コロナ禍で自分と向き合うようになった神津はづき「白髪染めをやめた」

コロナ禍で自分と向き合うようになった神津はづき「白髪染めをやめた」

グレーヘアを始めた神津は、「娘に『ママ、白髪似合うね』とほめられました」と語った

 コロナ禍は世の中にさまざまな影響を与えている。この変化に背中を押されたという人もいる。女優の神津はづき(58才)は、25才の長男、23才の長女との関係について、考えを改めたと話す。

「イライラしたり、文句を言ったり、気持ちの中の重たいものを手放すことにしました。子供たちも大人になったし、もう自分のことは自分で責任を取ってもらわないと。心配なことがあっても、『大丈夫なの?』じゃなくて、『絶対に大丈夫よ』と声をかける。“親ぶる”ことをやめようと思ったんです。子供はかわいいけれど、50代以降は“自分を取り戻す時間”ではないでしょうか」

 真剣に自身と向き合うようになったのは、「白髪染めをやめた」ことも大きい。神津が続ける。

「緊急事態宣言中に美容院へ行こうとしたら、娘から、『なんのために、いま白髪染めするの?』って言われたんです。それから染めなくなって、いま10か月くらい。美容院へ行っても、時間もお金も負担が軽くなりました。

 何より、自分の顔をよく見るようになりました。白髪染めをしていた頃は、鏡を見るたびに白髪の生え際ばかりに意識が向いていたのですが、最近は、鏡の中の自分とよく目が合うな、と感じます」

 髪の毛が白くなった分、メイクや洋服にも以前より気を使うようになったという。

 グレーヘアに踏み切れない人は、まずは間違った手入れを正すこと。美容師でヘアメイクアップアーティストの船津有史さんは、「白髪を抜くのは絶対にNG」と話す。

「50才くらいだと、まだ黒い髪も多いからと、目立つ白髪を抜いている人がいます。抜くと毛根が傷み、年齢を重ねたときに髪の毛が生えてこなくなる。生え際や頭頂部の薄毛にもつながります」

※女性セブン2021年2月18日・25日号

関連記事(外部サイト)