偶数奇数がわからない人 脳の劣化で「イメージする力」低下の可能性

偶数・奇数が分からず問い合わせ多数 『脳の劣化』の可能性を指摘する声も

記事まとめ

  • 奇数か偶数かで運勢をみる本を出版したところ、奇数か偶数か分からないと問い合わせ
  • 1日100件以上寄せられ、差出人は小さな子供とは限らず、中年女性も多いという
  • 極めて狭い範囲での学習に障害が及ぶ、『限局性学習症』というものもあるそう

偶数奇数がわからない人 脳の劣化で「イメージする力」低下の可能性

偶数奇数がわからない人 脳の劣化で「イメージする力」低下の可能性

「偶数か奇数か」わからない人は意外に多い(写真はイメージ)

 とある有名な占い師が書籍を出版した。その本では、ルールにのっとって計算し、自身が生まれた西暦が偶数になるか、奇数になるかで運勢をみるという占いが紹介されているのだが、出版した直後から、「自分は偶数なのか奇数なのか、わからないので教えてほしい」との問い合わせが1日100件以上寄せられたという。これは毎年のことで、問い合わせ数は年間1万件以上にものぼる。驚くべきは、差出人が小さな子供とは限らず、中年女性も多いというのだ。

 この事実が当の占い師からSNSで発信されると、インターネット上では「偶数、奇数がわからない人がいるなんて」と大きな話題となった。

「勉強不足では?」と思うかもしれないが、そう考えたあなたは、次の問いに答えられるだろうか。

 2013年に日本数学会が大学生を対象に実施した問題の1つで、中学3年生レベルの難易度だ。

《偶数と奇数を足すと、答えはどうなるでしょうか。次の選択肢のうち正しいものに〇を記入し、そうなる理由を説明してください。

(1)いつも必ず偶数になる 
(2)いつも必ず奇数になる 
(3) 奇数になることも偶数になることもある》

 答えは(2)だが、偶数を「2m」、奇数を「2n+1」と表し、「理由」まで正しく証明できたのは19.1%だった。「偶数、奇数がわからないなんて」と驚いていた人たちも、その理由を正しく解答できるかというと、そうでもないということだ。

「偶数、奇数」は小学5年生の算数で学ぶ。個別指導塾TESTEA塾長の繁田和貴さんが解説する。

「5年生であれば、『奇数+奇数=偶数』『奇数+偶数=奇数』だということも学んでいきます。もっと単純に、“仲よく平等に2つに分けられるのが偶数”“平等に2つに分けられないのが奇数”という認識であれば、小学1年生であっても理解可能です。『キャンディーが5つあります。2人で仲よく分けられますか? 4つの場合なら? 7つなら?』と順番に尋ねていけば、2桁以上の大きな数字になっても、ほぼ全員が理解できます」

 ではなぜ、偶数、奇数が見分けられなくなる人がいるのだろう。背景には、意外にもさまざまな理由があった。

日本人は必要以上に気にしすぎる

 まず、「忘れてしまった」というパターン。

「昔は理解できたけど、忘れてしまった人がいるのでしょう。偶数、奇数は覚えていても、『自然数って何? 有理数は何?』と聞かれると、学生時代はわかっていたはずなのに、わからなくなっている人は多いはず。英単語や歴史上の人物も、言葉や名前は“わかる”けど、説明はできない人がいる。日常生活で使わないことは、忘れてしまうものです」(繁田さん)

 たまたま、「偶数、奇数」のみが苦手だっただけという可能性もある。精神科医で教育問題にも詳しい和田秀樹さんが話す。

「極めて狭い範囲での学習に障害が及ぶ、『限局性学習症』というものがあります。数学なら『算数障害』、国語なら『国語障害』とも呼ばれ、たとえば、算数ができないわけではないものの、“文章題を数式に変換するのが難しい”“数字の大小の判断がうまくできない”といったケースがあります」

 わからないからといって騒ぎ立てることではないと和田さんは続ける。

「かくいう私は、左右の判断をとっさにするのが苦手です。運転中に隣りで『その角を右』とナビされると、一瞬では判断できず不便に感じることがあります。しかし“文字を書きやすい方が右”と、思考時間を挟めば判断できるため、日常生活に困ることはありません」

 灘高から東大医学部へと進学した和田さんであってもこのとおり。つまり、いわゆる“学力が低い”ことと、この問題は関係がないケースも往々にしてある。

 同じように、左右の判断に混乱する人は海外にも。オーストラリアの大学に通うダコ―ディア・レインさんは、日頃から左右をしょっちゅう間違えて、周囲に迷惑をかけることもあったという。そこで、正しく認識するための解決策として、左手に「L」(Left)、右手に「R」(Right)のタトゥーを入れた。レインさんのタトゥーがインスタグラムで公開されたところ、「私にも同じタトゥーがある」「マネしたい」といったコメントが数多く寄せられ、共感を呼んでいる。

 こういった問題を必要以上に気にしてしまうのは、日本人にありがちなことだと和田さんは言う。

「日本では、一定水準の教育を小さいときから均等に受けさせるため、『できて当たり前』と多くの人が認識しているのでしょう。もちろん、教育のおかげで日本人は高い識字率を誇っていますが、一方で、できないことや失敗を恐れすぎたり、それを攻撃する国民性が目につきます」

ルールを「イメージする力」が最重要

「脳の学校」代表で医学博士の加藤俊徳さんは、「偶数、奇数がわからない」という表面的なことだけでなく、その裏に隠された問題を指摘する。

「数学が苦手な人、数字の“記憶”が苦手な人、数字にまったく触れる機会がない人など、あらゆるケースが予想されますが、脳科学において最も重要なのは、そもそも『偶数、奇数』という数学の『ルール』を『概念』としてイメージする力があるか否かです。“偶数は2で割り切れて、奇数は2で割り切れない”といった法則を想像できるかどうか。

 また、かつては頭に入っていたはずなのに、その後の経験が影響して概念をあやふやに変えてしまったり、考えることをさぼるという『脳の劣化』の可能性もある。現代人はこの『脳の劣化』が特に指摘されています」

 概念をイメージするとは、言い換えれば、ひとつの物事を表面だけでなく、背景まで含めて全体の集合体として理解すること。

「たとえば、誰かがSNSで、『Aが嫌いだ』とつぶやいたとする。そのつぶやきに至るまでの経緯、発言者とAさんの関係など、全体を把握して初めて、第三者は『嫌い』という言葉の真意を理解することができる。

 ところが、脳の劣化によりイメージ力が乏しくなると、“なぜそうつぶやいたのか”まで掘り下げずに、表面的な言葉だけを切り取って短絡的になってしまうのです」(加藤さん・以下同)

 現代は、物事を深く知らずとも、スマホで検索すれば簡単に「答え」が出てくる。覚えること、思考することからかけ離れるほど、脳の劣化は加速してしまう。

「偶数や奇数がわからないのは、それらの概念を把握する脳の部分が使えていないだけの場合もあります。それならば、そこをまた使うようにすると、再び覚えることができます。偶数、奇数の話に限らず、脳を使うことをさぼってはいけません」

 数字では割り切れない問題の方が人生には多い。荒波を乗り越えるには、“イメージする力”を鍛えるほかない。

※女性セブン2021年3月4日号

関連記事(外部サイト)