コロナ致死率とも相関か 現代人に不足する「新・3大栄養素」

コロナ致死率とも相関か 現代人に不足する「新・3大栄養素」

「青い魚」が注目される理由は?(サンマ)

 新型コロナウイルスに感染した人の致死率や重症度は、なぜ年齢や国によって異なるのか。現時点では生活習慣や食習慣の影響を受ける「個人の免疫力の差」との考え方が世界の医療関係者の間で共有されているそうだ。そのうえで、「日本人が免疫力を高めるためには食生活の見直しが欠かせない」と語るのは、米国先端医療学会理事の満尾正医師だ。最新刊『世界最新の医療データが示す最強の食事術 ハーバードの栄養学に学ぶ究極の「健康資産」の作り方』では、現代日本人の多くが重要な「3つの栄養素」の不足によって、免疫力が低下してしまっていることに警鐘を鳴らしている。以下、満尾医師が解説する。

 * * *
 結論から言えば、現代型の仕事や生活スタイルでごく普通に暮らしている人は、「ビタミンD」「マグネシウム」「亜鉛」が不足している傾向が多く見られます。一見、かなり健康状態が良さそうな人でも、調べてみるとこの3つの栄養素が完璧に維持されていることは極めて稀です。実は、これらは「免疫力をアップする3大要素」とも呼べるほど重要なもの。それが著しく欠けているのが、現代人の食生活なのです。

 しかし、普通の健康診断の血液検査には、ビタミンD、マグネシウム、亜鉛といった項目はありません。調べないのですから、低いことに誰も気づきません。では、なぜ調べないのか。健康診断でこれらの数値を測定しないのは、それが「直接」「即時に」病気に繋がることがないと考えられているからです。

 たとえば、白血球の数や血糖値など、健康診断で必ず測定される項目に異常が出れば、それは即、なにかの病気を疑うきっかけになります。でも、ビタミンDやマグネシウムや亜鉛の数値が低いことで、すぐに病名が判明するわけではありません。一般的な健康診断では、そうした効率の悪い検査はしません。

 ならば、ビタミンD、マグネシウム、亜鉛の不足を放置していいのかといったら、そうではないのです。この3つの栄養素が足りていなければ、すなわち、免疫力が落ちてあらゆる病気にかかりやすくなるからです。

 なかでも最近、最も注目されているのが、ビタミンD。新型コロナウイルスの第一波が世界的な流行を示し始めた2020年4月、血中ビタミンD濃度とコロナウイルス感染に伴う死亡者数や致死率に関する注目すべきデータ(速報版)が、インドネシアで公表されました。

 血中ビタミンD濃度が「十分」にあたる、30(ng/mL)を超えている理想的なケースでは、生存者が372名に対し、死亡者は16名とわずかです。ところが、20〜30の「不十分」な群だと、生存者は26名しかいないのに、死亡者は187名と激増します。20未満の「欠乏」状態では生存者はたったの2名で、死亡者は177名にのぼります。

 ここから致死率を計算すると、30を超えていれば4.1%に過ぎなかったのが、不十分で87.8%、欠乏だと98.9%にまで跳ね上がるのです。逆に言うと、血中ビタミンD濃度を30超の十分な状態に保っていれば、不十分な人たちよりも、コロナウイルス感染による致死率が83ポイントも下がるということです(別図参照)。

 これを見ただけで、「なんとか30を超えねば」と思うでしょう。でも、実際には多くの日本人が10〜20台であることが実状です。

マグネシウム不足と心臓疾患、糖尿病の関係

 マグネシウム不足は心臓の不調の原因となります。狭心症という心臓に痛みを感じる症状は心筋梗塞の前触れとも言われ注意が必要ですが、精密検査をしても異常が見られず、原因不明と言われることも時々あります。

 これは冠状動脈という心臓の筋肉に血液を運ぶ血管が「攣縮(れんしゅく)」といって、血管壁の痙攣のようなものが起きているために生じる症状と考えられています。この病態はマグネシウム不足による可能性があります。

 実際に、血中マグネシウム濃度が低い「低マグネシウム血症」の患者は、心臓疾患にかかりやすいという研究結果が報告されています。その研究では、1987〜89年と、1990〜92年の間に採血された1万5000人弱の男女(平均年齢54歳)を、血中マグネシウム値によって5つのグループに分け、その後について調査しました。

 すると、マグネシウム値が最も低いグループは、最も高いグループの1.28倍の確率で心臓疾患にかかっていることがわかったそうです。

 マグネシウムには、血糖値の上昇を抑える働きもあります。このため、マグネシウム不足の状態が長く続くと、糖尿病にかかりやすくなります。

 別図は、2018年に40名の糖尿病患者を対象に行われた研究結果を示したものです。その研究では、対象者を2つのグループに分け、一方には250mgのマグネシウムを、もう一方にはプラセボ(偽薬)を毎日、服用してもらい3カ月にわたって経過観察しました。

 すると、マグネシウムを服用したグループは服用前よりも、HbA1cの値が0.36減少し、HOMA-IR(インスリン抵抗性を表す数値)は28%も減少したのです。HbA1cは過去2〜3カ月の血糖値の推移を示す指標ですので、HbA1cとHOMA指数が下がったということは、糖尿病にかかりにくい体質に変わったと言えます。

 糖尿病は合併症が怖い病気で、進行すれば腎機能障害、網膜障害、神経障害が起き、仕事どころではなくなります。また、糖尿病の患者さんは、血管系疾患はもちろんのこと、認知症やがんにもかかりやすくなることがわかっています。

亜鉛が免疫機能を高めるとの研究報告

 亜鉛は、数百種類にも及ぶ酵素の中心で働いており、それら酵素に関与してさまざまな代謝を行います。タンパク質や乳酸、アルコールの代謝もその一例です。なかでも重要な働きに、体を酸化から守る錆止めの働きや有害金属を体外へ排泄する働きがあります。

 亜鉛の働きでまず紹介したいのは、やはり免疫機能の維持です。2016年に発表されたアメリカの研究論文では、亜鉛が免疫機能を高めることが示されました。その研究は、65歳以上で血中亜鉛濃度が低い人たちを2つのグループに分け、3カ月間毎日、一方には30mgの亜鉛を、もう一方にはプラセボを服用してもらうというものです。

 すると、亜鉛を服用したグループでは血中亜鉛濃度が上昇すると同時に、免疫力を司るリンパ球の一種である「T細胞」を増やす効果が見られたのです。

 免疫機能改善のほかにも、亜鉛は多岐にわたる働きをします。たとえば、骨の形成、糖代謝やインスリンの合成・維持、肝臓での重要なタンパク質の合成、皮膚細胞の正常化、味蕾細胞(味を感じ取る細胞)の形態維持、性ホルモンの分泌維持、下垂体機能の維持など、健康を守るためには亜鉛が欠かすことのできない栄養素であることがわかります。

「新・3大栄養素」を多く含む食品

 免疫力を高めるための「新・3大栄養素」とも言うべきビタミンD、マグネシウム、亜鉛ですが、日々の食事によって補うことができます。

 ビタミンDが豊富な食品としては、まず魚が挙げられます。サーモン、メカジキ、サーディンなどにとくに多いようですが、あまり細かく考えずに魚を食べてください。魚は、マグロのような大きな回遊魚よりも、小さい魚のほうが水銀が蓄積しておらず安心です。

 さらに、DHA/EPAという良質の油を摂ることも考えると、青い魚がおすすめです。具体的には、イワシ、サンマ、サバなどがいいでしょう。ヒラメ、タイ、ウナギにも多く含まれ、とにかく魚を食べる生活でビタミンDが増えると考えてください。そのほか、魚以外では、卵や牡蠣、タコにも比較的多く含まれています。

 マグネシウムを多く含む食品は、まず緑色の濃い野菜が挙げられます。青汁の材料となるケール、ほうれん草、ブロッコリー、ゴーヤなどが代表格です。キャベツやレタスなどには少ないので、葉物野菜を食べるなら色が濃いものを選んでください。

 ひじき・海苔・昆布・わかめなど海藻類にも豊富です。海藻は腸内細菌のエサとなりますから、積極的に摂るといいでしょう。しかし海藻類の摂り過ぎは甲状腺機能にとってマイナスとなりますので、適量を心がけてください。

 納豆、みそ、豆腐など大豆製品もおすすめです。そのほか、アボカド、バナナ、ナッツ、シード類にも多く含まれます。穀類ならホールフード(加工や精製を抑えた植物性食品)がいいでしょう。同じ100g中でも、炊いた白米は7mg、玄米は49mgとマグネシウム含有量がかなり違います。小麦粉も同様で、精製してしまうとマグネシウムだけでなく大事なミネラル分が失われてしまいます。

 亜鉛を多く含む食品は、なんと言っても牡蠣に尽きますが、どうしても苦手な人は豚レバーやチーズ、卵黄、アーモンド、ピュアココア、抹茶、ごまなどにも比較的多く含まれているので意識して摂ってみてください。

 年齢や性別にかかわらず、ビタミンD、マグネシウム、亜鉛という3つの栄養素は、現代的な食生活をしている日本人の多くが不足している可能性が高いものです。日頃から意識してこれらの栄養素を摂るようにしましょう。

※『世界最新の医療データが示す最強の食事術 ハーバードの栄養学に学ぶ究極の「健康資産」の作り方』(満尾正/著)より抜粋して再構成

【プロフィール】
満尾正(みつお・ただし)/米国先端医療学会理事、医学博士。1957年横浜生まれ。北海道大学医学部卒業後、内科研修を経て杏林大学救急医学教室講師として救急救命医療の現場などに従事。ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授を経た後、日本で初めてのアンチエイジング専門病院「満尾クリニック」を開設。米国アンチエイジング学会(A4M)認定医(日本人初)、米国先端医療学会(ACAM)キレーション治療認定医の資格を併せ持つ、唯一の日本人医師。著書に『食べる投資 ハーバードが教える世界最高の食事術』(アチーブメント出版)、『世界の最新医学が証明した 長生きする食事』(同)など。

関連記事(外部サイト)