<実録!不倫カップルの顛末>園児の父親と不誠実な付き合いに…保育士の過ち

<実録!不倫カップルの顛末>園児の父親と不誠実な付き合いに…保育士の過ち

画像はイメージです

共働きが当たり前の昨今、子どもを保育園に預けている家庭も少なくないだろう。大切な子どもを預かってもらう上で、信頼関係は強固なものでなければならず、当然、働く保育士も「清廉潔白」であることが求められる。

 しかし、保育士として働いていた片山涼子さん(仮名・24歳)は、受け持ったクラスの保護者の父親と肉体関係を結んでしまったという。

 「保育士は昔から憧れていた職業でした。子ども達は可愛いし、やりがいもあって楽しく働いていたんです。ただ、保護者に神経質な方もいて…。私の年齢が若いこともあって“子どももいないくせに”と嫌な思いをすることも多かったです。

 そんな時、受け持ったクラスのA子ちゃんがお友達と喧嘩してしまって、少しすり傷ができてしまったんです。子ども同士の喧嘩はよくある話なんですが、Aママはヒステリックな所があって、“相手の親と園を訴える!”と怒りが凄まじくて…。その時に、一緒に来ていたA子ちゃんのパパが上手く取りなしてくれたんです」

 モンペ気質のあるAママを、上手くたしなめてくれただけでなく、涼子さんへも丁寧な謝罪をしてくれたAパパに好感を持ったという。

 「この件がきっかけに、Aパパと何となく雑談する機会も増えました。彼は穏やかで顔もイケメン。正直、どうしてあんなクレーマー気質なAママと結婚したのか謎でした。

 保育士は男性との出会いがほとんどなかったのもあって、いつの間にかA子ちゃんのお迎えがAパパだとドキドキしている自分に気が付いたんです。

 そんな時、本名でやっているSNSにAパパからメッセージが届きました。本当なら保護者とのプライベートなやり取りはご法度でしたが、その時は嬉しさの方が強くてすぐに返信しました」

 保護者との園外でのやり取りは本来許されるものではないが、この時涼子さんは浮足立った気持ちでいっぱいだったという。しばらくのやり取りの後、Aパパはある「提案」を涼子さんに持ちかけることになる…。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?