柳原白蓮の絶縁状、坂田山心中 日本の「禁断愛」を紐解く

柳原白蓮の絶縁状、坂田山心中 日本の「禁断愛」を紐解く

社会運動家としても活躍していた宮崎龍介との駆け落ちに、世間は騒然。柳原白蓮も平和運動に取り組み、穏やかな晩年を送った(イラスト/ドナ)

 古くは『ロミオとジュリエット』。そして『冬のソナタ』を経たいま、『愛の不時着』が大ブーム。“禁断の愛”を描く作品は、つねに人気となっている。そこで、作家・川奈まり子さんの視点を混じえ、日本社会を揺るがした“禁断の愛”を紹介する。

家柄の違いを乗り越えて

 見合い結婚が大多数だったその昔。親が決めた許婚を振り切って、熱烈な愛に燃えた女性たちのそれぞれの決断──。

【柳原白蓮】

 伯爵・柳原前光の次女に生まれた歌人・柳原白蓮(享年81)。NHK連続テレビ小説『花子とアン』で主人公の親友・葉山蓮子のモデルとなった彼女も情熱的な愛に生きた女性だった。

 27才のときに25才年上の九州の炭鉱王・伊藤伝右衛門との縁談を経て結婚。「筑紫の女王」として注目されるも、年齢・身分・教養のいずれも不釣り合いな伯爵家と炭鉱王の政略結婚生活は必ずしも幸せなものとは言えなかった。

 1921(大正10)年、当時、編集者として恋仲となっていた7才年下の宮崎龍介(享年78)と出奔。夫に送った「絶縁状」は新聞に大々的に取り上げられ、「白蓮事件」として騒がれた。その後、夫と離婚が成立し、宮崎と結婚。晩年まで添い遂げた。

「白蓮は知的で非常に意思の強い女性だったと思うんです。大正時代ですから、世間体を気にして離婚を躊躇する女性が多かったでしょうに、周囲に流されることなく、自立した道を選択した。絶縁状には『私は金力をもって女性の人格的尊厳を無視する貴方に永久の訣別を告げます』と記していますが、多分、炭鉱王の夫は短歌や文芸の話にあまり関心もなかったのでは? 白蓮にとっては自己を表現でき、価値観を共有できる相手が大切だったのでしょう」(川奈さん)

【坂田山心中】

 1932年5月、神奈川県大磯町にある坂田山の林の中で若い男女の遺体が見つかった。男性は慶應義塾大学生(享年24)、女性は静岡県の素封家の娘(享年21)で、かねてから相思相愛の関係だった。だが、女性の両親が交際に反対し、女性側に見合いの話が持ち上がったことから、前途を悲観して服毒自殺をしたことが後に判明。

 女性は学生服を着た男性の腕に抱かれた状態で発見され、警察が「女性の遺体はきれいだった」と発表したため、当時の東京日日新聞は「純潔の香高く 天國に結ぶ戀」と記事を掲載。映画やレコード化され、大ヒットした。

「事件後、坂田山で自殺をする人が相次ぎ、その年だけで20組もの男女が心中をしたそうです。でも、現代なら、これだけ社会に影響を与えてしまうことはあまりないと思うんです。いまなら慶應の大学生と令嬢が心中するなんてこともないでしょうし、仮にもしセックスしていたとしても、『傷ものになったから嫁に行けない』といわれる時代でもない。当時はそれだけ処女性に価値が置かれていたということだと思います」(川奈さん)

【プロフィール】
川奈まり子(かわな・まりこ)/作家。東京生まれ。女子美術大学短期大学部グラフィックデザイン教室卒業。『東京をんな語り』(KADOKAWA・2月25日発売)では、「坂田山心中」についても言及している。

取材・文/加藤みのり イラスト/ドナ

※女性セブン2021年2月18・25日号

関連記事(外部サイト)