壇蜜 世界初の絵本美術館「ちひろ美術館」で感じたぬくもり

壇蜜 世界初の絵本美術館「ちひろ美術館」で感じたぬくもり

『誕生会』の前にて談話する山下裕二氏と壇蜜(絵本『ゆきのひのたんじょうび』(至光社)より)

 美術史家で明治学院大学教授の山下裕二氏と、タレントの壇蜜という、日本美術応援団の2人が、日本の美術館や博物館の常設展を巡るこのシリーズ。今回は、東京都練馬区の「ちひろ美術館」を訪れ、その収蔵から展示について語った。

山下:絵本画家のいわさきちひろが数多くの作品を生んだ下石神井の自宅の跡地に建つ、世界で初めての絵本美術館がちひろ美術館・東京です。青春時代に戦争を体験したちひろは《世界中のこども みんなに 平和としあわせを》と語り、生涯を通じて子供を描き続けました。

壇蜜:黒柳徹子さんの『窓ぎわのトットちゃん』の表紙や挿絵でもおなじみですし、『赤い毛糸帽の女の子』は私も昔から大好きでした。

山下:『赤い毛糸帽の女の子』はファン投票で展示作品を決めた「わたしが選んだちひろ展」(2004年)でも1位に選ばれました。ちひろが文も手がけた至光社の絵本シリーズの主人公“ちいちゃん”で、幼少期の自身と重なる少女だそうです。

壇蜜:『誕生会』(絵本『ゆきのひのたんじょうび』より)は子供の頃の楽しみでした。ちひろさんの世界は淡い色彩なのにとってもあたたかい。

山下:自然光が差し込む館内では、ぬくもりもより感じられますね。ちひろが絵を描いたときのように、明るい光のもとで絵を見ることができるよう、美術館では紫外線に弱い水彩画を最新のデジタルプリント技術で再現して展示しています。ちひろの作品は水彩画独特のにじみを生かした個性的な色彩表現があって、子供のみずみずしい表情がいい。目をごく簡単に点のように描いてもちゃんと表情があり、心情が伝わってきます。

壇蜜:嬉しさやさみしさが伝わる、ちひろさんならではの表情の描き方ですね。

【プロフィール】
山下裕二(やました・ゆうじ)/1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻、小学館刊)監修を務める、日本美術応援団団長

壇蜜(だん・みつ)/1980年生まれ。タレント。執筆、芝居、バラエティほか幅広く活躍。近著に『三十路女は分が悪い』(中央公論新社刊、12月9日発売)

●ちひろ美術館・東京
【開館時間】10時〜17時(最終入館16時30分)※当面の間16時閉館、最終入館15時30分に短縮
【休館日】月曜(祝日の場合は翌日/GWと8月10〜20日は無休)、年末年始(1月2日から開館)、冬期休館・臨時休館あり
【入館料】一般1000円
【住所】東京都練馬区下石神井4-7-2

撮影/太田真三 取材・文/渡部美也 衣裳/Wild Lily

※週刊ポスト2020年12月18日号

関連記事(外部サイト)