室井滋&千葉公慈対談 「各自が情報の質を見抜くべき時代」

室井滋&千葉公慈対談 「各自が情報の質を見抜くべき時代」

室井さんが千葉さんと「先の見えない時代」について語り合った

 女優の室井滋さんが、“ぶっちゃけ寺メイト”の宝林寺住職・千葉公慈さんと対談。新型コロナ、異常気象、経済不安……時代は混沌としているなか、どんな心持ちでこの先の人生を、上を向いて歩いていけばいいのか。室井さんが千葉さんに聞いた。

室井:コロナ禍で、お寺には具体的にどんな相談が寄せられていますか。

千葉:以前はご先祖様の供養やお位牌の種類などに関する質問が多かったのですが、「もしお釈迦様が生きていたら、いまどんな言葉をかけてくださるか」といった、原始仏典に興味を持たれるかたがとても増えました。お釈迦様という人間が裸一貫で人生と向き合い、悟った心の内を言葉にしたのが仏教の始まりです。

室井:先の見えない時代に生きていく上で何が大事かを見極め、自分なりに解釈したいという気持ちなのでしょうね。世の中には膨大な情報が溢れていて、正しくない情報もあれば自分にとって不必要な情報も含まれています。その中から必要な情報を選り分けて本来の自分をキープするのはとても難しい作業ですよね。都合のいい情報ばかり見ては人を批判している人も増えているような……。

千葉:横一列に情報を与えられる時代は終わり、各自が情報の質を見抜くべき時代となりました。ある意味で健全な形ですが、そこで必要となるのが俯瞰する眼差しです。安倍総理が辞任してその功績を称える人もいれば批判する人もいますが、好き嫌いだけで語っているうちは個人の感想です。

 もちろん賛否両論あってしかるべきだと思いますが、その前に偏見なくフラットに相手を知ることも必要です。個人の自由な発想や哲学的生き方を持った上で、冷静に情報を精査して世の中を俯瞰する姿勢も持つこと。そうした二重もしくは三重の、重層的な眼差しが求められる時代になってきたのです。

室井:自分の直感と物の考え方、そして世の中をどう見ているのか……。

千葉:その眼差しは人間が自然界でどう他者と向き合っていたかということに答えがあると思います。私個人の体験で言えばヤギの目。あの目を見るのが大好きなのですが、どうしてもこちらの言うことをきいてくれない目をしていませんか?

室井:ヤギって他の動物と違う、変わった目をしていますよね。

千葉:犬も猫もどこか意思が通じる気がするのにヤギは絶対にこちらの意思が通じない目に映って、この感覚が私のものさしなんです。自分の意思が他者に伝わるということは本来たやすいことではなく、極めて稀有で難しいと肝に銘じています。

室井:例えば夫婦間でも、いつか私の気持ちをわかってくれるはずだという淡い期待は捨てた方がいいわけですね(笑い)。

千葉:その通りです(笑い)。現代人はお互いにわかったふりをしてかりそめの心地よさにかまけてきましたが、同じように情報も歩み寄ってくれるという前提でいると、自分に都合のいい情報しか見ない偏った人間になってしまいます。

室井:だからこそコントロールできない“ヤギの目”が必要なのだと。

コロナ禍を絶好の機会と捉える

千葉:そもそも、人生は思い通りにならないものなのです。2500年前にお釈迦様は世の中には「四苦八苦」があるとおっしゃいました。四苦とは生・老・病・死、八苦とは愛別離苦(愛している人との別れ)、怨憎会苦(嫌っている人と会ってしまうこと)、求不得苦(欲しいものが手に入らないこと)、五蘊盛苦(自分の心身が思い通りにならないこと)を意味しています。

室井:あらやだ、四苦八苦ってお釈迦様の言葉だったんですね。

千葉:私も昔は、仏教はなんてネガティブで暗い教えなんだと落胆していたのですが、サンスクリット語を学んでみると「苦」と訳されていた「ドゥッカ」とは「ドゥ=障害、カ=空間」の意味で、つまりはこの世は思い通りにならないことで満ちていると説いているだけなんです。

 思い通りにならないことは苦しみだけではなく、思いがけず宝くじに当たったとか、意中の人から逆に告白されたなどといった想定外の展開も裏を返せば自分の思い通りにならない「ドウッカ」に当たるというのです。

室井:アンラッキーだけでなく、ラッキーな出来事も「苦」なのですね。

千葉:思い通りにならないことは苦である例が多いとは思いますが、お釈迦様はもともとその区別をされていなかったのです。もっと俯瞰をして、「思い通りにならない現実の中でどう生きていくか、一人ひとりが考えなさい」と放り出している。原始仏典ではお釈迦様が弟子に「ふたりではなくひとりで修行へ行け」と諭しますが、これは誰かと相談するのではなくひとりで現実と向き合い、自ら答えを導き出しなさいという教えです。

 ただし、現実を自分の中に取り込んでしまっては解釈とはいえません。現実と向き合うためにどう自分の壁を越えて、変われるのか。それが求められているのです。

【プロフィール】
室井滋/むろい・しげる。富山県生まれ。女優。エッセイ、絵本も数多く出版し、本誌で「ああ越中ヒザ傷だらけ」を隔週連載中。本連載をまとめたエッセイ集『ヤットコスットコ女旅』は現在6刷を数えるベストセラーになっている。

千葉公慈/ちば・こうじ。1964年生まれ。曹洞宗宝林寺住職、東北福祉大学学長。『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』などに出演。『うつが逃げだす禅の知恵』『眠れなくなるほど面白い 図解日本のしきたり』(監修)など著書多数。

◆撮影/政川慎治

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

?

関連記事(外部サイト)