スミソニアン博物館が研究した! ヨセミテ渓谷で発見された巨人のミイラ

アメリカのヨセミテ渓谷に「巨人のミイラ」 米スミソニアン博物館で調査?

記事まとめ

  • 2014年に、とあるサイトが「スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ」記事掲載
  • ロシア発のジョーク記事を翻訳して紹介してしまったものと後に判明した
  • 1894年にアメリカのヨセミテ渓谷で発見された「巨人のミイラ」が一時調査されたという

スミソニアン博物館が研究した! ヨセミテ渓谷で発見された巨人のミイラ

スミソニアン博物館が研究した! ヨセミテ渓谷で発見された巨人のミイラ

(提供:リアルライブ)

 2014年に、とあるサイトがロシアからの情報として「スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ」という記事を出した事がある。

 その記事では、「巨人族がかつて存在したことを認める」等の衝撃的な内容が書かれていたが、こちらはロシア発のジョーク記事を翻訳して紹介してしまったものと後に判明した。

 だが、このジョーク記事が生まれる元となったものが実際に存在する。それが、こちらの写真に映っているものだ。スーツを着た二人の男性と、その間に箱に入ったミイラが存在している。だが、このミイラは二人の男性の倍ほどもある大きさなのだ。

 このミイラは1894年にアメリカのヨセミテ渓谷で発見されたものであり、2.5〜2.7メートルはあったという。しかし、当時から人形や動物の死体をつなぎあわせて造られた偽物ではないかとする説が出てきていた。ただ、偽物の疑いが限りなく高いものの興味を引くものではあったようで、調査している様子は何枚も写真に収められている。

 このミイラは長らく保管されていたものの、1998年にはある人物の元に買収され、個人蔵となったとされている。

文:和田大輔 取材:山口敏太郎事務所

関連記事(外部サイト)