紗綾が体験する九州豪華列車の旅 「緑の路」で秘境駅に停車

紗綾が体験する九州豪華列車の旅 「緑の路」で秘境駅に停車

紗綾が豪華列車に乗りながら、九州を堪能

 コロナ禍、7月豪雨被災などの逆風に立ち向かい、JR九州から3年半ぶりに新しい観光列車がデビューした。木曜から月曜まで5ルートをつないで九州を一周。全ルートを制覇してもよし、1日だけ旅の移動に利用してもよし。

 九州の魅力が詰まった新列車に、北九州出身の紗綾が、まず初日に桜島や霧島山麓の絶景を楽しむ金曜「黒の路」(鹿児島中央駅12:16発→宮崎駅15:57着)に乗車し、2日目は宮崎駅から乗車し、大分県・別府駅に至る約5時間の土曜ルート「緑の路」(宮崎駅11:43発→別府駅16:46着)の旅を堪能した。

 JR九州が新たに投入した観光列車「36ぷらす3」の名称は、九州が世界で36番目に大きい島であることに由来する。「ぷらす3」には「驚き、感動、幸せ」の3要素と「お客さま、地域の皆さま、私たち」の3者を重ねており、「36にプラス3で39(サンキュー)=『感謝』の輪を広げていきたい」(JR九州)としている。紗綾さんが2日間を振り返る。

「地元の方々のおもてなしも温かく、九州のよさを食でも目でも心でも味わえる素敵な列車旅でした。福岡県出身ですが、新たな九州の魅力を発見できました。親孝行の贈り物にもいいと思います。私も両親と祖母に『36ぷらす3』の旅を贈りたいですね」

紗綾が行く豪華列車の旅 緑豊かな自然の中を走り、秘境駅に停車

土曜「緑の路」 宮崎駅11:43発→別府駅16:46着
〈大人1人あたりの料金〉
グリーン席:1万890円
ランチプラン:1万6000円(座席)、2万1000円(個室)

●11:43 宮崎駅出発

 入線してくる「36ぷらす3」に乗り、大分へ出発。始発駅は宮崎空港駅なので、飛行機から乗り継ぐのも便利。

●12:00頃 ランチ

「緑の路」の個室のランチは、宮崎市の名店「季節料理かわの」の「特別懐石昼膳」。旬の宮崎県産食材が満載 ※座席タイプの食事は異なる。

 畳敷きの個室でのんびり寛ぐ。宮崎県の高鍋駅−川南駅間では進行方向右側の車窓から日向灘の景色を楽しめる。

●13:39 宗太郎駅に特別停車

 秘境駅と呼ばれる宗太郎駅のホームを散策。上下合わせて1日3本の普通列車しか停車しない同駅のレトロな運賃箱と記念撮影。

●13:57 重岡駅でのおもてなし

 大分県内の“おもてなし駅”である重岡駅に20分間停車。地元・佐伯市の人々の歓迎を受け、ホームでは特産品の買い物や和紅茶の試飲を楽しめる。

●14:30頃 梅酒づくり体験

 マルチカーで行なわれる「梅酒づくり体験」(車内で事前予約、2000円)に参加。「日田市大山産の香り高い梅にブランデーを組み合わせました!」(紗綾)

●16:46 別府駅到着

 別府駅前には「別府観光の父」と呼ばれる実業家・油屋熊八の像が立つ。別府温泉で1泊し、翌日は日曜「青の路」(大分→別府→小倉→博多)ルートで博多へ向かってもよし。

【プロフィール】
紗綾(さあや)/1993年生まれ、福岡県出身。2005年に11歳でデビュー。グラビアで絶大な人気を誇る一方、女優としても活躍。故郷の北九州市特命観光大使を務める。デジタル写真集『紗綾 100%FRESH!』(小学館)が好評発売中。インスタグラム(@saaya_official_)、YouTube(紗綾ちゃんねる〜Saaya Channel〜)で情報発信中。デジタル写真集『紗綾と行く!1泊2日湯けむり九州豪華列車旅』が12月に発売予定。

■撮影/LUCKMAN

※週刊ポスト2020年11月20日号

関連記事(外部サイト)