【山口敏太郎が語る“都市伝説”】砂嵐…謎のテロップが出る?死後の世界とつながっている?

【山口敏太郎が語る“都市伝説”】砂嵐…謎のテロップが出る?死後の世界とつながっている?

画像はイメージです

 砂嵐とは、その日のテレビ局の放送が終わった後に流される、雑音の混じった無放送状態をさすのだが、砂嵐に関連した数々の都市伝説は多くある。NHKは番組終了後に、砂嵐の中で受信料の不払い者の名前を流しているなどと噂されていたが、最近では不払い者が多すぎて、朝の放送開始までに流しきれず、中止したという笑い話に変わっている。無論、都市伝説であるが…。

 また日本テレビの放送終了時には、ハトが飛び回る映像が流されるが、日によって微妙にハトの動きが違うと噂された。何百回に1回程度しか放送されないバージョンでは、鳩が狂ったように飛び回り、最後は画面の天井や壁に激突し、バタバタと死んでいき、鳩の死骸の山ができたとか。あるいは、砂嵐の中で男が姿を現し、明日死ぬ者の名前を呼ぶとか、自分の肉親の名前を呼ぶとも言われている。

 ある男が、砂嵐の中で男が発した「明日死ぬ人間」の中に自分の名前があることに気付き、恐怖にかられたという。身の危険を感じた男は一日中家に閉じこもったが、日付が変わろうとする数分前に自宅に飛び込んできたトラックにひき殺されてしまった。噂によると、砂嵐状態の時間帯は死後の世界と電波でつながっており、死者たちと交信できるのだという。砂嵐の中の男は死者なのだ。

 またテレビ局によっては、砂嵐の中で明日起こる予言内容が流されているとも言われている。また、これは実際にあったことだが、1980年、NHK静岡放送局では夜勤の職員が見ていたノーカットのポルノ映画が電波に乗ってしまい、そのまま放送されてしまった。また、某局では深夜に地震が発生し、局内の映像に急に切り替えたところ、テレビ局内の不倫カップルがデスクで必死にセックスに励んでいる姿が中継された。砂嵐には多くの都市伝説があるのだ。

(山口敏太郎)

関連記事(外部サイト)