坂東眞理子・小笠原文雄対談【3】 コロナ禍で心の絆を保つために

坂東眞理子・小笠原文雄対談【3】 コロナ禍で心の絆を保つために

小笠原さん考案の『あくび体操』をする坂東さんと小笠原さん

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、生活様式が大きく変化し、これまではなかった不自由さを感じる機会が増えた。それでもコロナに押し潰されず、多くの人が前向きに生きていきたいと願っている。

『70歳のたしなみ』で後半生を黄金時代に変える心構えを説いた昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子さんと、『なんとめでたいご臨終』で最期まで朗らかに生きて旅立った人たちのエピソードを明かした在宅医療の第一人者・小笠原文雄さん。ベストセラー著者2人が、コロナ禍に考えておきたい生き方、死に方について語り合った。

 死をめぐる2人の対話は、「よりよく生きること」の大切さにたどり着いた。予想もしなかったコロナで世の中が先行き不透明になり、不安や絶望が蔓延する中で迎えた新しい年を私たちはどう生きていけばいいのだろう。

坂東:仏教では人間の一生を「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」の4つの段階に分けて考えますが、最近、私はその後に「心住期」があると思っているんです。肉体はなくなっても、残された人の心に住む期間のことですね。

 私の母は16年前に亡くなりましたが、与謝野晶子の「金色のちひさき鳥の〜」という短歌が好きだったことを、いまでも時々思い出します。私が覚えている限り、母は私の心に住んでいます。誰でも亡くなった後、その人がかかわった人の心の中に生きる「心住期」があるわけで、そのときによい残り方をしたいと望むよう心がけています。

小笠原:高齢のひとり暮らしのかたは歩けなくなったり、寝たきりになったときにこそ、ほぼ全員が「家にいたい」と気持ちが変わります。理由を聞くと、「あの人形は母と一緒に買ったものだ」「あの絵を見ると自分が若い頃に戻れる」などと言って、「ひとりで寝ていても思い出の中で暮らせる。こんな幸せなことはない」と付け加えます。

 もっと驚くことに、認知症になって医師のことがわからないかたでも、「(施設に)行くのはイヤだ」と言い、仏壇の方を向いて亡くなる人が多い。

坂東:ほう、それはなぜですか。

小笠原:ぼくも不思議なんだけど、仏壇に亡くなった旦那さんとかご両親の遺影や位牌がありますよね。どうも「お父さん、お迎えに来てね」などと語りかけている。認知症になっても、本人の記憶に思い出が残っている。そんな思い出がある限り、ひとり暮らしでも幸せなのです。

 いのち(壽命)とは不思議なもので、この世では限りある肉体のいのち(命)が仏のところへ帰るとも、永遠なる無量のいのち(壽)は、こころの中にも生きている。つまり、いのちには2つあって、それを理解すれば、こころ安心、暖かいんです。

坂東:そうなんですね。ただ私くらいの年齢だと、自分で生活できる限りはひとり暮らしをして、体が不自由になってトイレにも困るようになったら、子供の迷惑になるから施設に入ろうと思う人が多い。私もそのひとりです。

小笠原:そう思われる人が多いですね。しかし、在宅ホスピス緩和ケアを受けると、ひとりでも最期まで機嫌よく暮らして、笑顔で旅立たれるかたが多いんですよ。いまは介護保険を使って、生活に必要な様々なサービスを受けられますからね。「お母さん、元気?」とオンラインケアがあれば最高です。ケアには体を拭いたり食事介助などの行為としてのケアと、心のケアの2つがあります。ひとり暮らしでも、心のケアがあれば身も心も周りの気さえも暖かくなって、寂しくはないはずです。

坂東:本当にその通りです。心がつながっていれば孤独じゃない。むしろ家族と同居していても心が通じず、孤独というケースが多いですね。

小笠原:コロナの時代、病院内孤独死が増えています。心のケアがあれば、ひとり暮らしでも孤独死ではない。実際にぼくの著書を読んで、小笠原内科で在宅ケアを受けるために市外・県外から引っ越してくるかたも増えています。

坂東:まぁ、すごい吸引力(笑い)。

小笠原:アパートでも一戸建てでも、ひとりなら自分のお城なので自由があります。病院や施設は規則で自由にお酒も飲めないでしょ(笑い)。酒を飲んで朗らかでいたら早死になんてしませんよね(笑い)。昔から、酒は百薬の長、笑う門には福来たるっていうじゃないですか。

坂東:確かに免疫力を高めるには、笑うのがいちばんといいますね。私は『70歳のたしなみ』で、70才から必要なのは、上機嫌で過ごすことだと書きました。そのためには、かたちだけのニセ笑いでいいから、口角を上げていることが大事です。笑っていると自分の気持ちが励まされて、明るくなってきます。

小笠原:そこは大きなポイントです。コロナの時代になかなか自然に笑うことはないかもしれないけど、笑ったつもりになって、「ワッハッハッハ!」と声を出せばいい。

坂東:年齢を重ねた女性はよく「ありのままに生きたい」と言いますが、それでは気分に流されて、どんどん落ち込みます。特にいまは「感染者が〇人を突破した」「重症者が過去最高になった」という情報ばかりで気が滅入ってしまう。こんなときこそ心を入れ替え、「私にはこれができるんだ!」と明確な意思を持って自分をマネージしていかないと、あっさりコロナに負けちゃいます。

小笠原:本当にそうですね。

坂東:コロナで苦しんでいる人を励ますことも心がけたいですね。私の身近にもコロナですれ違うようになって離婚した若い夫婦がいますが、そういう人たちを応援するとか。故郷に住む親になかなか会えない人もいるでしょうが、オンラインでも電話でもハガキでも、思い出したときにコンタクトすれば、心の絆が保たれるんじゃないかと思います。

小笠原:その通りですね。コロナの中、緊急退院したある患者は、東京の孫娘がニコっと笑う動画を見てすごく喜びました。医師より孫のオンラインケアです(笑い)。

坂東:自分ができる範囲のことを少しずつやることが大事ですね。仏教でいうところの、様々な善を生み出すもとになる「善根」を少しずつ積み上げていけば、「心住期」において、誰かの心によい残り方ができるのではないでしょうか。直接のお返しを期待すると逆効果になりますが、日頃から「今日はいいことをやったね」と自分の行いを自分で褒めてほしい。何より大切なのは自分を肯定することです。

小笠原:ぼくは自分で考えて行動することが大事だと思います。コロナの感染状況にもよりますが、感染対策をしっかりして、できる範囲で行うと前向きになりやすい。

坂東:コロナで最もまずいのは、気分転換ができないことですね。悩みとか嫌なこと、思い通りにならないことばかり考えても、落ち込むだけです。苦しい悩みに直面したときは、気晴らしをすることがとても大切。カラオケやおしゃべりなど、コロナで制限されることも多いですが、自分が好きで気分が晴れることを見つけて実践してほしい。

小笠原:太陽や星、未来を見るときは視線が上向きます。でもコロナの話題になると、誰もが視線を落としてうつむいてしまう。すると胸を圧迫して気分も落ちるので、憂うつでちょっと元気がなかったり、自分がうつっぽくなりそうだと感じたりしたら、背骨を伸ばして、胸を張って上を向いてほしい。坂本九さんの歌にもありますね。

坂東:「上を向いて歩こう」ですね。

小笠原:そうです。『なんとめでたいご臨終』に書いた「あくび体操」も上を向けますし、最高ですよ。

坂東:コロナで暗くなりがちな世の中だからこそ、上を向いて歩いていきたいですね。

【プロフィール】
坂東眞理子(ばんどう・まりこ)/1946年富山県生まれ。昭和女子大学理事長・総長。1969年に総理府入省。男女共同参画室長、埼玉県副知事などを経て、1998年、女性初の総領事になる。2001年、内閣府初代男女共同参画局長を務め退官。330万部を超える大ベストセラーになった『女性の品格』ほか著書多数。

小笠原文雄(おがさわら・ぶんゆう)/1948年岐阜県生まれ。小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニック院長。循環器専門医・在宅専門医。日本在宅ホスピス協会会長。名古屋大学医学部特任准教授。昨年、第16回ヘルシー・ソサエティ賞医師部門を受賞。在宅看取りを1500人以上、ひとり暮らしの看取りを99人経験。

取材・構成/池田道大 撮影/政川慎治

関連記事(外部サイト)