検診控えで「隠れがん患者」4万人か 見逃し死がコロナ死を超える懸念も

検診控えで「隠れがん患者」4万人か 見逃し死がコロナ死を超える懸念も

コロナによる検診控えで“隠れがん患者”が増加?(イメージ)

 この1年間、未知の病である新型コロナウイルス感染症から、いかに命を守るかに意識が向けられていた。自粛生活の結果、新規感染者数は減少傾向になり、ワクチン接種も始まるなど、“脱コロナ”の期待は少しずつながらも膨らんでいる。また、感染対策意識の高まりは、年間死亡者数数千人とされるインフルエンザを大幅に減らした。

 だが、コロナ前に「死に至る病」と怖れられていた疾病を忘れてはいないだろうか。日本人死因トップのがんは、コロナでも減っていない。むしろ「隠れる」ことで、患者を大幅に増やそうとしている。

 原因は、コロナによる検診控えだ。厚労省の指針に基づき、5大がん(胃、大腸、肺、乳、子宮)の検診を行なう日本対がん協会・がん検診研究グループマネジャーの小西宏氏が語る。

「例年、延べ1000万人以上が検診を受けますが、受診者が激減しています。1回目の緊急事態宣言と重なった昨年4〜6月の検査数は前年同期比で100万件以上減りました。秋に持ち直したものの、2度目の緊急事態宣言で再び受診控えが加速した。今年度通年では1〜3割減、最大約300万件の減少が見込まれます」

 国立がん研究センターの最新(2017年)のデータでは、がんと診断された新規患者は年間約100万人で、そのうち5大がんは約57万人を占める。

「このうち、人間ドックなど任意も含めた検診でがんが見つかるのは12万人ほど。今年度は例年より3割検診が減ったとすると、実に4万人近くのがん患者を見逃す計算になります。

 それに加えて、がん以外の病気で通院中にたまたまがんが見つかるケースも多い。通院控えが増えた状況を考えると、早期発見できなかった患者はさらに増えると思われます」(小西氏)

内視鏡検査は3割減

 早期発見が難しい状況で懸念されるのは「がん死」の増加だ。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センターの一石英一郎教授が指摘する。

「がん細胞はごく初期の段階から数年〜数十年かけて、一般的ながん検診で発見できる1センチ程度の大きさになります(早期がん)。その後は、種類にもよりますが、1〜2年の間にがん細胞が急増し、進行がんと呼ばれる状態になります。そうなる前にがんを発見することが重要です」

 発見が遅れれば、手術も抗がん剤も手遅れになりかねない。一石教授がまず注意を促すのは、胃がんだ。

「I期の5年生存率が100%近く、早期に発見すれば根治も可能ですが、自覚症状がなく気づかない人が多い。

 早期発見には内視鏡検査が重要ですが、検査時にゲホゲホと飛沫が散り、医師と看護師と受診者が密になるため、コロナ禍では避けられがちです。しかし胃がんはステージが1つ上がると2〜3割も死亡率が上がるので、検診で早期に見つけることが大切です」(一石教授)

 日本人男性死亡数3位の大腸がんも胃がんと同様、内視鏡検査が忌避される傾向がある。

 例えば神戸大病院では昨年4〜5月の胃カメラ、大腸カメラの検査件数が前年同期比で約3割減少したと報じられた。

「カナダ・クイーンズ大が約130万人を対象にした最新の研究では、大腸がんの治療が1か月遅れると患者の死亡リスクが13%増えました。大腸がんも早期では自覚症状が少なく、定期的な検診が必須です」(一石教授)

 コロナによる検診控えは、世界的な問題になりつつある。

「指摘されているのが、『がん見逃しによる死』がコロナ死を上回る可能性です。特にこれまでコロナ死が8000人と欧米に比べて少ない日本は、がんの見逃し死がそれを上回る事態が懸念されます」(一石教授)

 小西氏もこう指摘する。

「4万人という数字に『不安を煽るな』と批判する人もいるが、現場の医師は隠れがん患者の急増に危機感を抱いている。4万人という数字を出すことで一般の人々が検診を受けるようになれば、がんの重症化を防げる。

 4月以降は感染症対策を講じながら、コロナ以前と同様に多くの医療機関でがん検診が実施される予定です。がんを悪化させないためにも、緊急事態宣言が明けたら、がん検診を受けてほしい」

 自覚症状にも注意したい。

「日本人男性の死因1位の肺がんは、進行するまで無症状で見つからず、症状が出た頃には手遅れになりやすいので、咳き込みや息切れが続いたら要注意です。

 50〜60代に多い膵臓がんも進行するまで症状が出にくいがんですが、背中が凝った感じがするケースがある。リモートワークや運動不足による凝りと間違えやすいが、“いつもと何か違う”と感じたら受診してください」(一石教授)

 がんは新型コロナウイルスと無関係に、すぐ近くにいる。

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

関連記事(外部サイト)

×