尿検査でここまでわかる! 内臓疾患や精神神経科の病気も

尿検査でここまでわかる! 内臓疾患や精神神経科の病気も

“尿検査”で判明する病気は多くなっているという(イメージ)

「病院に行くのはコロナが怖いしなぁ……でもオレの身体は大丈夫なのかなぁ」。こんなことを考えながら、あっさりと水に流している、その液体こそ大切な健康のバロメーターだ。

 いまや“尿検査”で分かる病気は多い。順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科の磯谷周治医師が解説する。

「尿検査では、腎臓病や膀胱・尿管・尿道の病気のほか、血液の病気や心臓病、肝臓病、膵臓病などが判定できます。さらにホルモンバランスの崩れによる病気、体内にできた腫瘍、ストレスなど精神神経科の病気の一部も尿の成分から分かります」

 高齢化が進む日本では「健康」「長寿」に関わる分野が成長市場と目されている。中でも、進歩著しい尿検査は注目の的だ。

 サプリメントの製造・販売を手がけるファンケルは、今年2月、尿から不足する栄養素を識別し、オーダーメイドでサプリメントを提供する『パーソナルワン』事業を開始した。

 このサービスはネットから申し込む。食生活、生活習慣に関する45問のアンケートに回答すると、自宅に検査キットが届く。検体は採尿当日中にポストに投函すればいい。

 約1週間で不足する栄養素が報告され、最適なサプリの組み合わせの提案を受けられる。サプリは全33種類で、組み合わせは10億通り以上になるという。価格は検査キットが5000円(税抜)、サプリは月額4000円から。

「従来の尿検査ではできなかった亜鉛や鉄が新たに検出できるようになりました。ビタミンB1やカルシウムなど6種類の栄養素の過不足が判定できます。血液検査に比べて簡便で、痛みがないことも利点です」(社長室広報グループ)

 さらに今年8月、国立国際医療研究センターの研究グループは、「新型コロナの重症化リスク」を尿検査で予測できる可能性があるとの研究成果を発表した。

 グループは、新型コロナの軽症患者41人について、体内の酸素が少なくなると尿に多く出るタンパク質L-FABPの量と、症状の変化を調べた。その結果、尿検査でL-FABPの量が多かった13人のうち、8人が1週間後に症状が悪化。そのうち2人は人工呼吸器が必要なほど重症化したという。

 一方、L-FABPの量が正常だった28人は1人を除いて症状が悪化せず、重症化もなかった。実用化に至れば、感染初期の段階で重症化リスクを判定することができる。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

関連記事(外部サイト)