「深夜に馬乗りになって首を絞めてくる霊」 山口敏太郎 友人の実体験

「深夜に馬乗りになって首を絞めてくる霊」 山口敏太郎 友人の実体験

(提供:リアルライブ)

 これは筆者の友人であるTの体験である。永らく幽霊やオカルトなど信じていない質であったTだが、一度浮遊する幽霊を目撃して以降は信じるようになった。

 “百聞は一見にしかず”とはこの事である。特に幽霊とUFOは見ないとお話しにならない。この事件からしばらくして、Tは再び怪事件に悩まされる事になる。

 ある夜、私の自宅に電話がかかってきた。Tである。

 「おい、うちに今から来てくれないか」Tは酷く慌てている。

 「いったいどうしたんだ」私は宥めるように訊ねた。

 「出た、出たんだ」

 「出たって、何が……?」

 「何がって ゆっ幽霊、いやっ、いや生霊だ」

 「……」

 ごくりと唾を飲み込むTの様子に異常を察知した私は、翌朝Tの住宅に向かった。

 奴の下宿は都内、私の下宿は横浜にあり、時間にして2時間程電車を乗り継いでいく。

 「おーい、いるか」

 「おおっ来てくれたか、幽霊探偵さん」

 Tが笑えない冗談を言う。

 無理に作り笑いをするTの目の下には、隈ができていた。Tの話によるとこうである。

 昨夜、遅く帰ってきたTは、そのまま布団にうつ伏せになり眠ってしまった。まあこれは、毎晩繰り返される事らしく、独身男には、よくあるワンシーンである。だがここからが違った。

 Tが深い睡眠に落ちると、必ず誰かが馬乗りになり首を絞めてくるのだ。最初は窓から友人が入って来て、首を絞めているのかと思ったそうだ。だが、力の入れ方が違うというのだ。力の限り、全身を使って、思い切り絞める。…つまり、殺意があるのだ。

 「誰だ!! いい加減にしろ」

 Tが跳ね起きても誰もいない。そんな事が朝まで何度も続いたという。

 「そいつの顔は見えなかったのか」という私の声にTはこう答えた。

 「うつ伏せに俺は寝てるんだけど、そいつの背中が何故か見えるんだよ。イメージが浮かぶというのかな。犯人の姿が後ろ姿で浮かび上がってきたんだ」

 「誰だ、そいつは」

 「同じサークルの女の子さ、俺の事を好きらしいのさ」

 片思いに胸をこがす女性の生霊は、時として死霊よりたちが悪い。

監修:山口敏太郎事務所

関連記事(外部サイト)