ストレスを発散のための日記 主語を“私”にしないのがコツ

ストレスを発散のための日記 主語を“私”にしないのがコツ

日記でストレス発散するコツ

ストレスを発散のための日記 主語を“私”にしないのがコツ

ストレスが溜まりやすい時勢にできることとは

 家から出づらい日々が続き、今日も一日中、家族と一緒緒。コロナ前なら気にならなかった小さなストレスがつもりつもって、もう限界……という人も多いはず。

 そもそも、「ストレスをためにくい性格」になることができれば、少しくらいいやなことがあってもイライラすることはないだろう。そのためには、こまめに不満を発散することが大切だ。

『図解ストレス解消大全』(SBクリエイティブ)の著者で明治大学教授、心理言語学者の堀田秀吾さんは、日記などに吐き出すことをすすめる。

「書くことでワーキングメモリが分散され、不安や怒りが和らぐ効果もあります。“1日15分日記を書く”などと決めて習慣化すると、次第に感情をコントロールできるようになったという研究があります」(堀田さん)

 ただし、ただ感情のままに書きなぐるだけでは逆効果。

 堀田さんは、書くときは、主語を“私”にしないのがコツだと話す。“私は怒っている”と記すと、感情に直結して怒りが収まりにくくなる。三人称を使って、“彼女(彼)は怒っている”と書くと、自分を客観視することができる。

 例えば、「私は頭にきている」と書かず「彼女は頭にきている」、気分が落ち込んだときも「私はダメな人間だ」ではなく「彼女はダメな人間だ」と書けばいい。三人称で書くことで、ネガティブな気持ちを“他人事化”できるのだ。

 脳科学者の杉浦理砂さんは、いやな気持ちを書いた紙を破り捨てる「ネガティブ・ダストビン」をすすめる。

「チラシの裏でも何でもいいので、いやなことを3分間、ひたすら書いてください。そしてその紙を破ってゴミ箱に捨てる。これで怒りが発散できます。

 さらに感情を整えるには、『フォー・グッド・シングス』がいい。英オックスフォード大学のエレーヌ・フォックス博士が考案した方法で、いやなことを1つ書いたら、その分、4つの前向きなことを記します。ネガティブな感情はポジティブな感情より影響力が大きいが、いいことを4倍書くことでバランスが取れ、前向きになれる」(杉浦さん)

※女性セブン2021年2月18・25日号

関連記事(外部サイト)