様々な病気に関わる「老化細胞」を除去するワクチンが開発中

生活習慣病など、様々な病気に関わる「老化細胞」 除去するワクチンの開発始まる

記事まとめ

  • 生活習慣病発症の原因は老化細胞の蓄積が原因ではないかとの考え方があるそう
  • 老化細胞を標的としたワクチン開発が始まり、期待されている
  • 肥満マウスに注射したところ、腹部に溜まった老化細胞が減り、血糖値も下がったという

様々な病気に関わる「老化細胞」を除去するワクチンが開発中

様々な病気に関わる「老化細胞」を除去するワクチンが開発中

老化細胞の除去が体にどう影響するか(イラスト/いかわ やすとし)

 生活習慣病発症の原因は老化細胞の蓄積が原因ではないか──との考え方がある。これが細胞老化仮説だ。この20年の研究で動脈硬化や糖尿病などの発症・進展に老化細胞が関わっていることが明らかになってきた。最近、老化細胞を標的としたワクチンで、蓄積した老化細胞を除去し、病気の改善を図ろうとする治療の開発が始まった。生活習慣病の根本治療に繋がると期待が大きい。

 細胞は一定回数の分裂を繰り返すと、それ以上は分裂しない。この状態を細胞老化といい、これに関わっているのが染色体DNAの先端にあるテロメアといわれ、分裂のたびに短くなり、ある一定の短さになったとき細胞老化が起こる。細胞老化を起こした細胞のことを「老化細胞」という。動脈硬化や糖尿病など様々な生活習慣病・加齢関連疾患の原因は細胞レベルでの「老化細胞」が背景にあるのではないか、という考え方が細胞老化仮説である。

 長年にわたり、細胞老化研究に携わってきた、順天堂大学大学院循環器内科の南野徹教授に話を聞く。

「動脈硬化は血管の内側にコレステロールや炎症細胞などが付着し、蓄積して血管が狭く硬くなり、血流が悪くなる病気です。しかし、そもそも血管内に、それらが付着するのは血管内皮細胞の老化が関係しているのではないかと研究を開始しました。その結果、血管の老化細胞が動脈硬化の一因であることが動物実験で明らかになったのです」

 血管内皮細胞も一定回数以上分裂すると老化する。それに伴い、血管拡張作用のある一酸化窒素合成酵素の活性が低下することで、血管のしなやかさが失われてしまうのがわかってきた。

 さらに細胞老化の状態になると老化分子や炎症分子など様々な生理活性物質を分泌するSASP(サスプ:細胞老化随伴分泌現象)が起こってしまい、より動脈硬化が悪化する。このSASPで、複数の炎症性サイトカインが増加。炎症性サイトカインは周囲に広がり、臓器に慢性炎症を引き起こし、臓器の老化を促進する。

 老化細胞が蓄積し、発症するのは動脈硬化だけではない。最近の研究では過食などのストレスによって、内臓脂肪に老化細胞が蓄積、その蓄積した老化細胞が糖尿病の発症や進展に関わっていることが明らかになってきている。例えば内臓脂肪から、TNF-αなどの炎症性サイトカインが分泌されることにより、インスリン抵抗性や高血糖、心不全が引き起こされる。

「老化細胞には様々な種類があります。血管内に溜まる老化細胞、内臓脂肪に溜まっている老化細胞、心臓、腎臓、肝臓などの臓器にも、それぞれ性質の違う老化細胞が蓄積します。私は蓄積した老化細胞を取り除くことで、病気を根本から治療できるのではないかと考えています。それが老化細胞除去治療(セノリシス)です。現在はまだマウス実験の段階ですが、老化細胞を除去するワクチン開発を進めています」(南野教授)

 南野教授は大阪大学と共同で、老化細胞に特異的に発現しているSAGPという老化抗原を標的としたワクチンを開発中だ。これを肥満マウスに注射したところ、腹部に溜まった老化細胞が減り、血糖値も下がり、動脈硬化の改善が見られたという。

 2、3年後にヒトへの臨床試験がスタートする予定だ。

取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2020年12月25日号

関連記事(外部サイト)