「前々が苦しいか?穴馬チャンスがあり」スレイプニルステークス 藤川京子の今日この頃

「前々が苦しいか?穴馬チャンスがあり」スレイプニルステークス 藤川京子の今日この頃

藤川京子

メンバーを見渡すと、前走のブリリアントS組が好タイムで良さそうな気がします。しかし、勝ったアルドーレが前走は斤量56kgで今回は58kg。4着だったアメリカンフェイスは前走54kgで今回は56kgになりますから、2kg重くなると同じパフォーマンスにはなりませんから、スピードは落ちる筈です。それと2走前の名古屋城Sで競ったアルドーレは斤量59kgでアルーブルトが57kgで、2kgの差がありましたがアルドーレが先着していますので、今回も2kgのハンデがあってもアルドーレが先着できる筈。比較するとアルーブルトとアメリカンフェイスが近い存在なのかもしれません。

 他には2連勝中のディアセオリーは、前走より斤量1kg軽くなるので更に高いパフォーマンスが期待できそうです。また、レッドソルダードも中央で3戦複勝圏内で、ハナをきる戦法で競馬をしても好成績が多いことから実力は高いと思います。

 展開はレッドソルダードとハナをきってレザネフォール、テリオスベル、ディアセオリーがそれに続くと思いますが、ペースは落ち着くかもしれませんが前に行きたがる馬が多いので、制御出来ない馬が出てくる可能性が高くなりますのから、他の馬も釣られると前々の馬は苦しい展開になる事も踏まえて末脚組も馬券に入れます。

 前々が苦しくなるとアルーブルトやゲンパチルシファーが穴になるので、意外に荒れるかもしれません。

ワイドBOX 4、5、2
ワイドBOX 7、11、1

関連記事(外部サイト)