【初心者向け】見られたくないデジタルデータを隠す「ストレージ」

【初心者向け】見られたくないデジタルデータを隠す「ストレージ」

パソコンなどに保存したファイルを誰にも見られないようにするには?

 写真、日記、刺激的な漫画……スマホやパソコンの中には、誰にでも1つや2つは人に見られたくないデータが存在するはず。きちんと対処しておかないと、とんでもない恥をかいたり、修羅場になるパターンもありえる。もしも誰かにパソコンを貸すような場面があったなら、自分が外出中に家族がパソコンを使うようなことがあったなら……そんなケースを想定したうえで、データを誰にも見られないようするにはどうすればいいのだろうか? パソコン初心者のために、データを誰にも見せない基本的な方法を紹介する。

 予算がある人や隠したいデータが大量にある人は、外付けのストレージ(保存場所)がおすすめだ。USBケーブルを使ってパソコンやスマホ内のデータをストレージに移し、パスワードを設定してロックをかければ、自分以外はアクセスができない“隠し倉庫”となる。デジタル遺品に詳しいライターの古田雄介さんはいう。

「ストレージにデータを移動したら、スマホ本体などに保管していたデータは削除を。また、ストレージは故障してデータが消えることもあるため、4〜5年程度で新品に買い替え、USBケーブルを使って古いものから新しいストレージへとデータを移しておきましょう」(古田さん)

 費用はかかるが、データを入れた時点でデータそのものが自動的に暗号化されるものなら、より安心だ。処分する際も、暗号化されているためデータ流出を防げる。

 インターネット上で、写真や動画、文書などのデータを保存できるのが、オンラインストレージ(クラウドストレージ)サービスだ。

 利用するには、そのサービスのアカウントを取得すればよい。指定の容量内でなら、無料でデータを保存できる。また、同じアカウントであれば、パソコンやスマホなど、複数の端末からデータを閲覧できる(一部制限あり)。

「保管容量を増やしたい場合は、有料サービスもあります。ただし、有料サービスを契約すると、引き落とし先などから足がつくリスクがあるので要注意です」(古田さん)

取材・文/桜田容子

※女性セブン2021年2月18・25日号

関連記事(外部サイト)