夫の不倫の証拠集め 勝手にスマホのロック解除してもOK?

夫の不倫の証拠集め 勝手にスマホのロック解除してもOK?

夫のスマホを見るのはありか…

 何らかの理由で離婚を決断したならば、そこから考えなくてはいけないのがお金のこと。まず浮かぶのは「慰謝料」だが、それ以外にも、夫婦が共同で築いてきた財産を分ける「財産分与」、未成年の子供に対する「養育費」、厚生年金を2人で分ける「年金分割」などがある。

 ただ実際には夫から1円ももらわずに身ひとつで離婚するケースが後を絶たない。本誌・女性セブンでは離婚女性200人を対象に行ったアンケートを実施。その結果によると、慰謝料の要求を「しなかった」と答えた人が約8割にのぼり、夫婦の預貯金や養育費などもらってしかるべきものでさえ6割以上が請求せずに離婚を選んでいる。兵庫県西宮市のフェリーチェ法律事務所の弁護士・後藤千絵さんはいう。

「夫婦関係を続けるのがつらくて早く離婚したいと焦るあまり、準備や交渉をせずに離婚を選んで後悔する女性は多い。一度冷静になって第三者に相談し、状況を整理することが重要です」(後藤さん)

 そして、少しでも金額を多く受け取るためには、自分から離婚を切り出すのを避けることが鍵になる。東京・豊島区のへいわ総合法律事務所の篠田恵里香さんはこう話す。

「慰謝料が跳ね上がるのは、片方が合意しない、いわゆる“泥沼離婚”のケース。相手が不倫して離婚の原因を作った挙句に別れたいと言ってきて裁判になっても、こちら側が同意しなければ離婚できない。そのため、手切れ金として相手が多額のお金をつむことが多いです」

 医師の夫が不倫をして離婚を決意。8000万円相当の自宅マンションと高額な養育費を手に入れた田中優子さん(仮名・34才)も、まさに“手切れ金”だった。一度思い込んだら絶対に折れない夫の性格を熟知していた優子さんは、夫の申し出に簡単に首を縦に振らず、最終的に“言い値額”で決着をつけたのだ。

 もし優子さんのように夫から離婚を切り出してくれなかった場合は、証拠集めや相手の財産を把握してから満を持してこちらから切り出すべし。証拠の集め方を篠田さんがアドバイスする。

「不倫であれば、肉体関係が推認されるLINEの会話を撮影するのが得策です。日本では著しく違法な手段で集めた証拠は裁判所が認めないため、別居中の夫の住居に忍び込んで集めた証拠などはさすがにNGですが、夫のスマホのロックを解除するくらいなら通常は証拠となります」

 証拠集めのため、夫のスマホのパスワードを「0000」からすべて試してロックを解除し、夫の嘘を突き止めて慰謝料500万円と養育費を月に12万円、ローンは夫持ちで家も手に入れた女性もいるという。浮気やDVは回数が慰謝料に反映されやすいため記録を残すのが重要だ。

「DVの場合、苦しい状況の中ですが、病院で診断書をもらい、傷痕を撮影しておくことがおすすめです。日常的なモラハラや言葉の暴力は、日記も証拠になり得る。日記には日時や場所、発言もできるだけ具体的に。例えば『今日は弁当を持って家族で○○公園に出かけたが、味が気に入らないと激怒した夫が弁当をぶちまけた』など詳細が書かれていればいるほど、作り話ではないと思ってもらえます」(篠田さん)

 専業主婦の佐藤佳江さん(仮名・38才)は、2つ年上のモラハラ夫と別れる際にこうした証拠集めに加えて夫の“隠し財産”を探しあて、1300万円を手入れた。

 佳江さんの夫は年収1000万円の営業職で、10才と8才の子供がいるにもかかわらず、食費や光熱費込みで生活費は月10万円しか渡してこない。夫が話しかけるまでしゃべることは許されず、食事は毎食5品以上作ることを強要された。口に合わないと子供の前で食器をひっくり返し、怒鳴られることもあった。

「佳江さんは離婚を決めて、できる限りのお金をもらおうと離婚調停に持ち込みました。当初は『貯金なんてない』と豪語し、実際に通帳残高は80万円でしたが、調停中に“隠し口座”が見つかったのです」(後藤さん)

 佳江さんが気づいたきっかけは、自宅に届いていた銀行のはがきだった。

「その銀行に、夫名義で1800万円もの預金がありました。婚姻後に作られた口座だったので、佳江さんに半分譲り受ける権利があります。自宅マンションは売却し、ローンの残高や諸経費を差し引いて、600万円が財産分与の対象となり、モラハラの慰謝料を含めて1300万円を受け取りました」(後藤さん)

 いくら心機一転しても先立つものがなければ始まらない。過去を振り切るためにも、慰謝料は妥協すべきではない。

※女性セブン2020年12月10日号

関連記事(外部サイト)