渋沢栄一フィーバーは東京・北区でも 赤羽に続いて王子も全国区に?

渋沢栄一フィーバーは東京・北区でも 赤羽に続いて王子も全国区に?

新紙幣に決まった当時、2019年の東京都北区・渋沢史料館(時事通信フォト)

 東京都北区、と聞いても、何か頭に浮かぶイメージを持っている人は、あまりいないのではないか。そのことについて特に北区も不満はなさそうに見えていたのだが、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』をきっかけに、日本の経済、文化、芸術の発展と深く関わってきたことへの認知を高めようとしている。ライターの小川裕夫氏が、埼玉県出身の渋沢栄一と北区との浅くない関わりと、それに期待する北区についてレポートする。

 * * *
 2月14日から放送が始まる2021年の大河ドラマ『青天を衝け』は、埼玉県の血洗島(現・深谷市)を出生地とする渋沢栄一が主人公だ。大河ドラマの制作が発表されると、渋沢が深谷市出身の偉人であるため、深谷市は大いに盛り上がることになった。大河ドラマだけではない、渋沢は2024年に改刷される新一万円札の顔になることも決定していている。日本中の人が渋沢栄一という人物に注目する大きなきっかけが、二度もやってくる。

 ダブルの祝報で、渋沢フィーバーが起きているのは深谷市だけではない。東京の北端に位置する北区も色めき立っている。

「これまでの北区は、区民の暮らしを充実させるために力を入れきたため、区外への情報発信に物足りない部分があったことは否めませんでした。これからは、区外にも北区をPRして、来街者を増やし、新たに移住者を取り込む必要があります。そうしたことから、北区は2017年に観光協会、そして昨年に区役所の一部署としてシティプロモーション課を発足させました」と話すのは北区政策経営部シティプロモーション推進担当課の担当者だ。

 北区は京浜東北線や埼京線、湘南新宿ラインなどが発着する赤羽駅を擁する。JRの駅から少し離れているが、東京メトロ南北線の赤羽岩渕駅もある。また、バスターミナルも併設しており、とにかく交通ネットワークは充実している。そのため、赤羽駅は北区民のみならず隣接する板橋区や荒川区、足立区、そして埼玉県民などの利用も旺盛で、東京の北の要衝駅として存在感を発揮している。

 近年は、千円で酔っ払える酒場“せんべろ”ブームで赤羽の立ち飲み屋が人気を博し、マンガ『東京都北区赤羽』で人気になっている漫画家・清野とおる氏と女優の壇蜜さんが結婚するといったトピックも重なったことで赤羽には追い風が吹く。

 一方、区役所などが立地する北区の中心地・王子の存在感は高まっているとは言い難い。王子駅もJR京浜東北線をはじめ東京メトロ南北線、都電荒川線などが走っている。バスターミナルも充実しており、交通面なら赤羽に劣ることはない。

 王子駅に隣接する飛鳥山は花見の名所として知られ、桜のシーズンは多くの人出でにぎわう。2009年には飛鳥山公園モノレールというスロープカーも整備された。北区は飛鳥山公園の観光地化に取り組んだが、どことなく赤羽の後塵を拝している感が拭えていない。

 そんな中、渋沢が新一万円札の顔に決まり、大河ドラマ『青天を衝け」の主人公にもなることが決定。これにより、急に追い風が吹き始めた。なぜなら、渋沢と王子は切っても切れない深い関係にあるからだ。

 日本資本主義の父とも称される渋沢は、第一国立銀行(現・みずほ銀行)をはじめ東京株式取引所(現・東京証券取引所)、東京商法会議所(現・東京商工会議所)など経済を活性化させるための機関を次々と設立した。

 渋沢は日本橋兜町に事務所を置いたが、王子駅に隣接する飛鳥山に邸宅を構えた。渋沢は兜町の事務所から上野駅まで馬が線路を走る車を引く馬車鉄道、上野駅から王子駅まで日本鉄道(現・JR東日本)の汽車に乗って飛鳥山と兜町を行き来していた。

 メインの事務所は兜町だが、渋沢の自宅に押しかける政財界関係者は多く、飛鳥山は渋沢詣での地になっていた。

 飛鳥山公園の一画には、現在でも渋沢の邸宅地を改修した渋沢史料館、晩香廬、青淵文庫が所在している。大河ドラマで渋沢を演じる俳優・吉沢亮さんは、主役に決まった後に渋沢史料館を訪問。渋沢の人となりや足跡を学んだという。

「飛鳥山公園内には北区飛鳥山博物館・渋沢史料館・紙の博物館という3つの博物館があります。渋沢史料館が渋沢とつながりがあることは言うまでもありませんが、王子は渋沢が洋紙製造を目的にして抄紙会社(現・王子製紙)を立ち上げた地です。そうした縁から、紙の博物館もあります。また、大河ドラマの放送に合わせて、飛鳥山博物館の一画を大河ドラマ館へとリニューアルします。つまり、王子にある3つの博物館は、すべて渋沢と関係していることになります」(同)

 渋沢の活動は第一国立銀行(現・みずほ銀行)に支えられていた。第一国立銀行は1873年に設立されたが、同じく抄紙会社も1873年に立ち上げられている。渋沢にとって、銀行も製紙業も、経済発展に欠かせない産業だった。

 ペーパーレス化が急速に進む現在において、「紙」の存在感は小さくなりつつある。だから、製紙業が経済発展に欠かせないと聞いてもピンとこないかもしれない。

 しかし、経済には紙幣が不可欠で、紙幣を市中に流通させるためには大量の紙幣を印刷しなければならない。大量の紙幣を生産するには、製紙業の振興は至上命題でもある。

 また、新聞をはじめとするジャーナリズムによって情報を伝えたり、得たりすることはビジネスにおいて重要でもある。さらに紙がなければ、教育に必要な教科書もつくれない。渋沢は、教育は経済発展に欠かせないと考えていた。そうした理念に基づき、渋沢は早くから大量に紙をつくる製紙業に着目していたのだ。

 渋沢が王子で製紙業を興したことが契機になり、1875年には大蔵省抄紙局が王子工場を開設。1927年には王子駅?下十条(後の北十条)駅間の貨物専用線が開業した。王子駅と下十条駅間を結ぶ貨物専用線は北王子線と呼ばれ、2014年まで製紙倉庫への貨物列車が行き交っていた。

 そのほか、王子駅の周辺には1931年に滝野川工場(現・東京工場)が竣工している。滝野川工場は全国でも数少ない紙幣の印刷を担当する工場でもあり、今でも紙の街・王子の象徴的な存在でもある。

 渋沢が王子で製紙業を立ち上げなければ、これら製紙関係の諸施設が王子に集結することはなく、王子が紙の街として発展することはなかった。

 銀行や製紙業のように、渋沢は社会が発展すると考えればどんな事業にもチャレンジした。その一方、深謀遠慮に長けているゆえに、常人から理解されずに失敗した事業もたくさんある。その一例ともいえるのが、牛乳の生産・販売だろう。

 文明開化によって西洋化が進められていた明治期、牛乳生産は国家が推進する事業でもあった。明治は幕府が崩壊するという時代の転換期にあたる。牛乳生産・販売は明治新政府の発足により失業した武士たちの食い扶持をあてがうという意味もあった。渋沢は箱根に牧場を開設したが、販売所は一大消費地の東京に置いた。

 シティプロモーション推進担当課の担当者は、渋沢と北区にまつわる秘話を打ち明ける。

「北区の田端には文豪・芥川龍之介が邸宅を構えていました。芥川を慕って、田端には多くの作家・芸術家が集まり文士村を形成しています。その芥川の実家は牛乳販売店を営んでいましたが、渋沢も牛乳生産・販売という事業を手がけていました。飛鳥山に居住した渋沢と田端在住の芥川は、牛乳という接点があったのです」

 同じ北区に居住していても渋沢は王子、芥川は田端と離れているが、資本主義の父・渋沢と文豪・芥川は意外にも牛乳という共通点でつながっていた。

 また、芥川をはじめとする田端文士村の面々は上野にある東京美術学校に足を運ぶことが多く、上野駅を頻繁に利用した。渋沢と芥川が、上野駅でバッタリ出くわすことだって考えられる。

 渋沢は園遊会を催して、田端文士村の作家や芸術家たちを招待することもあった。新進気鋭の芥川はイキっていた時期だったこともあり、渋沢の宴に出席することはなかった。

 しかし、芥川が結婚披露宴をあげ、文士仲間と親睦会を開いていた行きつけの料亭は、渋沢も贔屓にしていた。2人が料亭でたまたま顔を合わせることがあったかもしれない。

 渋沢は500を超える企業と600を超える非営利団体など、多くの事業を興した。それらの企業や団体は合併などを経ながらも現在まで活動を続けている。渋沢とつながっているのは、文豪・芥川だけではない。実のところ何気なく暮らす私たちと、「日本資本主義の父」や「社会事業家」と称される渋沢は接点を持っているといえそうだ。

関連記事(外部サイト)

×