国産ウイスキー専門店代表が厳選 本物のジャパニーズウイスキー4種

国産ウイスキー専門店代表が厳選 本物のジャパニーズウイスキー4種

いま注目のジャパニーズウイスキーは?(写真は『安積 The First PEATED』)

 世界的ブームとなっているジャパニーズウイスキー。その蒸溜所は、日本各地に続々と建設されている。日本初の国産ウイスキー専門店「ウイスキーブティッククロード」代表の井上祐伺氏が、数多ある国産ウイスキーから厳選した4種のウイスキーを紹介する。

●『安積 The First PEATED』(税込9900円)
福島の老舗酒造がウイスキー造りに挑戦

 福島県の老舗・笹の川酒造が安積蒸溜所を建て、2016年からモルトウイスキーの製造を開始した。厚岸や静岡と同じ花の16年組≠セ。2019年からは発酵槽を木製に変更するなど、ウイスキー造りに力を入れている同社のシングルモルト第2弾。

●『静岡』(税込8943円)
2020年12月に初のシングルモルトをリリース

 2016年に蒸溜をスタートしたガイアフロー社の静岡蒸溜所が初めて世に送り出したシングルモルト『静岡』。代表取締役の中村大航氏は林業従事者の多い地元に貢献することも目的に、発酵槽を地元の杉で造り、初溜で使われるポットスチルに直火蒸溜を採用し、薪にも杉が使われている。

●『津貫 THE FIRST』(税込1万1000円)
濃厚な風味が特徴なシングルモルト

 マルス信州蒸溜所の本坊酒造が2016年から地元・鹿児島の津貫にも蒸溜所をオープン。信州の『駒ヶ岳』がクリーンでドライな味わいであるのに対し、温暖な地域で熟成された『津貫』は濃厚でフルーティな風味が特徴のフルボディタイプ。

●『秩父 THE FIRST TEN』(税込1万9800円)
世界のイチローズモルト

 秩父蒸溜所の『秩父』も、今や“世界のイチローズモルト”に。同所の原酒を使った初のシングルモルトの発売から10年を記念し、肥土伊知郎氏が発売したのが『秩父 THE FIRST TEN』だ。歴史の浅い日本のクラフト蒸溜所にあって、10年モノのウイスキーを手がけられるのも、先駆者である同所だけだ。

※週刊ポスト2021年2月12日号

関連記事(外部サイト)