「気をつけ」はよくない? 人間にとって自然な姿勢はゆるやかな猫背

「気をつけ」はよくない? 人間にとって自然な姿勢はゆるやかな猫背

骨格に合った姿勢がある(写真/GettyImages)

 コロナ禍で“過去最悪”といわれる不況の中でも、マスクのような生活必需品以外で売り上げを伸ばしている商品がある。その筆頭が“姿勢矯正グッズ”だ。

 ネットショップをのぞいてみると、「いすに置くだけで背筋が伸びる」とうたうクッションに始まり、猫背改善キャミソールなどがいずれも売り上げランキングの上位に入り、なかにはコロナ特需で年商が10億円以上アップした企業もある。運動の機会が減ったことから、少しでも姿勢をよくして健康を保とうと考える人が増えているのだろう。

 実際、電気機器メーカーの「オムロン ヘルスケア」がテレワーク実施者1000人を対象に行った調査には、半数以上が「テレワークで姿勢が悪くなった」と回答している。しかし、パーソナルトレーナーとして水泳や陸上競技など幅広くスポーツ選手の指導を行ってきた「うごきのクリニック」代表・後藤淳一さんは、この風潮に警鐘を鳴らす。

「多くの人は“正しい姿勢”を誤解しています。健康のために、と努力して保っている状態が、逆に体の不調をうんでいる可能性があるのです」

 よかれと思ってやっている姿勢が、体に負担をかけているというのだ。

“気をつけ”で肩こりと頭痛に

 後藤さんが特に問題視しているのは、いい姿勢の代表格である“気をつけ”のポーズ。

「胸を張って背筋を伸ばした“気をつけ”の姿勢は、見た目は確かに美しいのですが、実は、体に大きな負担をかけています。というのも、胸を張ろうと意識して反り腰になり、腰やひざなどを痛めてしまう人が多いのです。腹筋も常に伸びたままになってしまい、そのため、内臓も無理に引っ張り上げられた状態になってしまいます」(後藤さん・以下同)

 背筋を伸ばすためには体に力を入れる必要があり、長時間、力を入れ続けて筋肉がこり固まった結果、肩こりや頭痛を併発することもある。後藤さんがその弊害に気がついたのは、スポーツ選手の指導をしていたときだ。

「一流の成績をあげる選手を観察していて発見したのが、共通して普段の姿勢が猫背気味だったこと。人間にとっていちばん自然な姿勢は、背骨のS字カーブを妨げない“ゆるやかな猫背”だと気づきました。フィギュアスケートやボクシングの選手など、アスリートたちのニュートラルな姿勢をよく観察してみてください。胸を張って“気をつけ”をしている人はいないはずです。

 実際、人間の体のしくみから考えても、胸を張って背筋をピンと伸ばすのは不自然な姿勢で、学校でそうするよう指導しているのは日本くらいだといわれています」

 後藤さんが指導したスポーツ選手の中でも、胸を張る姿勢をやめた結果、タイムが伸びた例は多くあったという。

「体にいいゆるやかな猫背を作るコツは、背中と首に入った力を抜き、視線が前を向くよう、少しあごを上げること。両足の間隔は肩幅くらい開けて、足裏全体で地面を踏むように意識してください。くるぶしと首を結ぶラインが直線になればなおいいでしょう。全身の力を抜いて、いつもリラックスした状態を心がけてください」

 慣れてしまえばこのうえなく楽な姿勢だが、すでに体の平衡が失われている場合、違和感を覚えたりバランスがとれずにふらついたりすることも多い。その場合、後藤さんは「足踏み」で改善することを推奨する。

「1日1度、足踏みをすることで筋肉の緊張がほぐれ、背骨の位置が自然なS字に整います。注意事項としては、同じ場所でよそ見をせずに5分間続けること。テレビや鏡、お気に入りの俳優のポスターなど目印になるものを正面に置いて行いましょう」

 これを実行して正しい姿勢が身につき、ぎっくり腰やひざ痛が改善した例も多数あるそうだ。

※女性セブン2021年3月4日号

関連記事(外部サイト)