川、お茶の水渓谷、名橋が目白押しの神田川(水道橋、聖橋、万世橋、柳橋など40の橋を通過)、隅田川をめぐるコース。名調子のクルーズガイドの解説とともに、江戸時代からの歴史と現代が交錯する景色や名所を川面から楽しめる。

 乗船するのは、開放感あふれるオープンエアの「エスエスNANO1号」(定員44名)などの高性能船を使用。飲食物の持込可。水洗トイレ付き。

・聖橋:神田川にかかる「聖橋」。千代田区駿河台と文京区湯島を結ぶ全長92メートル、幅22メートルの橋は昭和2(1927)年完成。川から見上げるアーチの美しさと迫力に興奮。名物ガイド・たんたん氏は、フェイスシールドを着けて案内する。

・聖橋〜昌平橋:神田川クルーズでは鉄道風景も見所のひとつ。JR中央線、東京メトロ丸ノ内線、JR総武線の車両が同時に走る“奇跡の一瞬”に、乗船客のボルテージも最高潮。出航前に席や手すりなどの消毒を徹底している。

・昌平橋駅跡:赤レンガ造りの紅梅河岸高架線上には明治41(1908)年〜明治45年まで昌平橋駅があった。現在、紅梅河岸高架橋下にはレストランが並んでいる。

・江戸城外堀の石垣:日本橋川沿いに続く石垣。船で接近するので、江戸時代の石工たちの様々な刻印が入った石を確認することができる。

【所要時間】90分
【料金】平日:大人2500円、土日祝:大人2800円、小学生は一律1000円
【運航日・出航時間】公式ホームページ(https://nihonbashi-cruise.jp)で要確認。最新情報はTwitter(@TokyoBay_Cruise)でも確認可
【運航会社】東京湾クルージング

撮影■佐藤敏和

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連記事(外部サイト)