ランドセル、人気色の変遷 男子小学生の好みは「金」?

男子小学生が好む色は「金」「銀」「青」 平成はランドセルの色も多様化

記事まとめ

  • ランドセルは長らく赤と黒のみだったが、2001年にイオンが24色展開を始めた
  • 日本色彩研究所によると、女子小学生には水色や薄紫といった色が人気だったという
  • 男子小学生は「金色」を好むそうで、小学2年生の男子は6割以上が「金色が好き」と回答

ランドセル、人気色の変遷 男子小学生の好みは「金」?

ランドセル、人気色の変遷 男子小学生の好みは「金」?

94年の百貨店売り場の様子。ピンクや白のランドセル登場も、依然赤と黒が主流(時事通信フォト)

 黒や赤のランドセルを背負った新1年生が入学式へ向かう光景は、もはや昔の話。今日のランドセルは、実にカラフルだ。

 そもそも通学かばんとしてランドセルが誕生したのは1887年。伊藤博文が大正天皇の学習院入学のお祝いに献上した通学かばんが始まりといわれている。

 一般家庭には、戦後の復興期を乗り越え、徐々に国民が豊かになり始めた1960年代頃から普及。1964年の東京五輪で採用されたトイレのピクトグラムに象徴されるように、古来の男性が黒、女性が赤というカラー意識がランドセルにも定着したといわれる。

 長らく赤と黒のみだった色が変化したのは平成に入ってから。2001年に大手総合スーパーのイオンが24色展開を始めたのがきっかけとされる。この頃から、徐々に赤や黒以外のランドセルで登校する子どもが増え始めた。日本色彩研究所・シニアリサーチャーの名取和幸氏が語る。

「2009年、2011年、2014年に全国で調査を行なったところ、水色や薄紫といった色が女子小学生に人気ということがわかりました。こうした色の好みが、ランドセルにも反映していると思います」

 アニメーションの影響も大きい。主人公が女性であるばかりか、多彩な色をまとったヒロインたちが悪を倒していくという作品が増えたのも平成からだった。

 一方、男子小学生はどうか。名取氏の調査によれば、彼らが選んだのは金色。特に、小学2年生の男子は6割以上が「金色が好き」と答えている。さすがに金のランドセルを欲しがることはなさそうだが、これまでにない傾向に、名取氏も驚きを隠せなかったという。ちなみに、金色に次ぐのが、銀と青だった。

 色の好みが多様性を生んだ平成のランドセル事情。令和にはどのようなランドセルが生まれるだろうか。

※週刊ポスト2020年10月30日号

関連記事(外部サイト)