ご当地アナが紹介 松本清張『砂の器』の舞台になった「亀嵩」の名湯

ご当地アナが紹介 松本清張『砂の器』の舞台になった「亀嵩」の名湯

静寂に包まれ、鳥のさえずりが聞こえてくる自然の中に亀嵩温泉がある。冬は雪見、秋は紅葉と、四季折々の眺めを満喫できる

 8世紀に編纂され聖武天皇に献上された『出雲国風土記』に、玉作の神が宿る山として記録が残る島根県の玉峰山。そのふもとにあるのが、松本清張の『砂の器』で全国に地名が知られるようになった亀嵩(かめだけ)温泉だ。出雲市で生まれ育った山崎瑞穂アナ(38)が、雪見露天を楽しめ、地元の人々に愛されている温泉「亀嵩温泉 玉峰山荘」(島根県仁多郡奥出雲町亀嵩3609-1、1人1泊/1万4780円〜、立ち寄り入浴あり)を紹介する。

 * * *
 私は生まれも育ちも出雲市です。松本清張の『砂の器』の舞台にもなった「亀嵩」の地に位置する「玉峰山荘」さんは、市内から車で約1時間の距離ですが、海抜約300メートルにあります。近づくに従って、どんどん雪深くなっていきます。

 亀嵩温泉は古くから薬湯として知られるアルカリ性単純泉で、pH値が8.9と高く、肌がツルツルになる美肌の湯としても評判です。露天風呂からは三郡山や玉峰山が一望でき、広大な雪景色を堪能できます。地元に親しまれており、立ち寄り入浴に訪れる住民の方々がとても多いんですよ。

 島根にはいい温泉が多く、地元では銭湯に行くような感覚で温泉に行くのですが、温泉が身近にある暮らしが私の密かな自慢です!

【プロフィール】
山崎瑞穂(やまさき・みずほ)/1982年生まれ、島根県出身・在住。NHK松江放送局でキャスターを3年間務めた後、独立。テレビ情報番組『山陰ぐっジョブ!』(山陰放送)でリポーターとして活躍するほか、ラジオやケーブルテレビに番組MCなどとして出演中。

撮影/太田真三

※週刊ポスト2021年2月19日号

関連記事(外部サイト)