「とっとり方式認知症予防プログラム」が話題 実証実験で効果証明

「とっとり方式認知症予防プログラム」が話題 実証実験で効果証明

「コグニサイズ」で認知症を予防する

 独自の認知症対策で注目を浴びている自治体がある。鳥取県では、自治体と大学、公益財団法人が一体となり認知症予防プログラムを開発。プログラムによる認知機能の改善が認められ、全国の自治体に広がりを見せている。『週刊ポストGOLD 認知症と向き合う』より、認知症予防の最新の取り組みを紹介する。

 * * *
 鳥取大学医学部で長年認知症の研究を続ける浦上克哉教授は、次のように警鐘を鳴らす。

「認知症の予備群ともいえるMCI(軽度認知障害)の人は、私たちの研究では認知症患者の1.5〜2倍はいると考えています。このままいくと、2025年には最大で1400万人のMCI患者が発生する可能性があります」

 放っておくと認知症に移行していくとされるMCIだが、早期に発見して適切に対処すれば認知症への進行を遅らせる、あるいは症状の改善を期待できる。

 そこで注目されているのが、鳥取県が独自に展開する「とっとり方式認知症予防プログラム」だ。週1回2時間、独自に開発した運動や知的活動のプログラムを24週間繰り返して行なうことで、認知機能や身体機能の改善を目指す。実証実験などを通して成果が認められ、現在では全国の自治体で取り入れられ始めている。前出・浦上氏がここに至る経緯を解説する。

「私が鳥取県の琴浦町で認知症予防の取り組みを始めたのは、2004年です。誰もが楽しく参加できる方法を模索しながら、『運動』『知的活動』『コミュニケーション』の3つを取り入れた認知症予防プログラムを開発しました」

 当初からプログラムの効果に自信はあったが、一方で悔しい思いをしたという。

「“科学的なエビデンスがない”という指摘を度々、受けました。それどころか、“認知症は治らない病気だからエビデンスのない予防などやっても意味がない”と言う研究者もいました」(浦上氏)

 そんななか、2016年に転機が訪れた。

「鳥取県の平井伸治知事と、私たちが取り組む認知症予防について話をする機会がありました。そこで重要性を認めてもらい、補助金を受けられるようになったのです」(浦上氏)

 そしてその年、県下の伯耆町をモデルとしてMCI患者約140人を対象にした実証実験が行なわれた。

「対象者を約70人ずつ2つのグループに分け、1年4か月にわたって検証しました。それぞれのグループに時期を分けてプログラムをこなしてもらうというものです。どちらのグループも、プログラムを通して認知機能が向上することが分かりました(別掲図1)」(浦上氏)

?

ほとんどの人が失敗する。それが「狙い」

 認知機能の向上が証明されたプログラムの中身を見ていく(図2)。前述の通り「運動」「コミュニケーション」「知的活動」の3つが柱だ。浦上氏が解説する。

「まずは50分間の運動を行ないます。ウォーキングなど有酸素運動の後に、スクワットなどの筋力トレーニング、さらに関節を伸ばすストレッチを行ないます」

 人は加齢とともに筋力が衰え、柔軟性も弱まっていく。そうすると転倒のリスクが高まる。さらに転倒して骨折を経て入院すると、身体を動かさないことなどで認知症が進行するという「負の連鎖」に陥りかねないのだ。

「足が丈夫だと外出をするなどの社会活動が増えます。それが認知症の予防にもつながるのです」(浦上氏)

 運動をひと通り行なった後は休憩をする。とっとり方式認知症予防プログラムでは、その時間を「コミュニケーションタイム」と定義している。

「運動のあとは10〜20分間、参加者同士でのおしゃべりの時間があります。この時間を使っていろんな人と言葉のキャッチボールをしてもらいます」(浦上氏)

 高齢者の中には、特定の人としかおしゃべりをしないという人も多い。

「仲間同士で話すだけなら、決まった会話をすることになりがちです。そうすると頭を使わず、脳への刺激を得られません」(浦上氏)

 後半の50分間は「知的活動」に充てられる。

「基本は頭を使いながら指先を動かすこと。クイズに答えるといったことではなく、頭で考えてその結果を書き出すとか、カードを使ってゲームをするなど、頭と指先の両方を使う課題に挑戦してもらいます」(浦上氏)

 課題は「遂行力」「判断力」「思考力」「記憶力」など、脳の様々な機能をまんべんなく刺激するため、数種類が用意されている。

「近似記憶を維持するための神経衰弱のようなカードゲームや、注意力を喚起する間違い探しなどを飽きさせないよう工夫しながら提案します」(浦上氏)

 重要なのは、一連のプログラムは必ず複数人数で行なうことだ。たとえば最初の50分間の運動においても、ゲーム性を持った運動を行なう。ゲームを通して打ち解けることで、初めて会った人同士でも、コミュニケーションを取ることができる。

 具体的な運動の解説は図3に掲載した。実際にやってみると分かるが、足踏みする下半身と、腕を交互に前に突き出す上半身を別のリズムで動かし、さらにそこに声をぴったりリンクさせるのは意外と難しい。しかも、「3の倍数」や「5の倍数」が、どの数字だったかを思い出しながらの運動になるので、一度、頭の中が混乱し始めると、高齢者に限らず、うまく続けられなくなってしまう。

 これが認知と運動を組み合わせた「コグニサイズ」で、難易度は決して低くない。初めてトライする人はほぼ失敗するだろう。浦上氏は「それが狙いです」と笑う。失敗がきっかけでも、様々な人と楽しく会話することは、脳にとってよい刺激となるのだ。ただし、認知症が進んでしまってからでは効果は限定的だ。

「MCIの段階の人であれば、一連のプログラムを週に1回でも続けることで認知機能の維持・向上を期待できるでしょう」(浦上氏)

 少しでも早い段階でMCIに気付くことが、将来の状態を大きく左右することになるのだ。

関連記事(外部サイト)