冬のコロナ対策 室内を暖めつつ加湿もできる最強の換気術

冬のコロナ対策 室内を暖めつつ加湿もできる最強の換気術

加湿と換気を効率良く行うには?(写真/GettyImages)

 初めての“コロナ禍の冬”がやって来る。感染予防には換気は必須だが、正しく効率の良い換気方法はあるのか? 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんはいう。

「まず家の中には危ない場所があります。エアコンやファンヒーターの暖かい風の通り道で、小さく軽くなった粒子はその風に乗って浮遊している可能性があります。風を受けるところに長時間留まると、粒子を直接浴びることになり感染リスクが高まります。夏場も冷房の風には注意が必要でしたが、寒く乾燥している冬はさらに注意が必要です」

 確実な対策の1つが、乾燥を防ぐ「加湿」だ。インフルエンザウイルスは、室温22℃、湿度50〜60%で生存率が下がることがわかっている。これは新型コロナでも同様のことがいえるとされるが、逆に室温や湿度が下がることでウイルスの生存率は上がっていく。

 エアコンは室温を簡単に上げることができるが、一方で乾燥を招くという欠点もある。そこで登場するのが、加湿器だ。エアコンと同時に使う家庭も多いが、置き場所を間違えれば効果は薄れてしまう。

「エアコンの風の通り道に加湿器を置くと、水分が部屋の隅々まで行き渡りやすくなります。ただし、送風式の加湿器の場合はエアコンの風にぶつかると効率が悪くなる。エアコンとは反対側の壁際に置くことで、エアコンの風に乗せることができます。また換気の際は、外気が入り込む窓際に置くのも効果的です。ただし結露が起きやすくなるので、注意も必要です」(前出・一石さん)

 加湿器にはいくつか注意点がある。掃除を怠ったり、湿度が70%を超えるほど加湿しすぎるとカビや細菌が増殖し、新型コロナ以外の健康被害を招く恐れがある。水に熱を加え、沸騰した蒸気で加湿する「スチーム式」なら細菌の増殖を抑えやすい。

「加湿器がなかったり、足りないと感じたときは、濡れた洗濯物の部屋干しも有効です。キッチンでお湯を沸かしたり、観葉植物に霧吹きで水を与えるなどの行為も、湿度を上げる効果が期待できます。また湯船に水を張るのも1つの手です」(前出・一石さん)

換気のために窓は何cm開けるか

 実践すべき対策のもう1つが「換気」だ。厚生労働省は「1時間に2回以上、2方向の窓を開ける」換気法を推奨している。感染対策に換気が有効なのは知られているが、夏の換気とは事情が異なる。窓を全開で空気を入れ換え、室温が下がりきった部屋で過ごしては風邪をひいてしまう。

「1時間に2回などの断続的な換気ではなく、2方向の窓を10cm程度、開けっ放しにする換気なら室温を保ちやすい。扇風機などを使って室内の空気を室外に押し出すようにすると、より効率的に換気ができます」(前出・一石さん)

 また、浴室やトイレの換気扇を回したままにしておくだけでも換気につながるという。

 間接的に換気を行う方法もある。KISHI CLINICA FEMINA院長の岸郁子さんはいう。

「複数の部屋がドアやふすまでつながっている場合、まずは誰もいない部屋を換気して新鮮な空気を取り込みます。その後、家族のいる部屋のドアやふすまを開けて、事前に換気していた隣の部屋の空気を取り込む。2段階で換気を行えば、室温の急な低下を抑えながら換気することが可能です」(前出・岸さん)

 就寝時に窓を開けたままにしておくのは、気温的にも防犯的にも難しい。寝る前に寝室をよく換気しておき、布団に入る直前に窓を閉め、さらに枕元で加湿器を稼働させながら眠りにつくのがよい。

 冬コロナ対策は、室内を暖めながら加湿と換気を同時に行うという面でハードルは高い。実際に、どのように組み合わせればいいのか。最強の加湿&換気術について、一石さんがこうアドバイスする。

「エアコンと加湿器を上手に組み合わせることに加えて、ウイルスを撒き散らさないという点でいえば、暖房は送風タイプではないものを有効活用するのがいいとも考えられます。暖房器具から風が出ないから室内が乾燥しないというわけではないので、加湿器を稼働させながら、洗濯物の部屋干しや濡れタオルをかけるなどして加湿する。同時に2方向の窓を開けて、継続的な換気を行うことが徹底した対策といえるのではないでしょうか」

 今後さらに感染が拡大し、重症化リスクも高まる可能性がある“冬コロナ”。家庭内での対策は待ったなしだ。

※女性セブン2020年12月10日号

関連記事(外部サイト)