室井滋と千葉公慈が対談「現代人は無駄な時間を過ごすべき」

室井滋と千葉公慈が対談「現代人は無駄な時間を過ごすべき」

室井滋さんと宝林寺住職・千葉公慈さん

 混沌とする今の時代。新型コロナウイルスや異常気象、政治、経済……さまざまな不安や悩みを抱えながら、生きていかなければならない。どんな心持ちでこの先の人生を、前向きに歩いていけばいいのか。女優・室井滋さんが“ぶっちゃけ寺メイト”の宝林寺住職・千葉公慈さんに訊いた。話は、室井さんの友人のエピソードから始まり、“無駄な時間”の大切さに及んだ。

室井:昔、ちょっと変わった友達がいて、彼女は文字を書くのも食べるのも右利きだったんですが、あるときから左手でペンやスプーンを持つようになったんです。どうしたのと尋ねたら、右手ばかり使っているのはおかしいなと思ったからって。

千葉:世阿弥の言うところの「離見の見」で、これは仏教に由来する言葉なのですが、客観的に離れて見ることで己が何なのか真理に近づくという極意に通じますね。

 お友達の例でいうと、右手ばかりでは意のままですが自己を省みることはないでしょう。ところが利き手ではない左手で食事をして不器用に食べ物をこぼせば、途端に「手って何なのだろう」と意識するはず。

 思い通りの生き方をしているときには人生は何かと見ようともしないし、見えないもの。思い通りにならないときにようやく客観視することができると、お釈迦様も説いています。

 ですから、コロナ禍で世の中から隔離されて、周囲と自分の意識が違うかもしれないと疎外感や孤独感を味わうことは、人間が生きる意味を考える絶好の機会とも捉えられます。

室井:当時の私は友達が左手を使う意味がわからなくて、他にも好物ではなく自分の嫌いな物を選んで食べるとか、嫌いな人にどんどん話しかけるとか、そういう行動を見ても変わっているとしか思わなかったんです。

 だけど彼女とけんかをしたときに「室井はすごくはっきりした自分の個性があるから、そういうことが必要だと思わないんじゃないの」と言われてしまって。自分を探している人は不便なことをしたり、苦手な人とつきあったりしてみたいものなんだと言われて、ハッとしました。

 その頃、ちょうど仕事で忙しくなりかけていて、効率のよさを求めて無駄なことをだんだんしなくなっていたんです。本当に無駄かどうかは別として、自分が無駄だと思う時間をうっとうしく感じるようになってしまった。

 でもね、振り返るとその時間を排除したことで、私は自分をちょっと“殺した”んだなって。自分にとって悪いことをしてしまったんだなと、いまになってわかるんです。

「猫が好き」になった理由

千葉:仕事をしていれば踏ん張りどきも確かにありますが、無駄なことってすごく大事なんですよね。

室井:そう、大事なんですよ。

千葉:心を亡くすと書いて「忙しい」だと、よく師匠に言われました。

室井:本当に。忙しいというのはその人の心を殺しちゃうんですね。

千葉:なおのこと、現代人は己を知り、世の中を知るためにもっともっと無駄な時間を過ごすべきですね。

室井:ウチの事務所の社長はフグママって愛称で、動物が大好きな愛護の塊みたいな人なんです。野良猫とか鳥とかにいっぱい餌をやっているようなおばちゃんタイプ。でね、私があるとき猫を拾って、すごく忙しい時期だったから自分では飼えないと思って人に譲るという話をフグママにしたんです。

 そうしたら自分で飼いなさいって、ものすごく叱られたんですよ。だってそんなことしたら女優をやめなきゃいけないと反発したら、「じゃあ、女優をやめてちょうだい」とクビになりかけちゃって。

千葉:あらまぁ、そんなことが……。

室井:フグママが何でそんなことを言うのか、そのときは不思議でした。よそに行くまで3日ほど手元に置いたらかわいくなってしまって、あげられなくなっちゃったの。それを知ったフグママが泣きながら電話をくれて「ありがとう、ありがとう」とメッセージが残されていました。

 その後、私が女優としてお母さん役をやるようになったときに、「子育てを経験していないから母親の気持ちをうまく表現できるか心配もあったけれど、猫を飼うようになって包容力がついたわね」と、とても喜んでくれたものです。

千葉:1匹の猫との出会いで、思いがけない変化が訪れたのですね。

室井:その頃には6匹に増えていました(笑い)。最初の猫はチビと名付けて。チビと出会ったときは忙しいことを理由に猫を飼うことを無駄だと思っちゃったけど、飼うことで性格や気持ちがすごく変わったのは事実です。

千葉:役に立つ、役に立たない。忙しくする、暇である。私たちはそういった効率重視の行動基準をいったんすべて取り払うべき時期に来ているような気がします。

 ライフスタイルを転換させるAIやコロナの出現を逆手にとって、無駄であること、意味のないことこそ絶対的な価値のあることだと生き方を新たにするチャンスにするべきですし、そもそも、これまでが異常な時代だったのかもしれないとも思うんです。

室井:私たちは無駄を嫌い、意味を求めすぎているということですね。

千葉:生きるというのは無意味だからこそ無限の意味があると、仏教では説いています。人が人である理由は無意味だからこそあるわけで。暇をつくって、雲が流れるのを一日眺めているような日も大切ですよ。

室井:役に立つとか、立たないとかを考えることなく、ただ雲を眺める。

千葉:意味を求めなくていいし、勇気が要ることですが、何もしない時間があってもいい。人はメリットや重要性を求めたときに人間性を失っていくものなのです。初恋の人がそばにいるだけでドキドキしてやるべきことが手につかず、何の役にも立たない時間を過ごしたものですが、だからこそ心がときめいて輝いていたし、初恋に意味など求めなかった。そうでしたよね(笑い)?

室井:そうでした(笑い)。年を重ねると若い人の面倒になるのは嫌だからと高齢者の施設に入ろうとして、「私は何の役にも立たないから」みたいなことをご自身でおっしゃるかたも多いですよね。

 でも、私は何の役にも立ってなくても本当は構わないと思うんです。ただ一緒にいるだけでいい。ウチも呆けたばあちゃんと暮らしましたが、頭がシャッキリしているときに「私は何の役にも立たない」と言っていたんですよ。自宅で面倒を見るのはそりゃあ大変なこともありましたけど、それでも私は祖母がずっとそばにいてくれてありがたかった。

千葉:誰もが老いますし、大事な人を迷惑だなんて思いません。生まれるとか死ぬとか、年老いるということにもっと正直になっていいと思いますし、それこそ?き出しに、心を裸にしていただきたい。人は誰しも存在そのものが揺るぎない現実であって尊いのです。

 現代人は先の見えない時代に不安もあるでしょう。でもどうかそれだけに心を奪われず、?き出しになった自分がこうして生きていることに喜び、わくわくも感じてもらいたいなと願っています。

自己満足を追求してみる

室井:役に立つか、立たないかの話で思い出したんですが、90才近いけど足腰がとても丈夫で毎日家の裏山を登っているというおばあちゃんをテレビで見たんです。その山に何かがあるわけではなく、頂上でボーッとして帰ってくるのが日課だそうだけど、午前中も登って、午後も登っているの。山に登ることで誰かの役に立つわけではないし、体力的にはきついこともあると思うけれど、山があるから登るんですって。

千葉:繰り返しの中で折れない心を持って挫けることのない、ニーチェの言う“超人”ですね。夢中になって同じ遊びを繰り返した子供時代のような純粋な気持ちを、私たちも忘れずに持っていたいものです。そのおばあちゃまの感性がきっと山を呼んでいるんでしょうね。

室井:そうですね。山じゃなくても、1つでも、自分のために何かをするのはいいことだなって思いました。私は「やりたいことは全部やる」をポリシーにしているんですが、明日はこれをしてみようかなと思うことが1つでもあると気持ちに張りが出ると思う。くだらないかもしれないけれど、銭湯までの道をいつもと変えてみるだけで見たことのない道端の花や、個性的な家を見つけて意外に面白かったりもしますし。

千葉:誰の役に立たなくても、いい意味での自己満足を追求してみる。

室井:それでいいんですよね。

千葉:いまは1億総ツッコミの時代でちょっと個性のある生き方をするとすぐに“おいおい”と茶々が入りますが、人にツッコんでいるうちは半人前。私は自分の生き方を大切にする、ツッコまれる側の人間に魅力を感じます。自分のやるべき生き方が見つかれば、どんな困難にもめげずに生きていけるはずですから。

【プロフィール】
室井滋/むろい・しげる。富山県生まれ。女優。エッセイ、絵本も数多く出版し、本誌で「ああ越中ヒザ傷だらけ」を隔週連載中。本連載をまとめたエッセイ集『ヤットコスットコ女旅』は現在6刷を数えるベストセラーになっている。

千葉公慈/ちば・こうじ。1964年生まれ。曹洞宗宝林寺住職、東北福祉大学学長。『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』などに出演。『うつが逃げだす禅の知恵』『眠れなくなるほど面白い 図解日本のしきたり』(監修)など著書多数。

撮影/政川慎治

※女性セブン2020年9月24日

関連記事(外部サイト)