乙羽信子、竹久夢二 憧れから始まる禁断の「徒弟の愛」事件簿

乙羽信子、竹久夢二 憧れから始まる禁断の「徒弟の愛」事件簿

夢二と出会ったとき18才だった彦乃は足しげく『港屋絵草紙店』を訪れ、絵の指導を願い出たという(イラスト/ドナ)

 フィクションの世界で描かれることが多い“禁断の愛”。最近では、韓国財閥の令嬢と北朝鮮の軍人の愛を描いた韓国ドラマ『愛の不時着』が大人気となった。

 そんな“禁断の愛”は、フィクションの世界だけのものではない。現実世界でも、禁断の愛にまつわる事件が起きているのだ。そこで、作家・川奈まり子さんと漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんの視点を混じえ、日本社会を揺るがした愛の形を振り返る。

憧れから始まる徒弟の愛

 尊敬する気持ちは、やがて、隠せぬ恋心へと変わる。身近な男性よりも惹かれ、心奪われる師弟関係の奥深さ──。

【乙羽信子】

 宝塚歌劇団で人気を博し、映画女優へと転身した乙羽信子(享年70)。脚本家・映画監督の新藤兼人(享年100)とは「センセ」「乙羽」と呼び合い、長きにわたって公私を共にするパートナーであったが、ふたりが結ばれた当時、新藤には妻がいたため27年間の長き不倫関係となった。

 晴れて夫婦となったのは新藤が離婚して6年後の1978年。16年間の結婚生活だった。晩年、乙羽が末期の肝臓がんで余命宣告を受けるなか、最後に挑んだ映画『午後の遺言状』(1995年公開)は、新藤の一心な愛が注がれた“葬送作”となった。

「立派だなと思うのは、新藤監督が先に奥様と離婚してから乙羽さんと結婚したことですね。しかも離婚後、奥様が亡くなられた後に。『好きな女ができたから別れてくれ』なんて、最近ありがちな爆弾発言で修羅場を招くなんてことも起こさなかった。もちろん乙羽さんもがまん強かったと思いますが、乙羽さんにしてみたら仕事の現場で女優としての自分のいちばんの理解者である男性といつも会える、それだけで満足だったんじゃないかと思うんです。

 監督と女優は一緒に作品を作っていく戦友のようなもの。お互い、戦いをくぐり抜けた同志として強い結びつきがあったと思います」(川奈さん)

【竹久夢二】

 大正浪漫を代表する画家・詩人として活躍した竹久夢二(享年49)。彼が生涯で最も愛した女性が、笠井彦乃だった。宮内庁御用達の紙問屋の娘として育った彦乃は夢二の大ファンで、夢二が妻子のために営んでいた『港屋絵草紙店』で出会い、恋に落ちた。妻と離別した夢二は彦乃とともに京都で同棲生活を始める。しかし、九州旅行中に彦乃が結核を発病し、以前からふたりの仲に猛反対していた彦乃の父によって引き裂かれてしまう。入院先を見舞うことも許されず、結局、彦乃は夢二と夫婦として結ばれぬまま、23才という若さでこの世を去った。

「当時、結核は不治の病でしたが、離ればなれにされたことで体調がますます悪化してしまったのでは。もし、ふたりが会えていたら彦乃の免疫力もアップして、命を落とすまでに至らなかったかもしれません。『愛の不時着』も撃たれたり、傷を負ってもまた会えて復活しているので、病気になったりしているときこそ会わせてあげていればと思います。彦乃は夢二のすすめで美大にも入って絵を描いていましたし、生きていればまだまだ創作を続けられたのかと思うと惜しまれます」(辛酸さん)

【プロフィール】
川奈まり子(かわな・まりこ)/作家。東京生まれ。女子美術大学短期大学部グラフィックデザイン教室卒業。『東京をんな語り』(KADOKAWA・2月25日発売)では、「坂田山心中」についても言及している。

辛酸なめ子(しんさん・なめこ)/漫画家、コラムニスト。東京生まれ、埼玉育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。『女子校礼讃』(中公新書ラクレ)が好評発売中。

取材・文/加藤みのり

※女性セブン2021年2月18・25日号

関連記事(外部サイト)