新型コロナ予言と話題の小松左京氏 筒井康隆氏が慧眼の源泉を解説

新型コロナ予言と話題の小松左京氏 筒井康隆氏が慧眼の源泉を解説

SF作家・小松左京氏との思い出を筒井康隆氏が振り返る

 日本を代表するSF作家・小松左京の小説群は、たびたび「未来を予見していたよう」と評されてきた。小松左京氏、星新一氏とともに「日本SF御三家」と言われる作家・筒井康隆氏が、生前の小松氏との思い出を振り返り、その先見性について語った。

 * * *
──小松さんの『復活の日』は1964年に発表された小説ですが、昨年から続く新型コロナ禍を予言していたと話題になりました。

筒井:当時、発売されてすぐに読みました。私の弟の嫁さんが大阪大学薬学部出身なのですが、彼女が読んでウン、ウンと頷いていました。専門の人も感心するようなアイデアだったということでしょうね。

──1973年発表の『日本沈没』で描かれたプレートテクトニクス理論も、当時の最先端の理論だったそうですね。

筒井:最新というか、私は読んで初めて知って、そんなものがあるのかと驚きました。

──小松さんの作品は膨大な知識に基づいていますが、筒井さんは、小松さんの知識量を収納具の「長持」に例えて論じた「小松左京論」を執筆されています。

筒井:小松さんは、仕入れた知識を皆の前でよく喋っていました。開陳することで、長持に入れるように情報を整理し、知識を身体の中に染みこませていたのだと思います。

 一度、ジャズピアニストの山下洋輔と3人で飲んでいたとき、彼の前で小松さんがジャズの歴史を開陳したこともあった。彼がジャズピアニストだと分かっていたはずなので、よくやるなぁ、と思いましたよ。

──そうした知識が、現代にも通じる慧眼の源泉になったのでしょうか。

筒井:小松さんは何かのウイルスや風邪が流行ったときに、その現実の様子を拡張解釈して、何が起こるかを考えて書いていました。我々は“外挿法=エクストラポレーション”と言いますが、風邪の流行をエクストラポレートして、医療崩壊はもちろん、人類が滅亡する寸前まで書いたわけです。コロナが嫌らしいのは、人類が滅亡するほどではないが、ウイルスも消滅しないまま、流行が続いているところですね。

──小松さんとの関係では、『日本沈没』の刊行直後に、筒井さんは『日本以外全部沈没』を発表されました。作品の最後に〈原典『日本沈没』のパロディ化を快諾下さった小松左京氏に厚く御礼申し上げます〉と書いていらっしゃいますね。

筒井:あれは小松さんや星新一さんと飲んでいたとき、星さんが「日本以外を沈没させたらどうだ」というアイデアを思い付いた。でも、星さんが書くテーマじゃないから私がもらって、その場で小松さんに書いていいかと聞いたんです。

──星さん、小松さん、筒井さんは「日本SF御三家」と言われますが、とても仲が良かったのですね。

筒井:3人とも作風が全然違って、そのことをよく分かっていた。だから仲が良かったんだと思います。

(SF作家の)山田正紀は、我々3人のことを“配役の妙”と言っていました。小松さんが“知識”の作家で、ドドーンと中央に構えている。星さんはイソップのような、いわゆる古典的で上品な作風で、私が道化師みたいに暴れ回っているという(笑い)。日常的に皆で飲んでいましたが、小松さんがユーモアのセンスで面白いことを言うと、他の連中も競って面白いことを言おうとするので、私なんかはそれで鍛えられたところもあるでしょうね。

──小松さんは執筆の傍ら、大阪万博(1970年)でテーマ館サブプロデューサー、国際花と緑の博覧会(1990年)の総合プロデューサーも務めました。多忙を極めた時期でも、交流を大切にされていたのでしょうか。

筒井:そうですね。ものすごく忙しいときでも、ホテルにいるから遊びに来なさいと言われて。それで行くと、編集者が何人も待っていて、私たちの話を相づちを打って聞きながら原稿を書いていたこともありました。いきなり家の前で、小松さんと星さんから「おーい」と呼ばれたこともあったし、私が紫綬褒章を受け取ったとき(2002年)も、すごく喜んで電話をくださった。忙しくても人との付き合いを大切にしていたのは、どこか寂しがり屋なところがあったからだろうと思いますね。

【プロフィール】
筒井康隆(つつい・やすたか)/1934年、大阪市生まれ。1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2017年『モナドの領域』で毎日芸術賞などを受賞。発売中の文芸誌『新潮』2月号に最新掌篇「川のほとり」が掲載。

写真/小松氏のアルバムよりお借りしました

※週刊ポスト2021年2月5日号

関連記事(外部サイト)