【オカルト界の権威・山口敏太郎の“実話”怪談】〜そっくりな男〜

【オカルト界の権威・山口敏太郎の“実話”怪談】〜そっくりな男〜

画像はイメージです。

 Jさんには、そっくりな男が存在するという。

 「お前さあ、昨日見かけたよ」

 「おとといJさん、新宿にいたでしょう」

 自分に身に覚えがないのに、Jさんはよくこんなことを言われる。あまりに頻繁に言われるので、

 (ひょっとしたら、俺と同じ顔をした奴がいるのかもな〜)

 最近ではそう思うようになっていた。

 そんなある日、仕事帰りのJさんは駅から自宅までの道で、自分にそっくりの男を見かけたのである。よく見ると背広や歩き方も似ている。

 「確かに俺に似ているな。あいつが、噂の偽物か?」

 Jさんはそっとその後をつけた。

 (くそー、化けの皮をはいでやる)

 Jさんは懸命に男の後を追った。するとだんだんとJさんの家の方に向かっていく。

 (こいつ、いったい何をするつもりだ)

 不安になるJさんをよそに、ついにその男はJさんの自宅に入っていったのである。

 (そうか、分かったぞ。俺になりすまし、家族を油断させる強盗なのか!!これはいけないぞ!!家族が危険だ)

 Jさんは必死になって家へ駆けこんだ。それを見た奥さんはこう言った。

 「あれっ、さっき帰ってきたと思ったのに、いつまた出ていってたの?」

 呆然とするJさんが、家中どこを探してもその男はいなかった。

 果たして、あれはJさんの分身だったのであろうか?幻覚であったのだろうか?

 その日以来、Jさんは自分より分身が先に帰宅したら、家族を乗っ取られるのではないかと不安でいたたまれないという。

(山口敏太郎)

関連記事(外部サイト)