鎌田實氏 価値大転換時代は「らしさ」という自主規制を取り払え

鎌田實氏 価値大転換時代は「らしさ」という自主規制を取り払え

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 新型コロナウイルスの再拡大により、働き方、暮らし方、生き方を考え直すことになった人も多いだろう。いままで「らしさ」にこだわってきた諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、その「らしさ」という自主規制を取り払おうと考えるに至った体験を明かす。

 * * *
 ぼくはけっこう「らしさ」にこだわって生きてきた。「鎌田らしくない」と思うものは、できるだけ避けてきた。

 10年ほど前、テレビの出演依頼が相次いだ時期がある。自分で言うのもなんだが、わりと引っ張りだこで、NHK紅白歌合戦の特別審査員なんかにもなった。『ビートたけしのTVタックル』や爆笑問題の番組などからも出演依頼があったが、お断りした。田舎医者のぼくらしくないと思ったからだ。

 昨年12月、オンライントークイベントがあった。テーマは、「常識を更新せよ。多様化する社会の新ルールブック」。参加者は、ふだん、あまり接点のないメンツである。以前のぼくなら、「鎌田らしくない」と思って、出演を断っていたかもしれない。けれど、今回は話してみたい人がいた。鈴木涼美さんである。

顔はたくさんあったほうがいい

 父親は大学の名誉教授、母親は翻訳家。本人は、慶応大学環境情報学部を卒業し、東京大学大学院学際情報学府の修士課程を修了。日本経済新聞に5年ほど勤めている。その一方で、中学から高校の頃には、パンツを売るブルセラ少女だった。AV女優の経験もあり、『「AV女優」の社会学』をはじめ、作家としてたくさんの本を書いている。

 こんな肩書は見たことがない。鈴木涼美さん、実際に会ってみると、さらにぶっとんでいた。

「経歴だけで出オチなんです。よくいる文系の物書きの路線と、ブルセラ少女からAV女優というよくある路線を、同時にやっただけのことです。どちらも一つひとつは没個性なんですが、意外なところを組み合わせると商品になる。抱き合わせ商法です」

 なるほど、いくつもの顔を持つ鈴木さんは、元新聞記者らしくもないし、作家らしくもない、元AV女優らしくもない。紋切り型の「らしさ」から脱することができるのは、いくつもの顔を持つからなのだろう。

無表情なのに表情豊か

 トークイベントには、ロボット研究者の吉藤オリィさんもいた。彼とは3年半ぶりだった。ある介護専門誌の取材で、彼が開発したOriHimeという分身ロボットに会いに行ったことがある。無表情なロボットと対面すると、不思議な感覚に陥った。そのロボットを遠隔操作している若者が、本当に目の前にいるように感じたのだ。これは、ズームでのやりとりともちょっと違う。よりリアルに、その場を共有しているような感じがした。

 その若者は、4歳の時の交通事故で、首より下は全く動かすことができなかった。だが、オリヒメという身体を得ることで、盛岡の自宅にいながら、吉藤さんの秘書として働くことができたし、全国で講演することもできた。生まれて初めて働いた、とうれしそうだった。彼はその半年後に急逝した。残念である。

 それにしても、ロボットの顔はのっぺらぼうなのに、遠隔操作している人そのものが個性豊かに投影されるのは、不思議なものである。

 コロナ禍で、マスクが当たり前になった。町で会っても、誰が誰だかわからない。このマスク社会が暗示するのは、顔や社会的な肩書、年齢といったものが示す表層的な「らしさ」が取っ払われた未来の社会なのではないか。そんな気さえしてくる。

 だとすれば、これからぼくたちは、「らしさ」なんかにかまっていないで、もっと本質的なところで勝負する生き方にシフトしていく必要がある。

デジタル化が進むと逆年功序列社会になる?

 一般に世の中は、年功序列で動いている。体育会系や芸人の世界は特に厳しそうだ。そのなかで、「風俗業界は逆年功序列」と鈴木さんは言う。鈴木さんによると、風俗では、1日目が一番価値が高い。価値は歳とともにどんどん下がっていく。これに抵抗するには、SMとかいくつかの技を持つと、少しだけ価値を持ち直す。うーん、なるほど。

「機械も、新しいものほど価値がある」と言うのは吉藤さん。これも確かにそうだ。新製品ほど市場価値が高い。そして、その機械による変化に対応できる力は、年配の人よりも、若い人のほうがはるかに高い。

 政府は、社会変革につながるデジタルトランスフォーメーション(DX)の投資促進のため、企業のデジタル投資について投資額の最大5%を法人税額から差し引くという方針を示した。日本は、この10年デジタル化がかなり後手に回っていたので、何とか生き延びてこられたオジサン、オバサンたちも、これからはつらい時代がやってくる。

 逆年功序列社会に飲み込まれないように、若い世代に教えを請い、スキルを習得するしかない。少なくとも年長ということに胡坐はかけなくなってきた。

自分の価値観は絶対ではない

 視聴者から「これからの子どもたちにはどんな能力・資質が必要でしょうか」という質問が来た。

 ぼくは、「本を読む力が必要だ」と答えた。たとえば、鈴木さんは、ブルセラショップにパンツを売っていたとき、カバンの中には遠藤周作の『沈黙』が入っていたという。本当は『沈黙』だったかどうかわからない。とにかく、本を持ち歩いていたようだ。

 どんな生き方をしていても、何かつかまれるものがあることが大事だと思う。

 鈴木さんも、読書を親からすすめられている。

「親からやれと言われたことが3つだけあります。それは本を読むこと、英語を話せるようになること、友だちを作ること。この3つは、自分が信じている価値観が絶対ではないということを知るためのものなんです。結局、子どもに必要なものは、それなんですね」

 コロナ時代のパートナーシップの在り方についてどう思うか、という質問もあった。これに対して、ぼくが「触りたい、抱きしめたいと思うことは大事」と話すと、横から鈴木さんが「触りたいですか」とチョッカイを出してきた。

 普段のフィールドではないだけに、異種格闘技戦のような気分になったが、かえって自由に話すことができたような気がしている。実に楽しい時間だった。

 新しい年になった。コロナ禍、「おめでとう」という晴れやかな気分ではないが、価値大転換時代のなかで選択肢を狭めないためにも、今年はせめて鎌田らしくない生き方をしてみようと考えている。

【プロフィール】
鎌田實(かまた・みのる)/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。イラクや福島の子どもを支援するJIM-NETのチョコ募金(https://www.jim-net.org/choco/)活動も。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事(外部サイト)