白髪染めでアナフィラキシーも かゆい、ピリピリは要注意

白髪染めでアナフィラキシーショックも 花粉症や喘息持ちの人は最大限の警戒を

記事まとめ

  • 白髪染めなどのヘアカラーによる頭皮のかぶれに皮膚科医も警鐘を鳴らしている
  • 目が腫れたり、呼吸困難を伴うアナフィラキシーショックになることもあるという
  • 花粉症や喘息の人は特に注意が必要で、肌が敏感になりやすい生理中は避けるべきだそう

白髪染めでアナフィラキシーも かゆい、ピリピリは要注意

白髪染めでアナフィラキシーも かゆい、ピリピリは要注意

白髪染めには落とし穴も(写真はイメージ)

 大人世代の女性にとって、髪の悩みは尽きないもの。“見た目年齢は髪で決まる”なんて見出しをテレビや雑誌で目にすると、思わず鏡をのぞき込んではタメ息がもれる。白髪が増えた、ツヤが減った、細くなった、抜け毛が多いなど悩みは人それぞれだが、なかでも白髪ケアは悩ましい問題だ。

 ヘアカラーは白髪に悩む人にとって身近な解決策だが、その白髪染めが私たちの健康を害するケースがあることも知っておきたい。毛髪診断士・毛髪技能士の資格を持ち、『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』の著書もある美容ジャーナリストの伊熊奈美さんは、「ヘアカラーによるかぶれは、あまり大きく報じられていませんが、放っておけない問題です。なぜなら、染めている人ならだれにでも起こりえることだからです」と注意喚起する。

 美容院でも自宅でも、白髪染めがルーティンになっている大人世代にとって、ヘアカラーでしみる、かゆいというのは、敏感肌で化粧品がしみたりかゆくなったりすることと同じレベルの肌トラブルと考えられがちだ。症状が軽ければ“敏感肌かな”といった程度で済むが、重い症状なら「接触皮膚炎」といわれる皮膚の病となる。

ヘアカラーかぶれに皮膚科医も警鐘

 公益社団法人・日本毛髪科学協会の副理事長を務める、東邦大学医療センター大森病院 皮膚科臨床教授の関東裕美先生は、前掲書『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』の中で、ヘアカラーかぶれの症状について次のように見解を述べている。

「軽いうちは赤くなってブツブツが出てきます。患者さんの襟足や耳周り、生え際などでこの症状を見たら、まず毛染めを疑います。治ったと思ってまた染めると症状が出て、また治ったら染めて……と繰り返していると、顔まで腫れたり、リンパ液が出てジュクジュクしてきたりします。

 こうなると、頭皮とは関係のないところにまで湿疹が出る『自家感作性皮膚炎』という状態になります。これは過剰反応として全身に広がったもので、湿疹の部分で活性化したリンパ球が血液に乗って体中に散らばっていくのです」

 手に出た湿疹にステロイド剤を塗っても治らないので、元凶を探していったら、実はヘアカラーで毎回かぶれていた、という症例もあるという。また、症状が出る経過について、関東先生からこんな指摘も。

「繰り返し湿疹が起きるのはアレルギー性の接触皮膚炎で、ヘアカラーをしている最中から2日くらいかけてゆっくり出てくるので『遅延型』といわれます。一方、毛染めに含まれるアレルゲンに触れた瞬間反応する『即時型』もあります」

 さらに、「遅延型」と「即時型」の合併症という場合もあるというから厄介だ。

「ヘアカラーをした瞬間にひどくピリピリしたり、熱をもって目が腫れたり、呼吸困難を伴うアナフィラキシーという状態になることもあります。すぐに病院で処置をすれば比較的早く治まりますが、呼吸が苦しくなって生命に関わることもあるので、早めの処置が必要です」(関東先生)

 一般的なヘアカラー製品は「酸化染毛剤(通称アルカリカラー)」といわれ、髪にしっかりと色を定着させて、思い通りの色に染められる反面、人によってはかぶれを起こす可能性がある。これは、「パラフェニレンジアミン」などの酸化染料が原因のアレルギー反応だ。パラフェニレンジアミンを配合したヘアカラーはリスクがあるということを認識しておくべきだろう。

ヘアカラーかぶれを回避する、予防チェックポイント

 前出の伊熊さんは、ヘアカラーを長く続けていくためにも覚えておきたい10のポイントを提案する。

【1】花粉症や喘息の人は、最大限の警戒を

「何らかのアレルギー体質をもっている場合、ほかのアレルギーも起こしやすい傾向があります。特にアレルギー症状が出ているときは、過剰に反応しやすいのでカラーをするのは控えましょう」(伊熊さん。以下同)

【2】万全な体調でヘアカラーに臨むべし

「風邪をひいて免疫機能が弱まっていないか、またここ数日の体調に変化がなかったかもよく思い出し、思い当たるようならカラーは見送ったほうが無難です」

【3】肌が敏感になりやすい生理中は避けて

「頭皮が乾燥してフケやかゆみが出ていたり、吹き出物や傷はできていませんか? 地肌の色が青白〜透明感のある白なら、潤いのある健康な頭皮です。また、生理中も肌が敏感になりやすいときです。体が過敏に反応して、アレルギーにつながる可能性があります」

【4】パッチテストをする

「アレルギーを確認するために最も信頼できる方法です。ホームカラーをするときは毎回必ず行い、美容院でも行えばベストです」

【5】肌のターンオーバーの周期に1回が目安

「肌のターンオーバーの周期は40代で約55日、50代では約75日、60代では約90日といわれます。なるべくアルカリカラーに頼らず、一時染毛料(白髪用コンシーラーなど)や、ヘアカラートリートメントなどで根元染めをするようにしましょう」

【6】染める直前のシャンプーはご法度

「頭皮の毛穴の皮脂腺から出ている“自前の皮脂”で、頭皮をプロテクトしましょう。できれば24時間は洗わないでおきたいところです」

【7】40〜50代なら「しみると思います!」と宣言を

「更年期世代はかぶれるリスクが高くなります。自分は頭皮が弱い人だということを美容院にアピールしておくと、マイルドな薬剤を使うなど注意を払ってカラーリングしてくれるはずです」

【8】カラーをしている最中に食事しない

「美容師からよく聞かれる経験則です。カラー中に何か食べていて、その後アレルギーを起こしたケースが数例あるとのことです」

【9】カラー剤の“流し残し”はトラブルのもと

「薬剤は洗い流すように作られています。頭皮に残らないよう、薬剤をしっかりすすぐことが大切です。シャワーで流すときは上から流すだけでなく、後頭部、襟足などは髪をめくりあげて裏側からもしっかり洗い流しましょう」

【10】ヘッドスパを一緒に行う

「美容院でヘッドスパを一緒に行えば、毛穴に残った皮脂と同時に落としきれない薬剤までしっかりすすぎ、ディープクレンジングができます」

 もしヘアカラーでしみる、かゆい、ピリピリする、刺激を感じるなどの症状があるなら、白髪ケアのやり方を一度考え直す必要があるかもしれない。

【プロフィール】伊熊奈美(いくま・なみ)/美容ジャーナリスト。日本毛髪科学協会毛髪診断士・認定講師、国際毛髪皮膚科学研究所毛髪技能士。1972年静岡県浜松市生まれ。地元タウン誌の編集記者、女性誌編集部の美容担当などを経て、フリーランスに。近著に『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』がある。

◆写真提供/東邦大学医療センター大森病院 関東裕美先生(伊熊奈美・著『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』より)

関連記事(外部サイト)