「タイムトラベルは可能であり、他の世界を訪問するのに役立つ可能性がある」 アメリカ国防省のUFOファイルに書かれた驚きの文言

「タイムトラベルは可能であり、他の世界を訪問するのに役立つ可能性がある」 アメリカ国防省のUFOファイルに書かれた驚きの文言

画像はイメージです

これまで公にされず、米軍内部でのみ把握されてきていたUFO、もといUAP(未確認空中現象)の報告が徐々に明らかになりつつある。

 イギリスのタブロイド紙『The Sun Online』が情報公開請求し、これまでに明らかになっていなかったアメリカ国防総省の「先進航空脅威識別プログラム(AATIP)」の文書の一部が公開された。「The Daily Star」が4月11日に報じた。

 AATIPは2007年から5年間実施され、UFOの存在が「合理的な疑いを超えて証明される」と考えるルイス・エリゾンド上院議員の主導によるものであり、現在はプロジェクトは表向き終了している。しかし国防総省の責任者は昨年、空母ニミッツがUFOと遭遇する事件が発生した2004年以来、軍のパイロットによるUFOの報告が150件近くあったことを認めている。

 さて、公開された文書は一部とはいえ1500ページを超え、UFOやエイリアン、宇宙の未来について5年間研究した内容が明らかになっている。その文書の中に「時間旅行と反重力技術は人類の手の届くところにあり、他の世界を訪問するのに役立つ可能性がある」という興味深い一文が記されていたことも判明した。

 文書のひとつには「反重力技術をどのように飛行機や宇宙船に利用できるか」調べた内容が書かれており「時空を操作することで効果を実現できる」と明記されている。また「重力を制御する」方法についての考察もあり、報告書には「光より速い移動...タイムマシンのようなエキゾチックな現象を生み出すことができるかもしれない」とあった。さらに時空間の「ワームホール」は恒星間移動に利用できるかもしれないと付け加えられている。

 また、一人のパイロットが乗る複数の宇宙船を深宇宙に「植民地化」する計画や、人間が「頭」(脳波のこととみられる)を使ってロボットを操作する方法についての研究なども含まれていた。一人の人間が操作できる宇宙船は4隻までであることが示されているが、これを改善するために人間の脳を発達させることができるかどうか検討する内容もあった。

 その他、報告書には「他の地球に似た惑星を見つけるために、原子力ロケットと宇宙船によって、太陽を取り囲む氷の天体の層の上に『橋をかける』ことができるようになるか」研究したものや、宇宙人とコミュニケーションをとる方法、宇宙人と遭遇もしくはUFOを見た人の健康への影響についての調査が含まれている。

 The Sun紙はこの文書に記された内容を「爆弾発言」と評しているが、確かにSFの世界と紙一重の、荒唐無稽にも思える内容が多く記されていることが分かる。

 なお、The Sun紙によればこの情報公開は4年にわたる法廷闘争を経て実現、公開に至ったものであるという。もしかすると、米国防総省には他にも我々が思いもつかない驚きの内容を含んだ文書が存在しているのだろうか。今後の調査や情報公開される文書の内容が気になるところだ。

山口敏太郎
作家、ライター。著書に「日本怪忌行」「モンスター・幻獣大百科」、テレビ出演「怪談グランプリ」「ビートたけしの超常現象Xファイル」「緊急検証シリーズ」など。
YouTubeにてオカルト番組「アトラスラジオ」放送中

関連記事
'Time travel possible and could help us visit other worlds' - Pentagon UFO files(The Daily Star)より
https://www.dailystar.co.uk/news/weird-news/pentagon-papers-discuss-possibilities-interstellar-26688417

関連記事(外部サイト)