坂東眞理子・小笠原文雄対談【1】死を考えるきっかけとなったコロナ

坂東眞理子・小笠原文雄対談【1】死を考えるきっかけとなったコロナ

『70歳のたしなみ』の著者で昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子さん

 新型コロナウイルスは生活様式だけでなく、将来の展望すらも大きく変えた。不自由な生活が強いられる中、気持ちは前を向いて生きていきたい──。著書『70歳のたしなみ』で後半生を黄金時代に変える心構えを説いた昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子さんと、『なんとめでたいご臨終』で最期まで朗らかに生きて旅立った人たちのエピソードを明かした在宅医療の第一人者・小笠原文雄さん。ベストセラー著者2人が、コロナ禍に考えておきたい生き方、死に方について語り合った。

坂東:昨年は新型コロナウイルスによって「死」を身近に感じた一年でした。私たちは普段あまり考えることもなく、昨日までと同じように明日も生き続けられると思っていたけど、実はその根拠は何もありません。コロナが出てきたことで、“あっ、コロナにかかったら死ぬかもしれない”と気づき、少し立ち止まって考えるきっかけになりました。

小笠原:医療現場はまさに死に物狂いの年でした。小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニックでも、当初「危ない」と思ったときには、院内感染を避けるため防護服を着用して帽子を被り、マスクとフェイスシールドを完備して汗だくになって診療しました。ひとりの患者が終わると一式をすべて捨てて、院内の消毒をしたんです。さらに、コロナの発生で、病院から患者が「緊急退院」するケースが増えたんですよ。

〈緊急退院とは小笠原さんの造語ですぐに退院することを指す。「家に帰りたい」と願う入院患者が余命宣告を受けたり、いつ死ぬかわからなくなったとき、小笠原さんは患者が生きているうちに願いを叶えるため、すぐに退院して在宅医療に切り替えられるよう病院と連携している〉

小笠原:人工透析を週に3回やっていた患者の血圧が下がり、心不全を起こしていつ死ぬかわからない状況になったケースがありました。いまはコロナ感染予防のため面会できるのは1日1人だけで、面会時間は10分。しかもその患者は入院中にボケてしまって、娘の顔がわからなくなった。ぼくは相談外来に来た家族から「死に目に会えない。どうすればいいか」と心の内を明かされ、緊急退院となりました。

坂東:すると、どうなったんですか。

小笠原:わが家に帰ると、苦しくて何も食べられなかった人が食べられるようになったんです。そして、旅立たれた直後、涙を浮かべた家族が故人と一緒に「笑顔でピース」の写真を撮られたんですよ。家族からは「こんな幸せな2週間をくださってありがとう」と感謝されました。

坂東:家族も満足したんですね。

小笠原:はい、そうです。軽い脳梗塞で入院したら、血圧が一気に200以上まで上がり、心臓に負担がかかって死にかけたケースもあります。このかたも、コロナで家族の面会が制限されて、「どうせ死ぬなら家がいい」と緊急退院で家に帰ったら、なんと血圧が下がり、心不全も治り、半年後も娘とお買い物を楽しんでいます。つまり入院しているから病気が悪くなるケースが結構あるんです。

坂東:先生の著書を読むと、在宅医療をしている患者さんがみんな笑顔でいることに驚きます。

小笠原:重症心不全で人工呼吸器をつけたまま家に帰ったら、笑顔で元気になり、人工呼吸器を外してデイサービスに通っているかたもいますが、一方で病院に残った人は、人工呼吸器につながれて苦しい思いをして亡くなるケースも多いです。

坂東:これはコロナに限らずですが、高齢者が重症になったときにICU(集中治療室)に入って、人工呼吸器やエクモ(体外式膜型人工肺)をつけてまで頑張ることが本当に必要なのかと感じます。他人から「あの人、もう80才だから集中治療は必要ないわね」と言われると腹が立つけれど、その人の置かれた状況によっては自分から「私はもう充分生きたから、ICUや人工呼吸器は若い人に譲ってください」と医師に告げる選択肢があってもいいと思う。

 人によって状況は違うでしょうが、どうすれば本人が幸せになれるかを第一に考えてほしいと思います。もちろん本当に重症で意識がないときは、難しい判断になるのでしょうが……。

小笠原:とても重要なご指摘で、本人がどんな最期を迎えたいのかを優先的に考えるべきです。80才でも山登りするような人なら人工呼吸器やエクモを使って、急場を凌いで治るかもしれませんが、コロナに限らず、間質性肺炎や劇症肺炎にしても、高齢で病弱な患者は回復が難しい。

 治る可能性がある人には人工呼吸器をつけてもいいけど、治らない人にまで装着することはものすごく苦しいことなので、考え直すべきです。

坂東:そうですね。望みがない中で、生きるために苦しい期間を無理に長引かせる必要がはたしてあるのか……。

小笠原 ここで問題なのは、本人に意識がない場合、一度つけた人工呼吸器を外すかどうかや、今後どうしたらいいのかは、家族の判断になるということです。

坂東:家族は絶対に「外してくれ」とは言えませんよね。実は私の叔母はICUで120日生きて、その病院の最長記録を更新したんです。

 そのとき家族としては、「最期まで最善を尽くしてください」と願うのみでした。あそこで「もう止めてください」と言ったら、私が叔母の死期を早めたという罪悪感に苛まれたはずです。いまにして思えば、そうした自分自身の責任から逃れたかった面もあったのではないかと、忸怩たる思いです。

小笠原:ぼくらからすると、そういう患者に病院で最善を尽くすということは、患者にとっては苦しい闘いが続くということが多いですね。残された者が罪悪感を持たないためにも、普段からできるだけ自分の最期について家族と話し合っておき、人工呼吸器を装着する前にも改めて、「おばちゃん、どうするの?」と確認できるといいですね。

坂東:いまは本当にそう思います。子供がいなかった叔母は私を頼りにしていましたが、死ぬときのことなんて縁起が悪いので、叔母の生前にほとんど話題にしませんでした。それでも自分に置き換えたら、意思表示をしておくことが大切だと思います。私自身はできるだけ平穏死をめざして、延命措置を辞退するよう家族に意思表示をしています。

小笠原:家族や医療関係者などと、延命治療の是非やどこで最期を迎えたいかなどをあらかじめ語り合うことを「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)=人生会議」といいます。超高齢化社会ではACPがますます重要になっていますが、坂東さんはそれを実践されているのですね。

坂東:本当にコロナは死を考えるきっかけになりました。「太陽と死は直接見るのが怖い」というけれど、これだけ超高齢化で90代や80代が増える中、どういうふうに亡くなりたいかを考えておくべきです。同じ日が明日もまた来るとは限らないという、当たり前のことをもう一回思い出す必要があります。

【プロフィール】
坂東眞理子(ばんどう・まりこ)/1946年富山県生まれ。昭和女子大学理事長・総長。1969年に総理府入省。男女共同参画室長、埼玉県副知事などを経て、1998年、女性初の総領事になる。2001年、内閣府初代男女共同参画局長を務め退官。330万部を超える大ベストセラーになった『女性の品格』ほか著書多数。

小笠原文雄(おがさわら・ぶんゆう)/1948年岐阜県生まれ。小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニック院長。循環器専門医・在宅専門医。日本在宅ホスピス協会会長。名古屋大学医学部特任准教授。昨年、第16回ヘルシー・ソサエティ賞医師部門を受賞。在宅看取りを1500人以上、ひとり暮らしの看取りを99人経験。

取材・構成/池田道大 撮影/政川慎治

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)