95歳“薬を飲まない薬剤師”が実践する「少食主義」の健康法

95歳“薬を飲まない薬剤師”が実践する「少食主義」の健康法

玉那覇氏が実践する健康法は

「私は一切薬を飲んでいませんが、風邪をひくこともなく、血圧や血糖値、コレステロールの数値も問題ない。足腰が丈夫なのでどこへでも徒歩で出かけます」

 そう話すのは95歳の薬剤師・玉那覇康高氏。薬局を経営していたが、「薬は飲まないほうが健康になれる」という考えに至り、薬局を畳んだという。『壮快』2月号で、「新型コロナに負けない免疫力強化術」を紹介したことでも大きな話題を呼んでいる彼が実践する健康法とは。

薬漬けが医原病を引き起こす

 大正15年(1926年)に沖縄で生まれた玉那覇氏は現在も那覇市内で自立した1人暮らしを続けている。

「小学生の頃は県内の健康優良児大会に出場するほど体が丈夫でしたが、赤痢にかかったことが原因で徴兵検査は不合格になりました。その結果、同級生の多くが戦死した凄惨な沖縄戦に加わることなく死を免れた。人間、何が幸いするかわからないものです」(以下「」はすべて玉那覇氏)

 そう振り返る玉那覇氏は戦後、米軍施政下の沖縄で大学特別入試に合格して現在の東京薬科大学に進学、薬剤師免許を取得した。1957年には那覇市内で「玉ナハ薬局」を開業し、50年以上にわたり営んできたが、「人は薬をやめたほうが健康になれる」という結論に達し、5年前に薬局を閉めた。

 どうしてそのような信条を持つに至ったのか。

「現代医学は一見、進歩しているように見えますが、それは診断技術が進歩しているだけです。治療面は薬や手術などに頼るしかなく、食事や運動などを含めた総合的な根本治療をしているわけではない。

 実際、昔より医師の数や薬の種類は増えたのに、病人は減っていません。実はこの状況は50年前から変わりません。患者も、一度薬を飲むと死ぬまで薬と縁を切ることができない“薬漬け”状態になる。

 年間約43兆円という膨大な国民医療費のうち、約20%が薬代です。薬には副作用があることを忘れてはいけません。患者を薬漬けにして医原病を引き起こしている―薬剤師をしながら、そういう日本の医療システムに大きな疑問を感じていました」

 玉那覇氏は、「病気は根本から治すべき」と主張する。

「頭痛が起きて頭痛薬を飲めば確かに良くなる。ただし、それは一時的に治す対症療法であって、根本原因を正すわけではない。いつまでも痛みは繰り返すことになります。そこで薬に頼らずに根本から治すべきだという思いを強くしたのです。

 そもそも病気は医師や薬が治すものではなく、自分の体の中に備わっている自然治癒力が治すものです。医師や薬はその治癒力を十分に発揮させるための処置をしているにすぎない。それなのに現代医学では、専門に細分化しすぎたせいで人間全体を総合的に見ることをしていません。そのことが、病気を悪化させている。

 病気は今までの食生活や心の持ち方の間違いから起こるもので、正しい食事法、運動法などを心がけたり、自然治癒力に任せることによって案外簡単に治っていくものなのです」

 風邪をひいたとき、熱が出れば解熱剤、下痢をすれば下痢止めの薬、関節痛があれば鎮痛剤が処方される。だが、玉那覇氏はこう言うのだ。

「発熱も下痢も痛みも、病気ではなく有害な毒素や細菌を駆逐するために体が自然に採用する『療法』です。薬をむやみに飲むことによってこれらの体の働きを止めてしまうと根本治療にならない。

 たとえば風邪をひいたとき、悪寒がすることがありますが、これは静脈内に潜んでいる細菌をはたき出す働きなので、そのときにはかえって薄着をし、悪寒を助長すべきです。また、発熱したなら膝から下をお湯に20分ほどつけて体を温め、発汗を促すことで毒素や老廃物を汗とともに体外に排出することができ、風邪を根本的に治すことができます。

 もちろん発熱とともに失う水分や塩分・ビタミンCは補給しなければなりません」

血圧130超でも降圧剤は飲まない

 玉那覇氏自身、長年悩まされてきた慢性頭痛が、薬をやめたことで快方に向かったという。

「若い頃から慢性頭痛に悩まされ、頭痛薬を服用していましたが、月に2〜3回のペースで頭がズキンズキン痛み、ひどいときはご飯を食べられないほどでした。それが、頭痛薬を飲むのをやめたら、いつの間にか頭痛に悩まされなくなった。この経験をしたことも“薬を飲まない”という信条を持つにいたる大きな理由になりました」

 玉那覇氏の最高血圧は130mmHg台半ば、最低血圧は80mmHg台半ばで基準値以下、血糖値やコレステロール値も基準値内だという。

「90代でこの血圧は問題ないでしょう。正しい健康法さえ身につければ、薬に頼らなくても数値が上がりすぎることはない。それに、年齢を重ねたら値はある程度は高くても構わないのです。むしろ降圧剤などを使って無理に下げようとすると、血管に弾力がなくなっている高齢者の場合、血流が悪くなる恐れもあります。

 私はおかげさまで入院や何かの手術をしたこともなく、新聞もメガネなしで読む。2019年6月に免許を自主返納するまで、普通に車の運転もしていました」

薬と過食をセットでやめる

 健康を維持し病気を予防するため、玉那覇氏が薬を飲まない代わりに実践しているのが、「小食主義」だ。

「もう半世紀ほど、朝食抜きの1日2食を実践しています。夕食は6〜7時頃に終えるので、毎日『半日断食』を実践していることになります。

 朝食は食べず、昼は正午頃に青汁や野菜ジュースと納豆のみで、夜は玄米ご飯か玄米粥と魚か肉のおかずに、野菜ジュースを飲むのが定番メニューです。肉を食べるのは沖縄の郷土料理のゴーヤチャンプルーや豚足くらい。1人分の自炊なので、手間はかけずに食べられるサバやイワシなどの缶詰をよく食べます。缶詰は調理が不要で長く保存できるので重宝しています」

 さらに玉那覇氏は、高血圧、糖尿病、脂質異常症など現代の生活習慣病も、「食べ過ぎ」が要因として挙げられるという。

「食べ過ぎ=栄養過剰で生活習慣病になっている人が多いのに、1日に一定以上の栄養摂取を勧めていてはなかなか治りません。常識的に考えても、今までと反対に食事の量を半減するか絶食(断食)すれば病気は早く治るはずです。みな『食べないと体が衰弱して病気に負ける』と誤解しており、栄養をたっぷり摂ることで疲れている内臓をますます疲弊させ、病気を悪化させているのです。

 食べ過ぎさえやめれば、薬に頼らずとも健康でいられる。今は反対に薬で数値を下げられるからと過食してしまっている人が多い。薬をやめることと過食をやめることはセットなんです」

 玉那覇氏は今、病気の予防・治療を目的とした「断食道場」を主宰している。3日間のコースでは、青汁を中心とした飲み物を昼と夕に摂るのみ。それにより、腎不全が治ったり、難病を克服した人もいるという。

 小食・断食の他に玉那覇氏は日々、「皮膚を鍛える」ことも実践している。

「皮膚を、内臓と同じく疎かにしないことが大切です。具体的には、入浴時に温冷浴を1分ずつ繰り返して皮膚を刺激する。私が50年間風邪をひかないのは、皮膚を鍛えて免疫力を高めているおかげだとも思っています。これも薬いらずの体でいられる秘訣です」

 玉那覇氏の健康法は家族にも受け継がれているという。

「今は妻は老人ホームに入居中で私は1人暮らしですが、子供は4人、孫11人、ひ孫が2人います。子供といっても長男は73歳で、沖縄で開業クリニックの院長をしています。朝食抜きの『1日2食』を実践してくれていて、体調はいいと言ってくれています」

 薬を飲まず体が持つ自然治癒力で治す。玉那覇氏のこの姿勢から学ぶことは多い。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事(外部サイト)