「地盤が強い県」全国ランキング 1位は沖縄県、最下位は?

「地盤が強い県」全国ランキング 1位は沖縄県、最下位は?

四方を海に囲まれた沖縄県は82.8点と地盤は強い(イメージ)

 全国各地の地盤の“診断結果”を知ることができる「地盤カルテ」が話題だ。パソコンやスマートフォンで地盤カルテにアクセスし、自宅や職場、学校など調べたい住所を入力するだけで、その土地の災害リスクが100点満点で何点か、スコアが示される。

 例えば本誌・週刊ポスト編集部の所在地(東京都千代田区一ツ橋2-3-1)をピンポイントで入力すれば、「45点」と出てくる。

 この地盤カルテを提供する「地盤ネットホールディングス株式会社」は、47都道府県の地盤ランキングも発表している。

 1位は、四方を海に囲まれた沖縄県(82.8点)だった。毎年台風被害が報じられるため意外に思えるが、琉球石灰岩と呼ばれるサンゴ礁が固まってできた岩の台地や丘陵地が広く分布しており、低地の町の大都市と比べて強い地盤が多いという。

 続く2位は群馬県。高崎市や前橋市をはじめとして、関東山地からの火山灰でできた平坦な台地が多く安定していて本州では最高スコアを記録したという。

 僅差での3位は福島県で、丘陵や台地が広がり、内陸部も阿武隈山地、奥羽山脈に囲まれた扇状地など強固な地盤が多い。

 一方、最下位に沈んだのは高知県。水はけの悪い地形のため、豪雨時の浸水リスクが高いという。ワースト2位の新潟県は「新しい潟(湖や沼)」の名が示す通り水害リスクが高いとされた。

 ワースト3位は中心地が干拓地や埋立地でできている岡山県。液状化リスクからランクインした。

 こうした地盤の強弱は知られていないため、地方行政からも驚きを持って受け入れられているという。地盤ネットホールディングスの山本強社長が話す。

「数年前に群馬県の副知事にこの話をしたところ、とても興味をもっておられました。地盤が強固で災害に強いという事実は県として魅力的に映ったようです。

 昨今のコロナ禍も相まって、今後はリモートワークなどで都心から郊外への住み替えをする人が増える可能性もあり、地盤の強さがセールスポイントになっていくかもしれません」

※週刊ポスト2020年12月25日号

関連記事(外部サイト)