不倫女性の心理「奥様や家族を大切にしているところが好き」

不倫女性の心理「奥様や家族を大切にしているところが好き」

コロナ禍で会えない状況が心の距離感を密に…(イメージ)

 いま不倫をしている女性はどのような心理なのか。働き方や家族との時間が見直され、新しい生活様式が進められる一方で、道ならぬ恋を貫く男女も岐路に立たされていた。彼女たちがコロナ禍の間に交わしたLINEを覗くと、離れていればこそヒートアップする赤裸々な姿があった。

「はじめは緊急事態宣言まで出てどうなるのかなと不安でしたけど、コロナがあったからこそ、彼とは一層燃えたような気がします」

 そう語るのは司法書士のシオリさん(40)だ。黒髪に控えめなメークが女優の木村多江に似た雰囲気の女性だが、不倫相手の前では大胆になるという。飲み会で知り合ったコンサルタント業の男性(51)とは、お互い家庭のあるW不倫の関係で、1年ほど続いている。

「コロナで4月から5月までは会うのを自粛していました。でもだんだんガマンできないってなって、電話でお互いにしながら声を聞かせ合ったり、テレビ電話を使ったりしていましたね。スマホを使ってこういうことをしたのは今回が初めてでした」

 シオリさんたちのLINEのやり取りでは〈まだ寝ない?〉と確認して遅い時間までお互いのどこが好きなのかを語り合ったり、ベッドで〈したい事〉を恥ずかしそうに明かしたりしていた。男性が〈中坊(中学生)かと、思ってしまう〉と自嘲するほど、初めての恋愛を愉しむ中学生のように、お互いへの気持ちを素直に語り合っているのがわかる。

「彼のことを一番信用していますし、一番会いたい人なんです。なんでそこまで彼にハマっているかというと、彼は私だけじゃなくて家族のことも大事にしているから。不倫関係とはいえ、他に複数の女がいるような男性は嫌。それに彼は奥様を大切にしていて悪口を言うこともないしセックスレスでもない。そのほうが、私がただの性欲のはけ口ではないって思えていいんです」

 そんな複雑な乙女心からか、男性の妻との夜の生活の話までシオリさんは聞き出すのだという。

「飾らない日常でどんな風にしているのかも知りたいんです。彼の自宅では子供たちも一緒に川の字で寝ていて、夜中にこっそりバレないようにしているそうです。家庭では短時間だからこそ、私とは彼の願望を全部満たしてあげたいって気持ちになるんです」

 シオリさんはLINEでも自撮りしたセクシーショットを頻繁に送っている。LINEで2人だけが閲覧できるアルバムを作り、「プレゼント」と称して下着や水着姿、胸元の谷間をのぞかせた艶めかしい画像を何十枚も共有していた。本来は用心深い性格だというシオリさんだが、信頼する男性だから写真を送るのだという。

 ソーシャルディスタンスを保ち、他人との接触を避ける。そんな新しい生活様式が進むなかで、誰にも言えない関係の男女はLINEの中で密かに2人きりの世界を堪能していた──。

※週刊ポスト2020年10月16・23日号

関連記事(外部サイト)