ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(9月11日)セントウルS(GII)

【今週の予想】
☆中京11R セントウルS(GII)(芝1200m)
 メイケイエールにソングラインと、今年は牝馬が上位人気を占めそうなメンバー構成。重賞5勝のお転婆娘メイケイエールか、安田記念で牡馬を相手に勝利したソングラインの女の戦いに注目が集まるが、ここはメイケイエールを上位に取る。昨年は抑えるのに、いや抑えきれないくらい引っ掛かる馬で、それでいてチューリップ賞を制し、スプリンターズSでは4着に好走しており、ポテンシャルの高さはGIレベル。今年に入って少しずつ抑えが利くようになりシルクロードSを制すると、高松宮記念では大外で昨年ならガツンと掛かって行ってしまうところを何とか抑え、外を回るロスがありながらしっかりと脚を使って勝ち馬から0秒1差の5着に入った。上位は全て内を走っていた馬ばかりで、外を回って伸びてきたのは本馬のみと負けて強しの内容だった。前走の京王杯SCでは、前半折り合いを欠くところがあったが、それでも直線ではしっかりと脚を使って優勝と結果を出した。今回は得意の1200mに距離が短縮され、折り合いの面はマシになるだろう。追い切りでも前半少し頭を上げる場面があったが、直線では楽に走っているようで好時計が出ており、状態の良さが窺える。今回のメンバーでは負けられない。相手本線はサンライズオネスト。前々走の高松宮記念では、直線で何度も前が壁となり、まともに追えたのは残り100mあたりから。それで勝ち馬から0秒3差だからスムーズならと悔やまれる。前走は位置取りが後ろ過ぎたことや、やや反応が鈍かったこともあり、メンバー中2位の上がりを使ったものの届かず4着。それでも勝ち馬から0秒3差と僅か。もともと調教駆けするタイプではあるが、今回も好時計が出ており状態は良さそうだ。横山典弘騎手が初めて手を取るが、同騎手の思い切った騎乗が本馬には合いそうで、一発の期待が持てる。▲にはダディーズビビッド。以下、ファストフォース、ソングライン、タイセイアベニールまで。

◎(5)メイケイエール
〇(7)サンライズオネスト
▲(9)ダディーズビビッド
△(12)ファストフォース
△(11)ソングライン
△(6)タイセイアベニール

買い目
【馬単】5点
(5)→(6)(7)(9)(11)(12)
【3連複1頭軸流し】10点
(5)-(6)(7)(9)(11)(12)
【3連単フォーメーション】12点
(5)→(7)(9)(12)→(6)(7)(9)(11)(12)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、金曜掲載の「ハッシーの中央競馬新馬セレクション」も担当している。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?