<実録!不倫カップルの顛末>夫と不倫相手に見下され…「反撃」を決意したサレ妻

<実録!不倫カップルの顛末>夫と不倫相手に見下され…「反撃」を決意したサレ妻

画像はイメージです

困難な状況に陥った時、人は自分でも思ってもみない行動に出ることがある。夫の不倫に苦しめられていた小川由佳さん(仮名・32歳)も、自身の意外な一面を見ることになった。

 「3つ年上の夫は頼りがいもあって、すごく優しい人でした。私は優柔不断で特技や学歴もなくて…いつも夫に頼ってばかりだったんです。ところが、第一子を妊娠後に私が退職してからは“誰が食べさせてやっているんだ”“役立たず”など、酷い暴言を吐くことが増えて…。

 しかも、会社の後輩と不倫をしているのが分かったんですが、“お前が妊娠中だから外で性欲処理をしているんだ”と開き直る始末でした。妊娠中で職もない状態の私は強く言い返すこともできなくて…。お腹の子から父親を奪うなんて可哀相…私が我慢すれば…とただ、悩むだけの日々が過ぎていきました」

 夫からの酷いモラハラや暴言にも、「自分が悪い」と思い込んで、反論できなかった由佳さん。そんな彼女の様子を見て、安心した夫はますます調子に乗っていったという。

 「夫は、私に離婚の意思が無いことを知ると、派手に浮気相手と会うようになりました。ひどい時は、私の目の前で電話で堂々と悪口を言われて…それでも、必死にお腹の子を守るために、耐えていました。

 その当時、本当に精神状態がおかしくて占いで相談したり、遠方の縁切り神社に行って夫と不倫相手が別れてくれるように、祈願したりと…どうにか穏便に済ませることばかり考えていたんです。

 そんな矢先、ストレスからかお腹が急に張って…病院に駆け込んだら“切迫流産のおそれがある”と言われました。私が無茶をしたせいで…とお腹の子にも本当に申し訳なかったです」

 デモデモダッテの「サレ妻(夫に浮気をされた妻)」だった由佳さん。子どものためにも「このままじゃいけない」と一念発起し、離婚を決意。夫と浮気相手へ反撃をすることになる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?