四天王像、かたつむり、懸賞など ちょっと変わった「私の推し」

四天王像、かたつむり、懸賞など ちょっと変わった「私の推し」

"カプセルトイ”でゲットしたという広目天さま

 好きなアイドルや俳優、アニメのキャラクターを応援する「推し活」。しかし、その愛情の対象は多岐にわたっている。女性セブンの読者1175人に「推し活」に関するアンケートを実施したところ、72%が「推しがいる」と回答した。さらに、何を推しているかという点に注目すると、かなり個性的な回答も少なくなかった。そこで、アンケート結果の中から、ちょっと変わった「推し」に関するエピソードを紹介する。

●会えるのはここだけ! 東大寺戒壇院の広目天

 小学3年生のとき、『古寺巡礼』(NHK)で四天王像を見てズキューーーンと心を打ちぬかれ、それ以来、何度も足を運び、グッズも使う用と保管用を買いわけています。東京の博物館へ貸し出されて不在だったときの悲しみといったら……。でも「広目天は、このお堂の中にいるからこそ価値がある」と戒壇院で会える特別感でマウントして納得しました。(45才・会社員)

●福岡からやってきた、かたつむりの福ちゃん

 大好きなにんじんをあげると、クルリと振り返ってこちらを見てから食べたり、私が声をかけてくれるのを待っていることが多かったり、足とうんちのカタチがハートマークだったり……。何かとかわいいのです。私がしてあげていることに安心している様子を見せるときに、幸せを感じます。(48才・その他)

●懸賞の応募

 長らくハマり中です。きっかけは妊娠中に退屈していたら、主人に「懸賞でもやってみれば?」と言われたこと。最近では2万円分の商品券が当たりました!(50才・パート)

●BL小説家の木原音瀬先生

 先生が同人誌を出される際のイベントに参加するため、予定を綿密に立てて推し活の時間を確保しています。さらに原画やグッズ購入にお金もかかるので、一生懸命働いています。BL全般の推し活をしているので、フォロワーさんやほかの作家先生のTwitterを追うのに忙しく、やや“ツイ廃”気味ですね。(53才・会社員)

●東京ディズニーランドのパレードダンサー

 ひと目でそのパフォーマンスに釘付けに。通うたびに衣装やメイク、ダンスがガラッと変わるので、どんどんハマっています。おかげで写真を撮るのがうまくなり、わが子の学校行事でも役に立ち、ママ友から感謝されました!(31才・主婦)

●バリトン歌手の平林龍さん

 胸キュンの容貌をもつイケメン歌手で、コーラスの指導もされています。私は先生主宰の合唱団に入っているので、いつもお近くで拝見できて幸せです。レッスン会場近くのラブホテルの駐車場が一般開放されているのですが、あるとき、先生の車を発見! すかさず隣に車を停め、しばし妄想デート気分を楽しみました。おまけに記念写真も撮ってしまいました。(46才・パート)

●推し歴30年『聖飢魔II』のデーモン閣下

 とにかく、存在が唯一無二であるところがお慕いする理由。閣下にはもっともっと、「許せない行為」を人間どもに対して行ってほしいです。(46才・自営業)

●落語界のイケメン、桂あおばさん

 最初は、顔がタイプだったので好きになったのですが、落語を聴いているうちに、話が面白くてドハマりしました。最前列でミニライブを見たときは幸せでした〜。(31才・会社員)

●強かわいい! 新日本プロレスの高橋ヒロム選手

 子供のプロレス好きにつきあって見ていたら、いつのまにかハマっていたのが、高橋ヒロムです。大きくて一見怖そうなのに、猫好きなところも萌えます。(32才・パート)

●“塩系”だけど熱い男・鶴野輝一さん

 ダンス×演劇集団『梅棒』の鶴野輝一さん。ファンにはわりと塩対応しがちだけど、本当は誰よりもファンや仲間を愛している、とても愛のある男。公演では役のつかみはピカイチ! 役者としてもコレオグラファー(振付師)としても、もっともっと世の中で評価されるべき人です。(42才・パート)

取材・文/佐藤有栄 イラスト/あらいぴろよ

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)