コロナ禍でのストレス問題 家族のSNSチェックは注意、自撮りは◎

コロナ禍でのストレス問題 家族のSNSチェックは注意、自撮りは◎

自粛生活のイライラはいつ爆発するかわからない(写真/Getty Images)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、生活様式は大きく変わった。外出時のマスク着用は当たり前となり、ソーシャルディスタンスを保ち、会話も最小限。できるだけ自宅から出ないようにして、リモートワークも一般的になった。

 そんな生活にストレスを覚える人も少なくない。なかには、日々の不満をSNSに吐き出して、ストレスを軽減しているという人もいる。中国・北京航空航天大学の調査では、ネガティブな感情のときに、自分の気分をSNSでつぶやくと、10分ほどで暗かった気持ちがノーマルになり、それが1.5時間継続することがわかった。

『図解ストレス解消大全』(SBクリエイティブ)の著者で明治大学教授、心理言語学者の堀田秀吾さんは、SNS利用に際する留意点をあげる。

「当然ながら、誹謗中傷や罵詈雑言を書かないこと。というのも、脳は自分が言った言葉と、人から言われた言葉を区別できないのです。“バカ”“死ね”などという暴言を書くと、それが他人に対するものであっても、脳は”自分が悪口を言われた”ととらえ、自分で自分を傷つけることになります」

 感情にまかせて第三者を誹謗中傷し、訴えられる事件が後を絶たない。SNSへの悪口の書き込みは、そうしたリスクもあることは覚えておきたい。

「そして、できれば、家族や恋人とは、SNSでつながらない方がいい。カナダのゲルフ大学の研究によれば、家族や恋人のSNSをチェックするほど、嫉妬心が高まりやすい。女性ほどその傾向が強いこともわかりました」(堀田さん・以下同)

 例えば、家の中ではブスッとしている夫が、フェイスブック上で職場の同僚や同級生と楽しそうにメッセージをやりとりしているのを見たら、誰しも心穏やかでなくなるはず。嫉妬や羨望は、うつを引き起こす要因にもなり得る。たとえ親しき仲でも、お互いのSNSには近づかない方が賢明だ。

背筋を伸ばして自撮りすべし

 SNSにどっぷりハマるのは得策ではないが、SNSにつきものの「自撮り」自体には、ストレス発散効果がある。

 米カリフォルニア大学アーバイン校の実験で、自撮りをすると気分が前向きになることがわかった。理由はシンプルで、きれいに写った自分を見ると、気分がよくなるから。

「きれいな自分の姿を見ると、幸福感と自己肯定感が増します。人からこう見られたいという理想の自分に近いほどいいので、加工アプリなどでシミやしわを消したり目を大きくしたりするのも大いにやってください」

 自撮りをすると、必然的に笑顔をつくることになるのも理由の1つだ。脳科学者の杉浦理砂さんはこう話す。

「楽しい気分でなくても、口角を上げるだけで脳が“笑っているということは、いま私は楽しいんだ”と錯覚し、ドーパミンなどの快楽物質が出て、本当に楽しい気分になります。

 ただし、深刻な悩みを抱えているときは、自分の気持ちに反して無理に笑顔をつくるのは逆効果だという報告もあります。笑顔で脳をダマすのは、“なんとなく元気がないな”くらいのときにしてください」

 自己肯定感を上げて不安を解消するには、背筋を伸ばすのも効果的。米ハーバード大学の研究で、背筋を伸ばして堂々とした姿勢をとるだけで、行動力ややる気を引き出すテストステロンの分泌量が増え、ストレスホルモンの減少が見られた。

※女性セブン2021年2月18・25日号

関連記事(外部サイト)