「てるてる坊主が必要かも」ジューンステークス 藤川京子の今日この頃

「てるてる坊主が必要かも」ジューンステークス 藤川京子の今日この頃

藤川京子

先週のレースを見ると、少し外めだと末脚が効く馬場に見えたので、2400mの東京ですから末脚組を中心に予想しようと思います。そうなると、東京2400mで実績もあり、ここ3戦は馬券に絡んでいるレッドヴェロシティが目につきます。最後方からの競馬をする馬で、前走のように稍重でも対応できるので頼もしい部分も大きいです。それとヴェラアズールは最近はやりのエイシンフラッシュ産駒でもあり、今回と同じ東京2400mの緑風Sでは3着ですが、タイム差は0.1秒ですから勝ちもあったと思いますから、この2頭は人気にもなると思いますが狙ってみます。

 この2頭に勝とうとするなら、一か八かで前々の競馬で逃げ切る戦法となるので、スローペースに持ち込んで、最後の直線を最内ではなく、馬場の中ほどを通るラインに行くと思います。それが出来るとすればレイオブウォーターだと思いますが、もしかしたらテンカハルに騎乗するのがD.レーン騎手だと思えば、馬のデータを見てスローペースに持ち込もうとするかもしれません。

 また、斤量が軽くなるアイブランコ、スペシャルドラマ、プリュムドールが有利な条件ですから、少し無理してでも勝ちに行きたいレースなので、最終コーナーから坂を登る前に外に出して行くと、末脚組のレッドヴェロシティとヴェラアズールが大きく外に振られてしまうかもしれませんので、この2頭が有力だと思いますが、違うパターンも馬券に組んでみます。更に斤量53kg組もいるので、厳しいと思いながらも昨年は斤量52kgが3着に入りましたから、これも馬券にしておきます。

 当日のお天気は曇りのち雨予報ですが、メイン迄持ちこたえられるかは微妙なので、大雨になれば多点買いも有りだと思います。

ワイドBOX レッドヴェロシティ、レイオブウォーター、ボーンジーニアス
ワイドBOX ヴェラアズール、アイブランコ、スペシャルドラマ
ワイドBOX プリュムドール、ポッドボレット、テンカハル

関連記事(外部サイト)