ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(5月22日)オークス(GI)他1鞍

【今週の予想】
☆中京2R 3歳未勝利(ダート1900m)
ダート替わりのレディベルを狙う。9か月ぶりとなった前走は、スタートで出遅れると中団やや後方からの競馬。向正面に入ると徐々にペースを上げ始め、3コーナーでは外目を回りながらスッと上がって行くが、直線に入るとじりじりとした伸びで前を捉えることができず6着。如何にも久々といった内容で、一度使われた今回は違うだろう。休養前の前々走では、後に京都新聞杯(GII)を勝つアスクワイルドモアに0秒3差の3着と善戦しており、本馬のポテンシャルは未勝利にいるものではない。今回はダートに矛先を向けたが、キレがあるタイプではないため、ダート替わりは吉と出そう。

◎レディベル
〇ロードブライト
▲ファイブジー
△?スヴィルカーチ
△?イロコイザタ
△?ノブフェーヴル

買い目
【馬単】5点
◎→〇▲△?△?
〇→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-〇▲△?△?△?
【3連単フォーメーション】16点
◎→〇▲△?→〇▲△?△?△?
〇→◎→▲△?△?△?

☆東京11R オークス(GI)(芝2400m)
 牝馬クラシック1冠目の桜花賞はスターズオンアースが制したが、2着との着差はハナ差と僅か。それどころか9着馬までが0秒2差以内と大接戦。今回は800mも距離が延び、何が勝ってもおかしくない戦国オークス。そんな戦国オークスを制し、樫の女王の座に一番近いのはサークルオブライフだろう。言わずもがな昨年の2歳女王だが、今年はまだ未勝利。それでもチューリップ賞ではいつもと違う先行策で3着。それも前哨戦らしい余裕残しの仕上がり。前走の桜花賞はメンバー中最速の上がりを使って追い込んだものの、内が伸びる馬場で外を通ったことが響き4着まで。それでも勝ち馬とはハナ+1/2馬身+クビ差の4着だから逆転の可能性は十分。今回は800m距離が延びるが、ダイナミックな走りをする本馬にとってはプラスになるだろう。東京は昨年のアルテミスSで勝利しており、それも届きそうにないところから差し切っているのだから合わないはずがない。追い切りの動きも文句なく、万全の状態で樫の女王を狙う。相手本線はベルクレスタ。これまで6戦して複勝圏内を外したのは2回。複勝圏内を外したのは阪神JF、桜花賞とGIのみ。それも阪神JFでは、折り合いを欠いていた上に終始外を回るロスがあり、デキも良い時に比べると落ちる状態で6着。桜花賞では、直線で何度か他馬と接触するような場面があった上、内が伸びる馬場を外から追い込んで勝ち馬から0秒2差の7着と、力があるところを見せた。前走のレースを見る限り折り合いはしっかりと付いており、新パートナーの吉田隼人騎手とは手が合ったのだろう。馬体的にも距離延長はプラスになりそうで、状態も良い時に近づいており一発があっても驚かない。▲は追い切りの動きが目を引いたスターズオンアース。以下、ルージュエヴァイユ、アートハウス、プレサージュリフトまで。

◎(6)サークルオブライフ
〇(11)ベルクレスタ
▲(18)スターズオンアース
△(4)ルージュエヴァイユ
△(3)アートハウス
△(16)プレサージュリフト

買い目
【馬単】6点
(6)⇔(4)(11)(18)
【3連複1頭軸流し】10点
(6)-(3)(4)(11)(16)(18)
【3連単フォーメーション】24点
(6)→(4)(11)(18)→(3)(4)(11)(16)(18)
(4)(11)(18)→(6)→(3)(4)(11)(16)(18)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、金曜掲載の「ハッシーの中央競馬新馬セレクション」も担当している。

関連記事(外部サイト)